魔女たちの楽園-二度なき人生-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

夫の事件を再捜査してもらう為に警察署にやってきて懇願するバクハだったが、警察はジングが書いた退職届を見せる。
子供のミルクを稼ぐために楽園荘からクソンホテルのゴルフ場のバイトへ向かうバクハ、そこでヘジュンに見つかってしまう。

では、今回は10話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【魔女たちの楽園】ネタバレあり

10話

楽園荘に戻ってきた住人たち、酔っ払って寝ているウンジを部屋に運んだマンレたちは「あんな騒ぎを起こしたのによく寝れる」と呆れる。
今は寝かせて明日また話そうと言って部屋を出ていく住人たち、ヘジュンは部屋でバクハに今日も会ってしまったことを悔いる。
ウンジの化粧ボロボロになってますけど、元々薄化粧ですよね?つけまつ毛が取れてるくらいでそれほどって感じでしたねー

その夜、散歩してきたと言ってやってくるウジェはバクハにお礼を言うとバクハは命を救ったお礼に自分より年上だから敬語はやめてと言う。
ウンジの結果を聞いたウジェ、バクハは意地悪に敬語をやめてくれたら教えると言って渋々敬語を取ったウジェは準優勝でも凄いと話す。
ウジェがどれくらい稼ぐかわからないけどヘジュンと付き合うよりウジェと付き合ってたほうが合ってるんじゃないかな?って思う

大事な時にどこに行ってたんだと皆はプンギを責めるが、ゴボクとワンサム会長に何があったんだとプンギは詮索する。

11話

ヨルムの面倒を見ているマンレにゴボクは昨日、ウンジの邪魔が入ってなければワンサムの骨を折っていただろうと得意げに話していた。
ワンサムはマンレの家の小間使いだったのに偉くなったものだと話すゴボク、マンレも死んだ両親が知ったら墓から出てきて驚くと言う。
そういう過去があったんですねー、それならここの和解の線は無いのかな?ウンジの事が気になっているのにこのままじゃ上手く行かないでしょ

一方、レストランでウンジを待っており理由をつけて二人きりで会うとウンジは先日の事を謝り、ワンサムも昨日のことは悪くないと許す。
ウンジはワンサムと以前会ったことを思い出し”ご隠居さん”と呼ぶと、ワンサムはまだそんな歳ではないと言って美人を見るとドキドキすると説明する。
ご隠居さんって結局どういう意味なんですかね?前にあったブラックホールおじいちゃんよりかは全然若いと思いますけど…

バクハはヘジュンの車を運転して楽園荘に戻ってくると二人は口論になってしまい、ヘジュンは怒って車を運転して帰ってしまう。

12話

再びウンジとディナーをするワンサム、他の受賞者は最初から呼んでいないと言ってワンサムは箱を取り出し中にはあの時のゴルフシューズが入っていた。
このシューズの持ち主を探したと言ってゴルフシューズをウンジに履かせてみせるワンサムはシンデレラであり、これからウンジレラと呼ぶと宣言する。
私達は一体何を見せつけられているんですかね?ウンジは意外とワンサムに会う時の服装が全部おしゃれで素敵ですねーもっとケバケバかと思ってた

楽園荘では落ち込んでいるマンレにご飯を食べさせようとするゴボク、しつこいゴボクに嫌々ながらも食事をするマンレだったがいつまでいるんだとゴボクを叱る。
ゴルフの練習場にいるウジェ、練習終わりにバーにやってきたウジェとヘリだったがウジェはバクハの話をするとヘリは数日前に会ったと話す。
一向に宿泊費を払わない不法滞在者のゴボク、ヘリはウジェといるときは意外と可愛いんですけどやっぱりちょっとワガママ感あるよねー

オフィスに呼んで慰労金を渡したというヘリだったが、逆に頭突きをされたと言うとウジェはバツが悪そうにバクハと一緒に住んでると打ち明けるがヘリは酔って寝てしまう。

10-12話感想

ヘジュンはしっかり仕事出来てるんですかね?って心配になるくらい、バクハが絡むと突如サイコパスみたいな表情になって怖い。
所謂、ツンデレ御曹司キャラなんでしょうけど結構目見開くから強がってるってよりは威嚇されてる感じで怖いなーって思っちゃう、もう少し可愛げが出てくれば良いけど。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください