黄金のポケット-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンドとチュジャの息子として幸せな気持ちで暮らし始めたソクフンですが、亡くなった患者の妻に再会し、あなたは幸せになる資格がないと言われました。辛いですね。
ミンギュは罪の意識を感じているようです。早く自分のミスだったと告白したほうがいいです。
ジュンサンはソルファの料理番組に出演する決心をしました。どんな番組になるか楽しみです。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【28話】

ジョンドと酒を飲むソクフン。
ソクフンは患者を死なせてしまったことを忘れていたと言う。
ジョンドは、今は辛いだろうが待つしかないと言う。
ソクフンは自分のせいで人が亡くなり、婚約者も去り、そんな自分が再出発できるのだろうかと聞く。

ジョンドはソクフンに餃子を作ってみるかと聞く。
料理でも人を救えると言うジョンド。

家に帰ったミンギュはグィジョンにソクフンの家族に手を出すなと言う。

ミニが帰ってきた。
グィジョンはミンギュに、ソクフンが餃子屋にいることはミニには秘密だと言う。

ミニはグィジョンに、ソクフンのことは忘れたと言う。

ソクフンはソルファにホットワインの水筒を返す。
ジュンサンにもらった物なのになぜ自分にくれたのかと聞くソクフン。
体が温まるなら誰が飲んでもいいのだと言うソルファ。
毎朝ジュンサンに会っているのかと聞くソクフン。
番組のために会っていると言うソルファ。

ジュンサンは祖母に、おばあさんの許しがなければテレビ番組には出ないと言う。
祖母はジュンサンを傷つけることはできないと言う。
若いうちは好きな事をしろと言う祖母。
出演決定!

セナはアナウンサーを諦めろと言われ落ち込み、酒を飲んだ。
ジサンに絡んでいる。
酒を追加しようとするセナを置いて行こうとするジサン。
セナは私ってかわいい?と聞く。
かわいいと答えるジサンに、かわいい女を置いて行っては駄目だと言うセナ。

今度は面接に落ちたと泣きだすセナ。
今度は洋服まで脱ぎだそうとするセナ。

セナの帰りが遅いので心配して電話をしてきたドュナ。
セナの代わりに電話に出るジサンは、セナが酔っ払ってしまって困っていることを伝える。

ドュナが迎えに来た。
ドュナはジサンに迷惑をかけたと謝る。
水を飲んで酔いを覚ませと言うジサン。
帰ろうとするジサンに水をかけるセナ。
雨が降ってきたと大騒ぎするセナ。
酒癖が悪すぎですね

ソクフンはジョンドから餃子の作り方を習う。

番組出演を決めたジュンサン。
最初の打ち合わせにやってきた。
PDからゲストは決めたかと聞かれるソルファは有名シェフから選ぼうと思っていると言う。
ジュンサンはもっと身近にいてこだわりを持つ料理人がいいと言う。
最初のゲストは自分が選びたいと言うジュンサン。

ジュンサンはソルファを連れて行く。
ジュンサンが最初のゲストに選んだのはジョンドだった。

【29話】

ジョンドが出演しないと自分も出ないと言うジュンサン.
ソルファは自分の父親をテレビに出すことはできないと言う。
そこにソクフンが帰ってきた。

ソルファはジュンサンを連れて行く。
ジュンサンはなぜソクフンがジョンドの息子なのかと聞く。
ソルファは事情を説明する。

グィジョンの部下キムは、グィジョンに命令されてジョンドのことを調べるが、何の汚点もないジョンドを素晴らしい人だと言う。
問題のある農家との契約を赤字になるのをわかっていて止めたと聞いたキムは、もうあの店の餃子以外は食べないとまで言った。
その野菜を使って作ったのかと聞くグィジョン。
使ったけれどすぐに止めたと言うキム。
グィジョンは腐った野菜で作った餃子だと噂を流すことにした。
腐っているのはあなたです

ミニはグィジョンに仕事をすると言う。
教授に推薦してもらって放送局で働くと言うミニ。
ソルファのところ?

ジサンとミニをくっつけたいと思っているグィジョンは、これは運命だと言う。

番組には出ないと言うジョンドを説得するチュジャ。

チュジャはソクフンのために家具を買った。
番組に出ればお金を払えると言う。
テレビには出ないと言うジョンド。

ジョンドがテレビに出ることに、チュジャとドュナは賛成、セナとソルファは反対、ソクフンは棄権した。
ソクフンはお父さんの意見が大切だと言う。

ジョンドは番組が全国に放送されると聞いて出ると答えた。

ジョンドは昔の写真を見ている。
テレビに出たら見てくれるだろうかとつぶやくジョンド。
誰ですか?

番組の打ち合わせにやってきたジョンド。
ソルファは料理を作りながら気楽に話をすればいいと言う。
撮影はジュンサンの家で行う。

ジュンサンのインタビューに答えるジョンド。
いつから餃子の商売を始めたのかと聞くジュンサン。
17歳のときに厨房で働き始めたと言うジョンド。
そのときから餃子を作り始めたのかと聞くジュンサン。
もっと昔10歳の頃、養護施設で作ったのが最初だと言うジョンド。

配給の小麦粉が足りずにみんな空腹だったから、皮を作ってその中にクズ野菜を入れたのだと言うジョンド。
たいしたものが入っていないのにみんな喜んでくれたと言うジョンド。
ジュンサンはジョンドの餃子を食べると心が満たされると言う。
ジョンドはいつも不格好な餃子を食べてくれた仲間を思い出しながら作っていると言う。

グィジョンの部下のキムはジョンドの餃子屋の前に野菜の段ボールを置き、写真を撮った。

ソルファはジサンを家に連れてきた。
家の撮影をすると言うジサン。
セナはジサンに気付き、トイレに隠れる。
セナはトイレからパックをつけて出てきた。
ジサンはセナに気付き、酒癖の悪い女だと言う。

ソクフンはソルファの忘れ物を届けにテレビ局にやってきた。
ソルファに忘れ物を渡すソクフン。
それを見ていたのはミニだった。

【30話】

ミニは帰るソクフンを見ている。
ミニはソルファを捕まえて、なぜソクフンがいるのかと聞く。
ソクフンとは家族として一緒に住んでいると言うソルファ。
まさかソクフンと結婚したのかと聞くミニ。
ソクフンから逃げたくせに今さら何だと言うソルファ。
この状況は見逃せないと言うミニ。

ソルファはあなたのお母さんに聞いてくれと言う。
ソクフンは新しい人生を歩き始めているから邪魔をしないでくれと言うソルファ。

家に帰ったミニはミンギュにソクフンがソルファの家にいるのは本当かと聞く。
ソクフンはあの家の息子だと思い込んでいるのだと言うミンギュ。

ミニはグィジョンにソクフンを襲ったのは本当かと聞く。
ソクフンが記憶を戻したら大変だからあの家から追い出したかったのだと言うグィジョン。
グィジョンはミンギュに、ミニがソクフンに会わないようにしろと言う。

撮影を終えて帰ってきたジョンド。
ジュンサンの事を褒め、婿にしたいと言うジョンド。
ジュンサンが聞いたら喜びますよ

ジョンドのインタビューの映像を見ているソクフン。

インタビューされるジョンドは、養護施設にいたときクリスマスが嫌いだったと言う。
その日はたくさんの人が来て作り笑いをするから嫌いだったと言う。

ジサンと一緒に店の撮影をするソルファ。
めかしこんで来たチュジャに驚くソルファたち。

ジュンサンがジョンドの店の餃子を持って帰ってきた。
祖母や父に食べてもらう。
ナンソルは、餃子は嫌いだと言う。

ナンソルはジョンドと同じ施設の出身だった。
これはビックリ!

ジョンドは番組収録に出かける。
ソクフン以外の家族はみんな応援に行くことにした。
ソクフンは収録が終わったらすぐに帰ってきてくれと言う。

ナンソルが収録を見に来た。
ジュンサンはナンソルに、本当に番組に出るのか確かめに来たのかと聞く。
あなたが不信感を持つのも無理はないと言い、ナンソルは帰っていく。

ナンソルは帰りの車の中からジョンドを見かけた。
お兄さんとつぶやくナンソル。
ジョンドを追いかけるが見失ってしまった。
その場に座り込むナンソル。
ソルファが大丈夫かと寄ってきた。

収録の前に近況しているジョンド。
撮影が始まったがまだ緊張が続いて、ジュンサンの質問に上手く答えられないジョンド。
番組の最後にジョンドはチュジャに苦労をかけた、愛していると叫んだ。
チュジャは嬉しいですね~

撮影を終えて家に帰ってきたジョンドたち。
ソクフンがサプライズでケーキを用意していた。
クリスマスが来るたびに今日のことを思い出してくれと言うソクフン。
ジョンドは涙を流す。

こんな贈り物は初めてだといいソクフンを抱きしめるジョンド。

ミニは一人酒を飲む。

ジュンサンはソルファに渡そうと思っていたネックレスを見ている。

ソルファはソクフンに父親に素敵なプレゼントをありがとうと言う。
ソクフンはもう一つあると言ってソルファに手袋を渡す。
見つめあう2人。

28~30話感想

ジョンドの収録は緊張しっぱなしで、うまく編集できるでしょうか。きっと素晴らしい番組になったとは思いますが、次にグィジョンの悪巧みが待っていますから心配です。ミンギュが悪巧みに気付いて防いでほしいです。
ソクフンはソルファンことを妹だと思っているはずなのに、ソルファへの接しかたがドュナやセナと違います。ジュンサンと仲良くしているのも気になっているようです。ソルファは妹ではないと教えてあげたいような気もします。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。