黄金のポケット-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
本当の両親を知らずにアメリカで養子として育ったソクフンは、養子だということで後ろ指をさされないように必死に努力してきました。そして天才医師となったソクフンは韓国の大学病院からスカウトされました。
韓国に戻ってきたソクフン。
餃子屋の次女ソルファは番組制作会社の契約社員。
偶然、番組の撮影をしていたソルファはソクフンが川に落ちるのを発見しました。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【1話】

外科医のソクフンがアメリカから帰国するので空港まで迎えに行くミニ。しかし、ソクフンはすでに帰国していた。

番組制作会社の契約社員ソルファは撮影中に偶然、川に落ちるソクフンを目撃した。姿が見えなくなったソクフンを助けるために、川に飛び込むソルファ。

ソクフンを助けようしたソルファだが、逆に脚がつってしまった。
ソクフンに助けられるソルファ。
ソルファは意識を取り戻した。

ソルファはソクフンが自殺しようとしていたと勘違いし、自殺なんてもうしないでくれと頼む。
ソクフンはソルファが叫んだせいで川に落ちたのだと言う。

壊れたソクフンの時計を弁償するというソルファ。
ソクフンは電話番号を教える。

しかしソルファは電話番号を書いたメモを置き忘れてしまった。

ソルファの父クム・ジョンドは餃子屋を営んでいた。
店の名前はクム黄金餃子店だった。
それで黄金というタイトルなのですね

その店をこっそり見ている妻のキム・チュジャ。
ソルファの姉ドュナもやってきた。
ジョンドに見つかり逃げる2人。

ジュンサンは料理の勉強のために地方の宗家に来ていた。
そこに取材にきたソルファはジュンサンがその家の息子だと勘違いし、話しかける。この家の人間ではないと知り謝るソルファ。

チュジャとドュナはチムジルバンに身を隠している。
ソルファに電話しようと言うドュナだが、チュジャはソルファの給料を使ってしまったから電話できないと言う。
(ひどい母親ですね

たソルファはジュンサンが料理をしているところを撮影する。
ソルファはジュンサンの料理をつくるときの目が父親に似ていると言う。

ソルファは父のジョンドに電話をする。
母は帰ってこなかったか聞くソルファ。

ソルファは取材も終わりソウルに帰ることにした。
ジュンサンの祖母が倒れたと連絡があり、ジュンサンは大韓病院に行くところだった。
ソルファはジュンサンを乗せて一緒に帰ることにした。

ソクフンは赴任先の大韓病院にやってきた。
若手の医師のミスを次々と指摘するソクフン。
さずが天才医師

ジュンサンを大韓病院の前で降ろしたソルファ。
出発しようとして車を出した時、ソクフンにぶつかってしまった。

【2話】

ぶつかったのがソクフンだと知ったソルファ。
ソクフンはソルファに自分のあとをつけて来たのかと聞く。
ソルファはどこかぶつけていないか検査をしようと言う。
ソクフンは車にはぶつかっていないと言う。

ソクフンは病院の中に入っていった。
連絡先を無くしてしまったソルファはソクフンを追いかけて病院に入る。

ソルファを見かけたミンギュは俺に会いたかったのかと聞く。

急患が運ばれた。
処置をするソクフン。
若手の医師のミスで死にそうになった患者の心肺蘇生をするソクフン。

ジュンサンは祖母の病室にやってきた。
ジュンサンが来たことを喜ぶ祖母。
祖母は息子に跡継ぎのジュンサンをいつまで料理人にされておくつもりかと言う。

急患の処置に来なかったミンギュに患者を殺すつもりなら白衣を脱げと言う。
ミンギュはソクフンに自分はミニの兄だと言う。
家族になるのだから自分に気を使ってほしいと言う。
ソクフンは病院の外でなら義兄と呼んでやると言う。

ソクフンはミニに電話をする。
今夜、ミニの家に挨拶に行くと言うソクフン。

ミニの母グィジョンはソクフンの父親も有名な医師なのかと聞く。
ミニは有名だと答える。

チュジャは結婚式の参列者代行のバイトをしてお金を稼いだ。
なかなかいいアルバイトですね

ドュナはチムジルバンで掃除のバイトをするが客と揉めて2人とも追い出されてしまう。

ソクフンはミニの家に招待された。
ミニの母グィジョンはソクフンに父親は有名な医師だと聞いたと言う。
そこにソクフンに電話がかかってきた。
席を外すソクフン。

ミニはソクフンに父親は医師で母親は教授だと嘘をついたのだと言う。
ソクフンは実は養子で本当の両親を知らないと正直話せと言う。

ソクフンは本当の両親を探しているのだった。
母に捨てられたときの記憶を思い出すソクフン。

チュジャにまた代行のアルバイトの話がきた。
ミニが依頼したものでソクフンの母親役をするものだった。
上品な洋服を着て来てくれと言うミニ。

着替えるために家に戻ったチュジャは、三女のセナに見つかってしまった。
セナは父のジョンドに電話をする。

チュジャが帰ってきたと聞いたジョンドはオートバイでチュジャを追いかける。
チュジャが父親役の男性と一緒にいるのを見て浮気しているのかと疑う。

オートバイを走らせチュジャの方に向かうジョンド。
段差に気付かず、オートバイは急停車してしまった。
そのとき、後ろに積んであった餃子のネタが飛んでいってしまった。

