魔女宝鑑-あらすじ-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-魔女宝鑑-あらすじ-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王に命じられたオクが、プンヨンの妹ヨニを捕らえるために動き出しましたが・・・。
ヨニとホジュンは大丈夫??

【魔女宝鑑】ネタバレあり

第17話 新たな隠れ家

ヨニは新たな隠れ家として王宮へと出向くことにしたのだった。

大妃への書状には、ヨニが王宮へ行くことが書かれていたのだった。

用意された籠に乗ろうとしたヨニは、ソルゲにさらわれそうになる。
危険を察知したホジュンは、弱った体でもヨニを守ろうと飛び出して行く。

プンヨンたちが追いかけるが取り逃がしてしまう。

ホジュンはこの曲者がソルゲであることに気付いたようですね
 でもプンヨンは全く気付いていない様子

ヨニが王宮へ行った後、ホジュンは少し回復した体で薬を持ってソルゲに会いに行く。
そしてヨニを連れ去ろうとした人間がソルゲなのかを確かめに行くのだった。

その頃王宮では、ヨニに結界を張るヒョンソ。
力を出し切ったヒョンソは、体が腐って行くため苦しんでいた。

ホンジュは血を吐き倒れるヒョンソに、自らの血が付いた手のひらを合わせ、黒魔術で洗脳するのだった。

早速宮中でホンジュと対面したヨニ。
王はホンジュからこの王宮に王女ヨニがいる事を聞かされるのだった。

ホジュンはプンヨンに、ソルゲについて問う。
怪しい人間がいることを伝え、確証が持てたときには協力してほしい旨を伝えるホジュン。

大妃殿に突如乗り込んでくる王と兵士達。

もちろん王女ヨニを捕らえるためです

ところが、王女の姿はどこにもなく・・・。
外殿で官僚たちが王を待っているとの知らせを受ける。

そして出向くと、そこに王女ヨニが立っていた。
大妃が「死んだと思っていた王女が生きていた」と紹介するのだった。

ここはホンジュと王、大妃に一足先に越されてしまいましたね

第18話 魂の昇天

ホジュンは赤い道袍がソルゲだと確証を得る。
ヨニの双子の兄世子を成仏させればヨニも死ななくてよいと言う。

プンヨンは王宮でホンジュや王から命を狙われるヨニを黙って見ていられなかった。
「ここから出よう」と誘うプンヨンだが、ヨニは「最後のろうそくに火を灯すためにここまでやって来た」と言い、逃げ出そうとはしなかった。

世子を成仏させる儀式の準備をしていた場所。
戻って来たヨニ達は、ヨグァンが倒れ世子の遺灰が入った壺が無くなっていることに気付くのだった。

そこで大妃は慌ててホンジュの所へと出向く。

ホンジュの誘いに乗り、かつて世子を守り、ヨニを見捨てたことを認めてしまう大妃。
それを聞いたヨニは、それでも大妃のために世子の遺灰の壺を取り戻し大妃に渡す。

大妃はホンジュに「これ以上我が子を苦しめるな」と言って世子の壺をたたき割る。

大妃も心の中で王女ヨニを見捨てた事を悔いているようです

ヨニは”春夢水”を大妃に勧める。

夢の中で世子に会う大妃。
大妃の望みが叶い、チョンビン寺のろうそくが1本また灯るのだった。

そんな大妃の命を狙うホンジュ。

ホンジュの元に、「人の心も手に入るのか」とやって来るプンヨン。

ヨニの心を手に入れたい一心のプンヨン
 正気じゃないです(≧∇≦)

大妃はホンジュの黒魔術により倒れてしまう。
ヒョンソも時々正気を失う。
これもそれも全てホンジュの黒魔術のせいだった。

北神が消える日まであと20日。
残りのろうそくに灯りをともすまであと少し。

少しずつヨニの力が弱まっていた・・・。

第17話から第18話の感想

ヨニは結界が破れた今、新たな隠れ家としてあえて敵の懐に入り込む作戦を取りました。
心配するプンヨンです。
兄としてではなく、男としてヨニを守りたい一心のプンヨンですが、ヨニの心はホジュンに傾いているようですね。
ホジュンはヨニの選択を側で応援し、守ってくれる頼もしい存在です。
いつでも刺し違えられる距離にあるホンジュとヨニ。
あえて王女として名乗りを上げることで、周りの目があるためにそう簡単には手出しができないホンジュですが・・・。
ハラハラしてしまいますよね。
ソルゲのプンヨンへの忠誠心は本物だと思いますが、ホンジュの手下だなんて知った日にはさぞかしショックでしょうね、プンヨン(≧∇≦)
北神が消えるまでに呪いは解けるのでしょうか!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください