魔女宝鑑-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-魔女宝鑑-あらすじ-13話-14話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
百年木に願った者ばかりが殺されていたことを知りショックで泣き崩れるソリでした。
ヒョンソもいなくなってしまい、結界が焼き尽くされるなど不穏な動きがありますが、ソリは大丈夫??

【魔女宝鑑】ネタバレあり

第13話 昭格署の復活

王の病の回復を祈る儀式を星宿庁の大巫女ホンジュに命じる大妃。
そして「明日の朝会に出席するように」と命じたのだった。

翌日の朝会。
大妃は「星宿庁と共に、昭格署を再建する」と言う。

そして現れたチェ・ヒョンソ。
びっくりしたのはホンジュだった。

ヒョンソは大妃に「ホンジュはこの国を滅ぼそうとしている」と伝えるのだった。
そして「この国を救えるのは、双子の王女しかいない」と説明する。

一方、ホンジュも王に双子の王女の話をする。
「王女の呪いで、王が病を患っている」と吹き込むのだった。

ソリことヨニは、チョンビン寺を出て街へと向かうことに。
「逃げも隠れもしない」と決めたソリ。
百年木に祈った人々が犠牲にならないためにと自ら表に出て行くことにしたのだった。

そして再会した兄プンヨン。
プンヨンは「少しずつでいいから、何があったのかを話して欲しい」とヨニに頼む。

王はプンヨンを呼びつけ、頼みごとをする。
ホンジュが言う「双子の王女を捜し出し、内密に連れてきて欲しい」と。

街中で木に縛られているスンドゥクを見かけたホジュンとヨニとヨグァンの3人。
オクがホジュンをおびき寄せるために、スンドゥクを縛り上げていた。

ホジュンはオクが憎くて許せなかった。
オクに刀を振り上げるホジュンだったが、ヨニに止められ刀を振り下ろすことが出来なかったのだ。

そんなホジュンの目の前に、最愛の母が現れる。
優しくホジュンの涙をぬぐう母と、ほんの束の間の再会だった。

以前ヨニ事ソリが作った、幽霊が見えると言う薬を飲んだホジュンでしたよね

ヒョンソが昭格署に戻ったと聞きつけたプンヨンは、父の元に駆けつけてくる。
そしてヨニと再会したことも話す。

プンヨンは「自分の命を失うことになろうともヨニを決して離さないと決めた」という。

第14話 四柱の三合

ホンジュは黒魔術で大妃に世子の霊を見せる。
ヒョンソを招き入れた事で、自分を裏切ったと大妃を許せないホンジュだった。

チョンビン寺のろうそくに、1つの灯りがともる。
ホジュンが母に会いたいという願いが叶ったのだった。

最後の火を灯すには。
真実の愛の犠牲が唯一の方法だと言う。

「ヨニを守ることがプンヨンの運命ならば、この運命には逆らえない」とヒョンソは息子を死の道へと導くのだった。

王の手で王女を殺すと言う黒魔術の呪いからヨニ達を守るためには、人間結界であるホジュンとしばらく引き離さなければならなかった。

そこでヒョンソはヨグァンにヨニとホジュンを引き離す事を命じるのだった。
しかしこれは失敗に終わり・・・。

プンヨンの護衛のソルゲがホンジュの元にヨニを連れてくるのだった。

これって!!ソルゲはホンジュのスパイだっていうこと??

ホンジュの黒魔術に操られる王は、星宿庁に捕らえられたヨニを殺そうとしていた。

この様子をホジュンは見ていた。
ヨニを助け出そうと、隠れてじっとその時を伺っていた。

第13話から第14話の感想

ホンジュの黒魔術により、チェ・ヒョンソは生かされているようですね。
ホンジュのヒョンソへの態度は。
敵同士でありながらも、ヒョンソにトドメはさせないと言うホンジュの心の奥を感じてしまうのは気のせいでしょうか。
最愛の妹ヨニと再会を果たしたプンヨン。
妹としての愛ではなく、愛しい気持ちが大きい兄プンヨンは、自分の命を失ってもヨニを守りたいと思っているようですね。
プンヨンの父であるヒョンソ。
「我が息子の使命ならば」とプンヨンの死を覚悟の上でヨニを守らせようとするなんて、中々できることではないです。
何よりショックだったのは。
プンヨンを慕っているソルゲが、黒魔術の巫女ホンジュの手下だったなんて(≧∇≦)
これっぽっちも疑ってもいないプンヨン。
これにはちょっとビックリでした!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください