黄金のポケット-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
記憶をなくしてしまったソクフン。
韓国ドラマによくある交通事故、記憶喪失ですね。
そんなソクフンをミニから引き離そうとしているグィジョン。自分がソクフンを轢いてしまったのに、全く無責任な人間です。このまま事故を隠ぺいできると思っているのでしょうか。
そのうえソクフンは患者を殺した罪まで押し付けられそうです。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【13話】

ミンギュは母のグィジョンにソクフンの患者は自分が殺したのだと告白した。
ソクフンが目を覚ましたらどうしようと言うミンギュ。
グィジョンはミンギュに、ソクフンは記憶喪失だからミスしたことは黙っていればいいと言う。
お前を殺人者にはしないと言うグィジョン。
グィジョンは、ソクフンはもう医者には戻れないと言う。

ミンギュはソクフンの部屋に入り、ソクフンが患者への指示した薬の記録を書き変えてしまう。
グィジョンはミニと結婚するためソクフンに書かせた覚書を持って帰る。
悪党親子!

会社に戻ったソルファ。
ジサンと食事をして別れたジュンサンはソルファに会う。
ジュンサンはソルファに会いたかったと言う。
ソルファに励まされると全てがうまく行くような気がすると言うジュンサン。
ジュンサンは自分の電話番号を教えて、ソルファにご飯が食べたくなったら電話をしてくれと言う。

ソルファたちが取材した病院の放送は患者が亡くなったために出来なくなってしまった。

ソクフンのところに行かなくちゃいけないと騒ぐミニ。
ミニは私がソクフンの記憶を取り戻してあげると言う。
グィジョンは記憶が戻っても犯罪者の息子には変わりないと言う。
絶対にソクフンのところには行かせないと言うグィジョン。

ジョンドは亡くなった息子ハンドルの誕生日をカレンダーに書き込む。
ハンドルの写真を見ながら会いたいと言うジョンド。

ニュースを読む練習をするセラ。
ジョンドに新しい洋服を買ってほしいとねだる。
お金が一番必要なのはお母さんだと言うドュナ。

チュジャはソルファにソクフンの事を聞く。
ソクフンにお金借りようと思っていたチュジャ。

グィジョンはソクフンの秘書にソクフンは記憶をなくしているから、うちの娘と結婚の約束をしていたことを話さないでくれと言う。
秘書にお金を渡すグィジョン。
どこまで証拠を隠滅するつもりなのでしょう

ジュンサンの祖母は軽い胸の痛みをうったえた。
こんな時にソクフンが往診してくれたらいいのにと言う祖母。
ジサンは、ソクフンは事故にあって入院していると教える。

医師はソクフンに右腕の状態を説明する。
ソクフンはもうメスを持てないのは自分でもわかっていると言う。
医師としての記憶は残っているのでしょうか

ソクフンが自分のかばんの中を調べると結婚指輪が入っているのに気付いた。

ミニはトイレに行くと嘘をつき家を飛び出した。

ソクフンは勤務先の大韓病院にやってきた。
ソクフンを見つけたミニはソクフンに声を掛ける。
ミニはソクフンにまだ外出は無理だと言う。

ソクフンを見つけた亡くなった患者の家族はソクフンに詰め寄る。
なぜ夫を死なせたのかと泣きすがる患者の妻。
患者の弟はお前が薬の量を間違えたから死んだのだろうと叫ぶ。
ソクフンは自分が処方ミスをしたなんてありえないと言う。
患者の弟は近くになったゴミ箱をソクフンに投げつける。
ミニはソクフンの影に隠れる。

そこにソルファが通りかかり、ソクフンをかばった。
ソルファはゴミだらけになってしまった。

【14話】

ソクフンをかばってゴミだらけになってしまったソルファ。
患者の遺族にソクフンは状況を知らないのだと言うソルファ。
ソクフンの様子がおかしいので不審に思う医師や患者。

病院長に呼ばれたソクフン。
ソクフンは院長にアメリカにいた時の記憶はあるが韓国に戻ってからの記憶がないと言う。
患者に間違った処方をしただろうと言う院長。
ソクフンは、自分は絶対に間違えたりしないと言う。
その自信は昔と変わらないですね

ミニはミンギュに患者を死なせたってことは、ソクフンは殺人者になるのかと聞く。
ミンギュはソクフンと別れろと言う。

ソクフンは亡くなった患者の処方の記録を見た。
ミンギュとは誰だと聞くソクフン。
そこに通ったミンギュになぜ患者に多く処方したのかと怒鳴る。
ミンギュは指示通りにやったと言う。

ソクフンは自分の指示を書いたメモがあるだろうと聞く。
メモを見るとそこにはソクフンが指示をしたという数字が書いてあった。
1を4に変えるのは簡単ですよね

ソルファは病院の取材を放送させてほしいと頼んだ。

家に帰ったミニはグィジョンにソクフンを助けてほしいと頼む。
ソクフンは殺人者だと言うグィジョン。
グィジョンはソクフンの携帯を壊そうとした。
これを見たら思い出すかもしれないと慌てて取り返すミニ。

グィジョンはミニに亡くなった遺族がソクフンにゴミを投げつけた時に逃げたくせに、お前はソクフンを愛していないのだと言うグィジョン。
グィジョンはソクフンの携帯にあなたの写真は1枚でも入っているのかと言う。
事務室にも財布にもミニの写真は1枚もなかった。
確かに!それは愛されていないかもしれないですね

行きたかったら行けばいいと言うグィジョン。
自分の娘なら損になるようなことはしないはずだと言うグィジョン。

ソクフンは病院で後輩たちが自分の悪口を話しているのを聞いた。
そこにやってきたソルファは気にしない方がいいとソクフンを慰める。

ソクフンは亡くなった患者についてソルファに聞く。
ソルファはソクフンに密着取材をしていたから動画を見たら思い出すかもしれないと言う。
ソクフンはソルファに他の人はみんな自分の悪口を言っているのになぜ優しくするのかと聞く。
ソルファは困っている人は助けないといけないし、自分にとっても1カ月間の仕事が無駄になってしまうのだと言う。
そのために記憶を取り戻してほしいと言うソルファ。
本当に自分がミスをしたのかもしれないと言うソクフンにソルファは違うと信じていると言う。

ミニとソクフンの形跡をすべて消したグィジョンだが、ソルファが知っているのを思いソルファを呼び出した。
ソクフンにミニの話をしたかと聞くグィジョン。
していないと答えるソルファ。
ミニの事を話したら血の涙を流させてやると言うグィジョン。
これが人にものを頼む態度ですか!

ジュンサンは父に、家には帰ったが会社に入るのは考えていると言う。
家族が傷つくことはしたくないと言うジュンサン。

ジュンサンが会社に入らないと聞いたナンソルは喜ぶ。

ソクフンは自分の持っている書類の中から結婚するのに必要な書類が出てきた。
秘書に自分は結婚予定があったかと聞くが秘書はわからないと答える。

ソクフンは警察の質問を受けた。
ひき逃げの調査中だと言う刑事。
事故のときの記憶はないかと聞く刑事に覚えていないと答えるソクフン。
事故現場を教えてもらったソクフン。

事故現場の近くに自分の車が停車して会った。
そして近くの教会に入ると、そこにはミニがいた。

ソクフンはミニに自分とは関係ないと言っていたが、あなたは誰かと聞く。

【15話】

ミニはソクフンに本当に自分のことがわかないのかと聞く。
ここに来たのは記憶が戻ったからではないのかと聞くミニ。
ソクフンはこの近くが事故現場だと聞いてやってきたのだと言う。
事故のときなぜここにいたのかもわからないと言うソクフン。

ソクフンはミニに婚約していたのか聞こうとしたが、そんなに親しくない間柄ならソルファに聞くことにすると言う。
ソルファのことは見覚えがあると言うソクフン。
ソクフンはミニになぜここにいるのか、大韓病院にも来ていたが自分に話があるのかと聞く。
なんとなく心配だっただけだと言うミニ。

帰ろうとするミニに親切にしてくれてありがとう、お母さんにもお礼を言ってくれと言うソクフン。
自分を轢いた人間にお礼を言うなんて!

