黄金のポケット-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
記憶がないせいで、患者を死なせたことにされてしまったソクフン。そのうえ手が思うように動かなくなったために外科医として再起できなくなってしまいました。ソクフンは病院に辞表を出しました。
そして、ソクフンは自分宛てに届いた餃子店の包丁を持ってジョンドの店を尋ねました。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【16話】

餃子店の前で、チュジャとぶつかるソクフン。
チュジャはソクフンの落ちたカバンの中から通帳を拾った。
ソクフンにたくさん貯金があるのを知ったチュジャ。

チュジャはソクフンを店の中に招き入れる。
チュジャはソクフンの事を息子と呼ぶ。
ソクフンはチュジャに持ってきた包丁を見せる。
チュジャはソクフンに恨まれていると思っていたのに店の刻印入りの包丁までくれるならお金を貸してくれるかもしれないと考える。

チュジャは用事で店を離れた。
ソクフンはチュジャの出してくれた餃子を食べる。
子供の頃、母が作ってくれた餃子を同じ味なので涙を流すソクフン。

そこにドュナが帰ってきた。
ソクフンはドュナに兄弟はいるかと聞く。
自分の他に女の姉妹がいると答えるドュナ。
息子はいないのかと聞くソクフンに、いないと答えるドュナ。

グィジョンはソクフンを呼び出す。
記憶は戻ったかと聞くグィジョン。
まだだと答えるソクフン。

グィジョンはソクフンが病院に辞表を出したと聞き喜ぶ。
グィジョンは、ソクフンにアメリカに戻ったら記憶も戻るかもしれないからとアメリカ行きの飛行機のチケットを渡す。
根っからの悪人!最低!

ソルファはソクフンだけをカットして編集すれば番組を放送してもいいと言われた。
ソルファはソクフンを消したくないと言う。
ソクフンが患者と前向きに向き合っている姿が映っているからそれを消したらソクフンの存在がなくなってしまうと言うソルファ。

ジフンはそんなソルファの態度を尊敬した。

ソルファは父にこの包丁は、有名な職人が作ったものだと説明する。
チュジャはその包丁をなぜソクフンが持ってきたのかと聞く。
ソルファは包丁を送ってもらう時にソクフンの連作先を書いた紙を忘れて来たから間違えて病院に送ってしまったのだろうと言う。
納得しました

ソルファは両親にソクフンが交通事故で記憶をなくしてしまったのだと話す。
恋人のミニもソクフンを捨てたのだと言うソルファ。
ソクフンに会っても昔の話をしないでくれと言うソルファ。

ソクフンはチュジャが母親の代わりをした顔合わせの日のことを何となく思い出した。
チュジャが自分の母親ではないかと考えるソクフン。

ソルファは、動画を渡したことがばれたら病院から訴えられてしまうので、ソクフンにUSBメモリーを返してほしいと頼む。
ソクフンは、自分が忘れてしまった時間の中で唯一残っているものだから返せないと言う。
流出することはないから安心してもいいと言うソクフン。
ソクフンを信じると言うソルファ。

ソクフンはソルファに撮影中に自分が母親の話など言っていなかったかと聞く。
個人的な話はしていないと言うソルファ。
ソクフンは母親に会ったようだと言う。
違いますよ~

本当の母親かどうか自信が持てないと言うソクフン。
ソルファはまた会えばいいと言う。
ソクフンに母親に会えて良かったと言うソルファ。

チュジャの店に借金取りがやってきた。
借金取りはチュジャにお金を返済できない場合は腎臓を提供すると書かれた覚書に無理矢理サインをさせようとする。
そこに末っ子のセラが帰ってきた。
セラにサインをさせようとする借金取り。