そこに歩いていたのはソクフンだった。
餃子のネタはソクフンの顔めがけて飛んでいった。
タイミング悪すぎ!

【3話】

餃子のネタだらけになってしまったソクフン。
ジョンドはソクフンに謝り、チュジャはハンカチで拭いてあげようとする。

ミニがやってきた。
アルバイトはソクフンの母親役だと知ったチュジャ。
父親役の男性は怒って帰ってしまった。

ソクフンはミニが偽物の両親を用意していたことを知り怒る。
ミニに両親のいない自分の事が恥ずかしいのかと聞くソクフン。
ミニはソクフンに謝る。
しかし、母が知ったら結婚はできないと言うミニ。
両親はアメリカに帰ったことにするから今日はそのまま顔合わせしてくれと言うミニ。
できないと言うソクフン。
私のために何かとしてくれたことはあるのかと言うミニ。
私のことを愛しているなら顔合わせに来てほしいと言うミニ。

2人の会話を聞いていたジョンドはソクフンに自分も親がいなく、そのせいで義父に結婚を反対されたと言う。
子供が生まれて義父を尋ねて行ったときには義父はすでに亡くなっていたと言う。
せめて偽物の両親でも会わせていたら、反対されずに結婚して、妻も義父の最後をみとることができたかもしれないと話すジョンド。

愛する人のために我慢することも必要だと言うジョンド。
でも偽物の両親はさすがにね~

チュジャとミニが一緒にいるのでソクフンの母親だと勘違いしたミニの母親はチュジャに挨拶をする。
ミニもチュジャのことをソクフンの母だと紹介する。
そこにジョンドもやってきた。
チュジャはジョンドのことをソクフンの父親だと紹介する。

ジョンドはチュジャこんなことは止めろと言う。
そこに、ソクフンがやってきて自分の両親役をやってくれと言いソクフンに上着を渡す。

顔合わせが始まった。
ミニの母親はジョンドの服装を見て、質素なのか貧乏なのか医師には見えないと考える。
ですよね~

チュジャは、夫は奉仕活動の帰りだと言う。

ミニの母は両親の職業がしっかりしているから安心だと言う。
チュジャはソクフンのことをどこにだしても恥ずかしくない息子だと言う。

チュジャの携帯が鳴った。
着メロが演歌なので、大学教授が演歌を聞くのかと言うミニの母。
最近演歌の研究をしていると言うチュジャ。
(笑)(笑)(笑)

ソクフンは手術があるから病院も戻ると言って席をたった。

そこにミンギュが遅れてきた。
ミンギュはジョンドがシカゴ医大の教授だと思い挨拶をする。

ソクフンは洗面所で吐いていた。
そんなソクフンを心配して出てきたミニ。
ソクフンはミニに、今まで後援者や里親の前で無理して笑いながら食事をしたが、お前とそんな食事をするとは思わなかったと言うソクフン。

チュジャを連れて家に帰ってきたジョンド。
ドュナも帰ってきた。
ジョンドは2人に借金は自分が返すが、今度同じことをしたら家から追い出すと言う。

ソルファは母チュジャに新しい靴をプレゼントする。
感激して涙を流すチュジャ。
セラはその様子をみて、まるで実の子供みたいだとつぶやく。
実の子ではないのですね。どうりでセラがソルファに対して冷たいと思いました

ジョンドは昨日ソクフンから借りた上着を返すついでに、ソクフンのために餃子を作った。
大韓病院にいるソクフンに届けようとするジョンド。

ソルファは自分も大韓病院で撮影があると届けてあげると言い、餃子を預かった。
父から聞いたハン・ソクフン医師の部屋に入るソルファ。
寝ているソクフンを起こすソルファ。
顔をみて驚く。

1~3話感想

思ったより地味なスタートです。ソクフンは両親がいなくて養子、ソルファはチュジャの実の子供ではない、出生の秘密だらけです。ソルファとソクフンの偶然の出会いが3回ありましたが、普通ではありえない設定です。全122話も続いたドラマですから今後どんどん面白くなっていくのでしょうね。期待しましょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。