ミニは自分のことを忘れたソクフンが悪いと言い聞かせる。

ソルファはミニにお母さんはあなたとソクフンを別れさせたがっているから、ミニの口からソクフンに2人の関係を言ってあげてくれと言う。
ミニはソルファに出しゃばるなと言う。
部外者なのはわかっているがソクフンの状況が悪すぎるから誰でも手を差し伸べるはずだと言うソルファ。
ミニは婚約者である自分のこともわからない自分の気持ちはわかるかと聞く。
今はソクフンのことを一番優先するべきではないかと言うソルファ。
口出ししないでくれと言うミニ。

ソクフンをこのまま放っておくのかと聞くソルファ。
ミニは知らなくていいこともあると言うミニ。
ソルファは愛している人を捨てるのかと聞く。
自分を覚えていないソクフンが悪いと言い、ミニは行ってしまう。
病人だからしかたないのに、自分のことしか考えていないミニ

ソクフンはソルファに韓国に戻った理由もわからないと言う。
思い出そうとすると頭が痛くなると言う。

ソクフンはソルファに自分の婚約者について知っているか尋ねる。
ソクフンは自分が誰なのか、なぜここにいるのか、本当に自分のせいで患者が死んだのかわからないことが多くて怖いと言う。
言われたことを信じるしかないと言うソクフン。

ソルファは自分の知っているソクフンは無愛想で嫌われていたが患者には優しかった。手術室では誰よりも真剣だったと言うソルフ。
ソルフは医師ソクフンが映っていると言い、動画の入ったUSBメモリーを渡す。

グィジョンはミニにソクフンに全て話したのかと聞く。
ミニは言わなかったと答える。
ミニは、私は罰が当たると泣く。
罰が当たるのは母親が先です

グィジョンはミニに泣くことではない、これは新しい門出だと言う。

酔っ払ったミンジュを迎えにきたドュナ。
ミンギュはドュナに頭突きをして記憶喪失にしてくれと言う。
全部忘れてしまいたいと言うミンギュ。
ミンギュを支えて帰るドュナ。

ミンギュを迎えに家から出てきたグィジョン。
とっさに隠れたドュナはミンギュがグィジョンにソクフンに悪いと泣きながら言っているのを聞いた。

ソクフンは自分の家に帰ったが、家の中を見ても思い出せない。
ソルファからもらった動画を見るソクフン。
亡くなった患者のにこにこ笑っている姿を見てうなだれるソクフン。

ソクフンは病院に辞表を提出した。
院長は、ミスは誰にでもあると言うが、ソクフンはもうメスを持てない外科医は必要ないだろうと言う。

ソルファはソクフンが辞表を出したと聞き病院にやってきた。
止めるべきではないと言うソルファ。
ソクフンは記憶も戻らないし、メスも持てないのにこの病院にいる理由がないと言う。
ソルファは逃げるなんて卑怯だと言う。
番組を放送したいからかと言うソクフン。
ソルファは放送できないからでなく逃げたらミスをしていないと立証できないと言う。
ソクフンは自分が一番知りたいのに、これ以上は何もできないと言う。

ソルファはソクフンを説得できず、仕方なく帰った。

ソクフンは秘書から荷物を受け取った。
その中には「クム家の餃子」と刻印された包丁が入っていた。
ソクフンはその店にやってきた。

チュジャはソクフンを見て息子と呼ぶ。

13~15話感想

ミニはソクフンを捨てました。自分のことは覚えていなくてソルファを覚えていると言われてプライドが傷ついたのでしょうね。それくらいで別れることができるなら、グィジョンの言うようにそれほどソクフンを愛していないのかもしれません。
ソクフンはこのまま医者を辞めてしまうのでしょうか。メスではなく包丁を持つようになるソクフンは想像できません。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。