ドュナは割り箸を借金取りの肛門に刺した。
オーマイガー

怒った借金取りはドュナに頭突きをする。
倒れるドュナ。
借金取りがチュジャにサインをさせようとしたときソクフンが入ってきた。

チュジャを離せと言うソクフン。
自分が息子だからお金は自分が払うと言う。

【17話】

ソクフンに息子だなんて嘘をつくなと言う借金取り。
ソクフンに殴りかかる借金取り。
片手で借金取りを倒すソクフン。
チュジャは自分の息子に手を出すなと小麦粉の入った袋で借金取りを叩く。
粉まみれになった借金取り。

ソクフンはチュジャの代わりにサインをした。

チュジャはソクフンに助けてくれたお礼を言う。

ソクフンはチュジャになぜ自分を捨てたのかと聞く。
本当に自分のことを母親だと思っているのかと聞くチュジャ。
餃子の味が母親の作ったものと同じだったと言うソクフン。
餃子の味なんてみんな同じものだと言うチュジャ。
チュジャは、うまく説明できないけれど、とにかく自分は母親ではないと言うチュジャ。

ソクフンはあなたが違うというなら母親ではないのだろうと言って店を出た。
店を出てすぐにソクフンは倒れてしまった。

ソクフンを病院に運ぶチュジャとドュナ。
ソクフンは栄養失調だった。

ソクフンに付き添うチュジャ。
ドュナはお母さんが母親じゃないと知ってショックを受けたのではないかと言う。

ジサンは父親から会社に入るかと聞かれた。
ジサンはやりたいことがあるから入らないと言う。

ジュンサンはソルファにお弁当を持ってきた。
ソルファの好きな食べ物は餃子だと知り、今度作ってくると言うジュンサン。
父親の作ったものには勝てないでしょう

ジサンはソルファとジュンサンが一緒にいるのを見て、ソルファにいつから親しくしているのかと聞く。
ソルファは偶然だけど何度も会っていると答える。
ジサンはジュンサンがソルファにお弁当を作ってきたことを不思議に思う。

目を覚ましたソクフン。
ソクフンの世話を焼くチュジャに帰ってくれと言う。
医者から付き添いが必要だと言われたと言うチュジャ。
親でもないなら帰ってくれと言うソクフン。

ソクフンはチュジャに妹たちが自分のことを知らないってことは、自分を捨ててから再婚したのかと聞く。
そうではないと誤魔化すチュジャ。
とにかく帰ってくれと言うソクフン。

家に帰ったチュジャはソルファにソクフンのことを聞く。
ソルファは、ソクフンは病院も辞めて恋人にも去られたけれど、母親に再会したから良かったと言う。
目の前の人が母親ですが

チュジャはソクフンのことが気になり、病院にやってきた。
眠っているソクフンは寝言で母親に行かないでくれと呼びかけている。
チュジャはソクフンの手を握りしめ、行かないと答える。

【18話】

寝言で母親の名を呼び続けるソクフン。
チュジャはソクフンの手を握りしめ、心配しないで眠れと言う。

明け方、目を覚ましたソクフンはベッドに寄りかかって寝ているチュジャがいるので驚く。

ジョンドは朝からチュジャがいないので電話をする。
チュジャはチムジルバンにいると嘘をつく。

目を覚ましたチュジャ。
ソクフンは今までのようにお互い別々に生きて行こうというチュジャ宛ての手紙を残していなくなっていた。
その手紙を読んでソクフンを追いかけるチュジャ。
ソクフンはチュジャが自分の探しているのを見ている。

ソクフンは亡くなった患者の奥さんに会った。
どうしても自分がミスをしたとは思えないと言うソクフン。
言い訳をしに来たのかと言う妻。
ソクフンは記憶がなくなってしまって正確な死因を伝えることができずに申し訳ないと言う。
ソクフンは自分が責任と取ると言い、患者の妻に自分が持っているお金をすべて渡す。
無実が証明されたら返してあげてくださいね

ソクフンはグィジョンを呼び出した。
ソクフンはグィジョンに飛行機のチケット代だと言ってお金を渡す。
今日アメリカに発つと言うソクフン。
帰るべきだと言うグィジョン。
グィジョンにお礼を言うソクフンに、いなくなってくれてこちらこそありがたいと言うグィジョン。

チュジャは病室のゴミ箱からソクフンが自分宛てに書いて捨てた手紙を見つけた。
その手紙には、
「母親が現れて自分に愛していると言ってくれる日を夢みていたが、今日その夢がかないました。自分の手を握ってくれただけでもう充分です。夢のような1日をありがとうございます。お元気で。お母さん」
と書かれてあった。
その手紙を読んで泣くチュジャ。
もらい泣き

その時借金取りから電話があり、ソクフンがチュジャの借金をすべて返済したと聞いた。

ソルファは料理番組の司会者を探せと言われた。
イ・イニョンと言う名前の顔を出さないブロガーだった。

ジュンサンがジョンドの店にやってきた。
餃子の作り方を教えてほしいと言うジュンサン。
ある人に餃子を作ってあげたいのだと言う。
彼女かと聞くジョンドにそうなれば嬉しいと言うジュンサン。

チュジャはソクフンにお金を返さなくてはならないと、ソクフンの住所を調べてマンションに行くが、ソクフンはアメリカに行くためにすでに部屋を引き払っていた。

その頃ソクフンはソルファに会っていた。
ソクフンは今日アメリカに帰ると言う。
お母さんに会わなかったのかと聞くソルファ。
会ったけれど、母の横には自分のいる場所がなかったと言うソクフン。
ソルファは行かないでくれと言う。
ソクフンも本当は帰りたくないがここにいると母と一緒にいたくなるから、あえて帰る決心をしたと言う。

ソルファは記憶を取り戻す手伝いができなくてごめんなさいと言う。
自分を気にしてくれてありがとうと言うソクフン。
ソルファはソクフンに時計を渡し、思い出せない時間よりもこれからが大事だから堂々としていてほしいと言う。
ちょっといい雰囲気

ミニも今日外国に出発する。
グィジョンは空港でソクフンと鉢合わせしないか心配する。

チュジャは空港でソクフンを探す。

ソクフンは男性にぶつかりチケットを落としてしまった。
手が動かずチケットがうまく拾えないソクフン。
その姿を見ているチュジャ。

チュジャはソクフンのチケットを拾い、母親だと思っているのに逃げるのかと言う。
もう大丈夫だと言うソクフン。
お金のことも気にしないでいいと言う。
チュジャはお金のことでここに来たのではなく、あなたが心配だから来たのだと言う。
ソクフンは今まで通り一人でやっていけるから大丈夫だと言う。
チュジャは手も治す、記憶も取り戻す、お金も返すからそれまで自分の隣にいろと言う。

ソクフンの荷物を取り上げ、帰ろうと歩き出すチュジャ。
ソクフンはチュジャが片方の靴を履いていなかったので探して持ってくる。
ソクフンは飛行機の便を1つ遅らせた、ここに来てくれただけで十分だと言うソクフン。
もう自分には一銭もお金は残っていないと言う。

チュジャはお金目当てで迎えに来たのではないと言う。
家族っていうのは一緒に笑って一緒に泣くのが家族だと言う。
体が治るまで一緒にいようと言うチュジャ。
夫には自分が話すからと言い、ソクフンを連れて行くチュジャ。
なかなか情に厚いチュジャですね

ミニとグィジョンが空港に到着した。
ミニはソクフンがチュジャと腕を組んで歩く姿を目撃した。

16~18話感想

今回はチュジャに感激しました。お金を一番に考えている母親だと思っていましたが、そうではなくソクフンに対する心遣いに感動です。とても人情に厚い女性ですね。ジョンドが好きになったのもわかります。
ソクフンもチュジャを母親と思って少しでも幸せな時間を過ごしてもらいたいです。
ソクフンと兄弟になるかもしれないソルファ。今後はこの2人の関係が気になります。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。