魔女の法廷-あらすじ-15話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-魔女の法廷-あらすじ-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

魔女の法廷




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ハラハラするような時間が続きます。ガブスがイドゥムよりも早く母親が生きていることに気づいてしまいましたね。この先、どうなってしまうのでしょうか?
イドゥムの母親は、再度、ガブスの手に落ちてしまうのでしょうか??
イドゥムに、自分の母親が生きていることに一刻も早く気づいてほしいと思いますが・・・。
展開が気になりますね。残りもあと今回を含めてあと2話。
物語もゴールへと向かっていきます。最後までお話のあらすじを追跡しますのでお見逃しなく☆

【魔女の法廷】ネタバレあり

15話

チェ看護師は、島にガブスの差し金の手下が送られてきたことにすぐに気づきます。
ガブスの手下の人間が、撮影と称し島にある病院に撮影に訪れたためでした。

チェ看護師はイドゥムの母親であるヨンシクを連れて急いで島から逃げ出します。

島からイドゥムの母親を連れ出し逃げ出したチェ看護師。
ジヌクの母親であるジェスクと会います。
久しぶりの再会のようですね

火災でイドゥムの母親が、やけどを負った時にペク・サンホとジヌクの母親の話を聞いてしまい病院からヨンシルを連れて逃げ出した事。
ヨンシルが記憶を失くしてしまっていることを話します。
イドゥムの母親は、記憶喪失にかかっているみたいですね。よほどの精神的ショックを受けたのだと思います

秘密の場所のキングダムの真相究明のために特別捜査班が設置されます。
サンホが残した手帳の中には大学総長だけでなく、警察や検察の関係者もいることが判明しますが全員が関与したことを否定します。

イドゥムは確実な証拠を掴もうとネットにウソの噂を拡散させます。
エイズがキングダムで広がっていると・・。

手帳が保管していた場所から無くなったことが発覚します。

犯人は同じ部署で働く検事のパク検事が脅されてしたことだったのです。

そしてイドゥムとジウクの二人は
ホ弁護士がアン会長に急接近していることを知ります。
ガブスの妻が、入院する病院をホ弁護士に聞き出した二人は病院へと行きます。
手帳をガブスの妻の病室で探す二人。
手帳が見つかりましたね。ここから巻き返せるのでしょうか?

報道陣の前に立ったイドゥム。

ガブスが自分の妻に毒を注入し、こん睡状態へと貶めた件を調査している段階だと話します。

ミン部長にジヌクは、イドゥムの母親の殺人事件の捜査を担当させます。
母親の事件を担当することになったジヌクに頭を下げ頼むイドゥム。

ジウクは、母親のジェスクと話をします。

「罰を受ける覚悟はできているけどあなたが犯罪者の息子になってしまうのが辛い」と話すジェスク。

ですが、
「僕は母さんが苦しむことの方が心配で仕方ない。だけどやらなきゃ」とジウクは話します。
正義を最後まで貫くジウクでいてほしいです
イドゥムの元へジェスクが訪ねてきます。

「あなたの母親は生きているの」と話すジェスク。

一方のヨンシル。
テレビに映るイドゥムの姿に涙が溢れます。
記憶を失っているにも関わらず何かの本能でしょうか?記憶が戻るのかもしれませんね

チェ看護師が、ヨンシルにあなたの娘さんだと話しますが困惑するヨンシル。

インターホンが鳴りヨンシルは出ていきます。
ガラス越しに写っていたのはガブスの姿でした・・・。

15話感想

ジヌクの姿が印象に残る回だったと感じました。
検事であるジウクは、真実や正義は貫きたい。守りたい。だけどその真実の先には自分の母親であるジェスクがかかわっているために板挟みのような状態になってしまっている。
ジウクにとっては本当に辛い展開だと思います。涙姿が切なかったです・・。
ジェスクがイドゥムに母親が生きている事実を告げましたね。やったぁと思ったのもつかの間です・・。ヨンシルの前に現れたのはイドゥムではなくガブスでした・・。
目まぐるしい展開が続きハラハラの連続ですが残すところもついにあと1話。次回は、最終回を迎えます。ガブスが奈落の底に転落する事を願っています。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。