黄金のポケット-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
店がなくなったジョンド。この先何をして暮らしていくつもりでしょう。ソクフンもジョンドの店の手伝いができなくなりました。
ソルファもクビになり、この家で働いている人は一人もいません。
ジュンサンはソクフンにソルファのことが好きだと告白しました。ソクフンはソルファの兄としてその告白を聞くのでしょうか。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【37話】

ジュンサンはソルファが好きだと言う。
ソクフンはソルファには告白したのかと聞く。
まだだと言うジュンサン。
先にソクフンに言わなければいけないと思ったと言うジュンサン。

ジュンサンは祖母カプジャの見舞いにきた。
カプジャは部屋にいず、グィジョンとミニが入ってきた。
ジュンサンになぜここにいるのかと聞くグィジョン。
グィジョンはミニにこの男はソルファがミンギュと2股をかけていた男だと話す。

そこにカプジャが戻ってきた。
グィジョンはカプジャに挨拶をし、食事のために料理人を呼んだのかと聞く。
カプジャはジュンサンの事を孫だと紹介する。
ジュンサンが孫だと知ったグィジョンは焦る。
もう遅い!

ジュンサンに謝るグィジョン。

ジュンサンは帰った。

家に帰ったミニはソルファがカプジャの孫と付き合うなんてありえないと言う。
グィジョンはソルファにしたことをすべてジュンサンに見られてしまったと後悔する。
ミニはカプジャの家とは縁がなかったのだと言う。
ソルファがジュンサンにソクフンの話をしたら、いくら頑張っても意味がないと言うミニ。

ソクフンはジュンサンから預かったお金をジョンドに渡す。
理由のない金は受け取れないと言うジョンド。

ジョンドはジュンサンにお金を返しに行く。
ジョンドはお金を返し、自分が好きで番組に出たのだと言う。
気持ちだけ受け取ると言うジョンド。

ソルファは就職が決まるまでアルバイトをすることにした。
ジサンにカメラを借りるソルファ。
ソルファはジサンに会社に戻れと言うが、ジサンはソルファに付いて行くと言う。

ソクフンは病院の面接を受けた。
医療事故を起こした医師は雇えないと断られるソクフン。
そのうち真実が明らかになりますよ

カプジャの息子のユン会長に会いたいと言われたソクフン。
ユン会長はカプジャを助けてくれたお礼に謝礼を渡したいと言う。
ソクフンは今の状況では受け取りたい気持ちもあるが父なら受け取らないだろうと言うソクフン。
自分も父と同じ考えだと言うソクフン。

ジョンドは工事現場など仕事を探すがどれも断られてしまう。

退院したカプジャ。
カプジャはユン会長からジョンドの餃子屋の話を聞き、ひどい話だと言う。
命の恩人のソクフンのために何かしてあげたいと考えるカプジャ。

チュジャ、ドュナ、セナ、ミンギュは内職の仕事を始めた。
ミンギュに家に帰れと言うドュナ。
ミンギュは病院を辞めたと言う。
そのせいで家を追い出されたのかと聞くドュナ。
下宿代を払うからこの家に置いてほしいと言うミンギュ。
グィジョンが来たら恐ろしいから出て行けと追い出されるミンギュ。

家に帰る途中に偶然会ったソクフンとソルファ。
ソクフンはソルファにジュンサンのことをどう思っているかと聞く。
考えたこともないと言うソルファ。
それならこれからも考えるなと言うソクフン。
少し笑える!

ソルファとソクフンはジョンドが立っているのを見つけた。
ジョンドは他の餃子屋の前でじっと餃子を作るのを見ていた。
ソクフンはソルファに声をかけないでおこうと言い、そのまま家に帰った。

カプジャはソクフンに会いにジョンドの家に来た。
カプジャはソクフンの事を命の恩人だと言う。

カプジャはジョンドとソクフンを自分のビルに連れて行く。
ここでまた餃子屋を開けと言うカプジャ。

【38話】

カプジャはジョンドたちをビルの中の店舗に連れて行き、ここでまた餃子屋を開けと言う。
ソクフンの望むことをしてあげたいと言うカプジャ。
ソクフンは父が立ち直ってくれるのが望みだと言う。
カプジャはジョンドに天職を失って悲しいと言っていたではないかと言う。

しかしジョンドは気持ちだけ受け取ると言う。

家に帰ったソクフンとジョンド。
ソクフンはジョンドに、カプジャは家の事情を知って好意で言ってくれたのだと言う。
その話を聞いていたチュジャたちはジョンドにもう一度餃子屋をやろうと言う。
しかしジョンドはやらないと言う。

ジュンサンはユン会長に自分が会社に入る代わりにソルファをチャンネルPに入社させてほしいと頼む。
ユン会長は指示をしておくと言う。

カプジャが帰ってきた。
ジュンサンを呼ぶカプジャ。

カプジャはソクフンの苗字がジョンドを違う理由を聞く。
生き別れた息子だと教えるジュンサン。

ナンソルはジサンにユン会長の会社に入れと言う。
ジュンサンに会社を取られてもいいのかと言うナンソル。
あの会社はジュンサンではなくジサンの物だと言う。
ナンソルのことを童話に出てくる悪い母親もみたいだと言うジサン。
ジサンはジュンサンが後継者になるまで会社には入らないと言う。
ナンソルからこんな優しい息子が生まれるなんて

グィジョンがソルファに会いに来た。
ジュンサンと付き合っているのかと聞くグィジョン。
そんな関係ではないと言うソルファ。
ジュンサンにミニとソクフンの話をしたかと聞くグィジョン。
ジュンサンには話をしたと言うと、ミニの将来を潰すつもりかと怒り出すグィジョン。
ミニが結婚できなかったらあなたと家族をズタズタにしてやると言い行ってしまった。
あなたのせいで結婚できないですよ

ジョンドは駐車場の整理のアルバイトを始めた。
それを見ているソクフン。
ソクフンはカプジャの家を訪れた。

ソクフンはカプジャに、餃子屋は自分がやると言う。
父は傷を癒すのに時間が必要だから、その間自分が店をやって持つつもりだと言うソクフン。
カプジャはソクフンのことを心の傷まで治す名医だと言う。

カプジャの家から出るとジュンサンが帰ってきた。
ソクフンはジュンサンに餃子屋は自分がやると言う。
ソクフンはジュンサンからお金を渡された時にプライドが傷ついたが家族を見ていて考えが変わったと言う。
家族のためならプライドは必要ないと言い、ジュンサンに頭を下げお礼を言うソクフン。

ミンギュはドュナの家の前で倒れていた。
ドュナはミンギュを物置に連れて行く。

ソルファはジュンサンにソクフンの婚約者の話をしたことは忘れてほしいと言う。
ジュンサンはソルファにソクフンが家族のためにプライドも捨てて、店をやることにしたようだと言う。
みんなから家族だと思われているソクフンが羨ましいと言うジュンサン。
しかし、もし本当の家族ではないと知ったらどうなるのだろうと言う。
その時のソクフンの気持ちを考えたことがあるのかと聞くジュンサン。
私もその時が心配です

店のリフォームをするソクフン。
ソルファが店に来た。
ソルファに壁を塗るのを手伝えと言うソクフン。

ソルファはペンキにつまずき、転びそうになる。
ソクフンに支えられるソルファ。

【39話】

ソクフンの胸に支えられるソルファ。
ソルファは用事を思い出したとあわてて帰る。
ソルファはドキドキが止まらない。
ソクフンは兄だと言い聞かせるソルファ。

ジサンが会社を辞めたと聞いたナンソルとカプジャは本社に入れと言うが、ユン会長はチャンネルPに行けと言う。

ジサンはジュンサンからソルファに渡せとチャンネルPの入社志願書を渡された。

ソクフンは自分が餃子店を開くからみんなにも手伝ってほしいと言う。

チャンネルPの総括チーム長としてミニが入社してきた。
どうみても仕事が出来そうに見えないのですが

グィジョンはナンソルに会いにきた。
長男のジュンサンに会ったことがあるのだと話すグィジョン。
グィジョンは自分の息子にお金目当てで近づいた女がいて、その女とジュンサンが一緒にいたのだと言う。
その女は大ウソつきで、その女が話すことは信用してはいけないと言うグィジョン。
ナンソルは自分が実母ではないから気軽に話をしているのだろうが、自分の家の話を言われたくないと言う。

ミニはソクフンにまだ未練があるようだ。
自分が書いたソクフンの絵を見ている

ソクフンの餃子屋はリフォームも終わった。
あとは開店の準備だった。
店の名前は変えたのですね

ジサンがソルファにチャンネルPの入社志願書を持ってきた。
その前にジサンからソルファが会社を辞めたと聞いたセナはソルファに嘘をついたと怒る。
チュジャも働いていると思っていたからソルファに毎朝青汁を出したのにと言う。
謝るソルファ。
ソクフンは解雇されて辞めて、家族に言えずに寒い中アルバイトをしていたのになぜお前が謝るのだと怒る。

ソクフンはソルファを連れて行く。
ソクフンは、これからは決して謝るなと言う。
その言葉にドキドキするソルファ。
ソクフンはソルファの手を握り連れて行く。

37~39話感想

ソルファのほうが先にソクフンを好きになりそうですね。本当の兄ではないのですから気持ちはエスカレートしそうです。
ソルファ、ジサン、ミニの3人がチャンネルPで仕事をすることになりそうです。番組の内容から外れますが、ミニの濃くて長すぎるつけまつげが気になっているのは私だけでしょうか。つけ過ぎですよ~








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。