黄金のポケット-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソルファはソクフンの事が気になってしかたありません。ついソクフンに目がいってしまうソルファ。ソクフンは妹だと思っているかぎりこの恋は進展することはないでしょう。
ソクフンはジョンドのために自分が餃子屋を始めることにしました。ソクフンが作る餃子は美味しいでしょうか。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【40話】

ソクフンとソルファはトッポッキを食べに行く。
店の人から似合いのカップルだと言われる2人。

ジサンはチュジャにチャンネルPの入社志願書をソルファに渡してくれと言う。
セナにリポーターも募集していると教えるが、私はアナウンサーになるのだと言うセナ。

チュジャはジョンドにソルファが会社を辞めたことを伝える。
辞めたのはジョンドのせいだと嘘をつき、餃子屋をやる気にさせようとするチュジャ。

ソルファは書類を持ってきたジサンに電話をする。
チャンネルPに受かる訳がないと言うソルファ。
ジサンは120%受かるはずだと言う。

ナンソルはジサンにソルファの事を聞く。
ジサンはソルファのことを性格も顔もかわいくて仕事もできると言う。
だからソルファがクビになった時に自分も会社を辞めたのだと言うジサン。
ジュンサンが会社に入るのはソルファをチャンネルPに入社させるためだというのは本当かと聞くナンソル。
ジサンがその通りだと言うと、なぜ兄弟2人がその女に振り回されているのだと言って怒り出すナンソル。
ナンソルはグィジョンの言う通りソルファがお金目当てで子供たちに近づいているのではないかと考えた。
グィジョンの言葉を信じるなんであなたも同類です

ソルファはチャンネルPに志願書を出すことにした。
ソルファの部屋に入ってきたソクフンに志願書を見せる。
ソクフンは家族の欄に自分の名前を書いていないことに気付いた。
苗字が自分だけ違うから変に思われないかと言うソクフン。
その時は説明すると言うソルファ。

ソクフンはミンギュがずっと物置に隠れていることを知っていた。
行くことがないから置いてくれと頼むミンギュ。

ミンギュがどこにいるのか心配しているグィジョン。

チャンネルPに初出勤するミニに、グィジョンはユン会長のことを義父だと思って働けと言う。
ジュンサンかジサンかどちらでもいいから付き合えと言うグィジョン。
そうすればあの家はミニの物だと言う。
2人とも断ると思いますけど

チャンネルPに志願書を出しにきたソルファはミニに会った。
ミニはソルファが企画した番組が失敗して父の餃子屋はつぶれ、ソルファも会社をクビになったことを聞いた。

ソクフンはジョンドに戸籍に入れてほしいと言う。
ハン・ソクフンではなく、クム・ハンドルになりたいと言うソクフン。
国籍を変更するもの大変だし、急に変えるのはよくないと言うチュジャ。
戸籍に入ったらソルファとは結ばれなくなってしまいます

ソクフンはミンギュをしばらく家に置いてほしいと頼む。
ジョンドはグィジョンが知ったら大変だから帰れと言うがミンギュは凍傷で足が痛くて動けないと言う。

チュジャはジョンドにソクフンを戸籍入れて本当に息子にしたらどうかと言う。
ジョンドは本当の両親が見つかったらどうするのかと言う。
チュジャは考えたくないと言う。

ソクフンは店のオープンの準備をする。
チュジャはオープンの祝いに餅を持ってきた。
ソクフンにカプジャの家に持っていけと言うチュジャ。

ソクフンはカプジャの家に行く。
その時ちょうど帰ってきたカプジャとユン会長に会った。

家の中ではナンソルがジュンサンにソルファの話をしていた。
あの女が大切なのかと聞くナンソル。
大切な人だと答えるジュンサン。
その女のために会社に入るなんて、この家ではお前は何でもない存在だと言うナンソル。
ジュンサンは、自分はこの家の息子だと言う。
その言葉に怒り出すナンソル。

その2人の会話を聞いていたカプジャとユン会長とソクフン。

【41話】

カプジャはナンソルに今までジュンサンにそんな態度をとっていたのかと怒る。
ユン会長はソクフンに今日は帰ってくれと頼む。

ユン会長はナンソルの言葉に怒り出す。
ジュンサンはナンソルをかばおうとするが、かばうなと言うナンソル。

ナンソルはカプジャの部屋に入り、この家に来て26年私のことを信じたことがあるのかと聞く。
ジュンサンが家に帰らないのも私のせいだと思っているだろうと言うナンソル。
それは家族みんなが思っていると言うカプジャ。
ジュンサンはナンソルに気を使っていると言うカプジャ。

ナンソルは自分の産んだ子と産んでいない子を差別するのは当たり前だと言う。
産んでいなくても可哀想だと抱きしめる親もたくさんいると言うカプジャ。
カプジャがジサンとジュンサンを差別するからこうなったのだと言うナンソル。
ジュンサンには本社に行けというくせにジサンは無視されていると言う。
ジュンサンを育てさせるために私をこの家に入れたのかと思うこともあると言うナンソル。

カプジャはそれが本心なのかと言う。
いいたことを言ったナンソルは私の事が憎くてもジサンを憎まないでくれと言う。
ジサンの性格はいいから憎まれませんよ

ミンギュは餃子屋を手伝うことにした。
ソルファはミンギュに自分の家族がたことを考えたらここで働くのを止めるべきだと言う。
ミンギュはソクフンのことを一番心配しているのは自分だと言う。

ナンソルはジサンに、この家に嫁いでから一日も安らいだ日はないと言う。
ジサンだけでも味方になってくれと言うナンソル。

ソクフンが作った餃子を味見するチュジャ。
まずくはないけれどジョンドのものとは少し違うと言うチュジャ。
それよりも客が来ないことが気にならないのかと聞くチュジャ。
ソクフンはまだ初日だから40年くらいやれば父さんの味が出せるはずだと言うソクフン。
40年!!!

ジュンサンはソクフンに会いにきた。
ソルファのために会社に入るのは本当かと聞くソクフン。
ソルファはそのことを知っているのかと聞くソクフンに、知らないと答えるジュンサン。
ソルファのために家族と気まずくなってもいいのかと聞くソクフン。
もう決心したと言うジュンサン。
ソルファには言わないと言うソクフン。

ジュンサンはソクフンに記憶を取り戻したくないかと聞く。
ソクフンは失った記憶の代わりに安らげる家族ができたと言う。
ソクフンは自分でもわからないがジュンサンに会うと気分が悪くなると言う。
ソルファのことが好きだから?

ジョンドはドュナが店のちらしと餃子を配っているのを見かけた。
ちらしの地図を見て店に行くジョンド。
店を覗くと最初の客が餃子がまずいと言っていた。
ソクフンが次はもっと美味しく作るから今日は代金はいらないと言うのを見ていたジョンド。
ジョンドはまだ作り方も教えていないのに材料がもったいないとつぶやく。

ユン会長はナンソルにカプジャに謝れと言うが嫌だと言うナンソル。
ユン会長にも失望したと言うナンソル。
ユン会長は、ジサンは家族全員から愛されて育ったのにジュンサンはそうではないと言う。

カプジャがナンソルを呼んだ。
カプジャは長男のジュンサンを差し置いて、次男のジサンに会社を継がせるわけにはいかないと言う。
ジュンサンの入社は会社のためでなく好きな女のためだと言うナンソル。

そこに帰ってきたジュンサンとジサン。
ジュンサンは会社にはチーム長でなくて実力で入って誰にも文句を言われないようにすると言う。
ナンソルはジサンも本社に入れてくれと言う。
ジサンはチャンネルPに入ると言う。
ジサンがやる気がないのに母親が一人で騒いでいるだけではないですか!

初日の売り上げはほとんどないうえに大赤字だった。
それを聞いているジョンド。

ミニはソクフンのことが気になっている。

翌日の仕込みを終えて帰るソクフンとソルファ。
目にゴミが入ったソクフン。
ソルファが取ってあげようと顔を近づける。
ドキドキするソルファ。
ソクフンがソルファの肩を組み仲良く帰る姿を見ているミニ。

ミニはソルファを呼び出した。
ミニはソルファにソクフンのことが好きでしょうと聞く。

【42話】

ミニはソルファに男としてソクフンのことが好きなのだろうと聞く。
あなたに答える義務はないというソルファ。
帰ろうとするソルファに、帰るならソクフンに本当の家族でないと話すと言うミニ。
ソルファはミニにあなたはソクフンを捨てたのだから、そんなことを私に言う権利はないと言う。
ミニは私のことを、ソクフンを捨てたと非難するが、ソクフンが事実を知った時の衝撃を考えていないのかと言う。
あなたもあなたの家族も呆れてしまうと言うミニ。

考え込んでいるソルファに自分には全て話せと言うソクフン。
ソルファはソクフンを怒らせてしまうかもしれないと言うが、ソクフンはソルファには怒らないと言う。

ジョンドは寝ているチュジャのかばんから店の鍵を取りだした。
餃子屋に行くジョンド。
昨日の残った餃子を食べてみて、これで金をとろうとするなんてありえないと言うジョンド。

ソクフンがやってきた。
ソクフンは自分が欲しかったのは店だけで、作るのはお父さんだと言うソクフン。
ジョンドはソクフンにもう一度できるだろうかと聞く。
ジョンドは誰も信じてくれなかったことが怖いと言う。
ソクフンは自分のせいで死んだ家族の顔を見るのが怖かったが父さんが助けてくれたと言う。
ジョンドは息子や娘や嫁が付いているのだからもう怖くないと言う。
怖いのはお前が作った餃子だと言う。
(笑)(笑)(笑)

家族全員がやってきた。
チュジャは餃子屋にいるあなたが一番セクシーだと言う。

ジサンはジュンサンにソルファのことが好きなのかと聞く。
好きだと答えるジュンサンに、ジサンは自分のほうが先に好きになったのだと文句を言う。
お前はソルファにとってはかわいい弟だと言おう。
それよりも他にライバルがいるというジュンサン。
ソクフン!!!

ジョンドは餃子作りを開始した。
ソクフンに教えながら作るジョンド。

ナンソルはジュンサンに父親の会社に入り、女も就職させ、私だけを悪者にして思い通りにできたのだろうと言う。
もう騒ぎたてるのは止めようと言うジュンサン。
ジュンサンは自分のことは罵ってもいいがソルファを悪く言うのは止めてくれと言う。

チュジャが店に友人を連れてきた。
ソクフンを息子だと紹介するチュジャ。
ハンドルは死んだはずだと言う友人。

ミニはソクフンに声をかける。
その時オートバイが走ってきた。
とっさにミニをかばうソクフン。

ソクフンは兄のミンギュに会いに来たのかと聞く。
ミンギュを連れて帰ってくれと言うソクフン。
ミニの落としたカバンを拾って渡してあげるソクフン。
そんなことされるとミニは再びソクフンを自分の彼氏にしたくなりますよ

ミニのあとをつけてきたグィジョンはミンギュを見つけた。
ミンギュを家に連れて帰るグィジョン。

ソルファの家にいると言うミンギュ。
ソクフンに償ってお母さんが善人になったら帰ると言うミンギュ。
それは難しそうです

グィジョンは、私は善人だと言う。
勝手に医者を辞めたお前の方が悪人だと言うグィジョン。
患者を診るのが怖いと言うミンギュ。
その時帰ってきたミニはミンギュがソクフンに医療ミスの罪を負わせたことを知った。
ミンギュはミニに謝る。
ミニはグィジョンにソクフンは医療ミスを犯した医者だから別れろと言ったではないかと言う。
ミニは泣き叫ぶ。

グィジョンはソクフンに罪をかぶせなければミンギュが殺人者になっていたと言う。
事実を知っていたらソクフンとは別れなかったと言うミニ。
ソクフンはミニの事を忘れていると言うグィジョン。
ミニはソクフンがソルファと暮らすのが嫌で本当のことを話すために行ったが、ソクフンと目があった時、まだ愛していると気付いたと言う。
グィジョンはミンギュのことを知ってもソクフンをまた付き合うのかと言う。

ミニはソクフンに会いにきた。
ミニは自分のことを覚えていないかと聞く。
ミニは自分ソクフンの婚約者だと言う。

40~42話感想

いよいよソクフンが家族ではないとわかる日が近付いているようです。その時の衝撃は大きいでしょうね。
ナンソルはジサンを後継者にしたくてたまらないようですが、ジサンにその気がないのでどうするつもりなのでしょう。そのせいでジュンサンに冷たくするなんていい迷惑ですね。もっとカプジャに怒られるといいのにと思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。