黄金のポケット-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンドはソクフンと一緒に餃子屋を再開することにしました。
ソルファはチャンネルPに志願書を提出しました。そこにはミニがいるのでいくらジュンサンの勧めがあってもすんなりと入社できるでしょうか。
ミニはソクフンが兄ミンジュの罪をかぶっていると知り、ソクフンが犯罪者ではないと知っていたら別れなかったと言います。そしてソクフンに私はあなたの婚約者だと告白しました。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

【43話】

ミニはソクフンに他の人のことは忘れても自分のことは忘れては駄目だと言う。
自分はあなたの婚約者だと言うミニ。
ミニは遅くなってごめんなさいと言う。

ソクフンはミニに自分があなたに結婚しようと言ったのかと聞く。
信じられないと言うソクフンの言葉を聞いて泣きだすミニ。

ミニはソクフンが記憶をなくした時に、私が婚約者だと言ってもソクフンは信じてくれなかったと言う。
ソクフンはそれならなぜその後で自分の事を知らないと言ったのだと聞く。
ソルファだけ覚えているソクフンが憎くなったと言うミニ。

ソクフンは結婚する仲だったらグィジョンやミンギュも知っているはずだと言う。
お母さんに結婚を反対されていたと言うミニ。
2人で結婚式をあげようと教会に行こうとしたときにソクフンは事故にあったのだと言うミニ。
自分のせいで事故にあったような気がして怖くなって逃げてしまったと言うミニ。

今さら戻ったのはなぜかと聞くソクフン。
ミニはソクフンを忘れられなかった、会いたかったと言う。
ソクフンはいくら婚約者だと言われても思い出せないと言うソクフン。
ミニはあなたも私と同じくらい私を愛していたと言うミニ。
大ウソつき!

ソクフンが戻ってこないので心配するジョンドたち。
ソルファが探しに行く。

グィジョンもミンギュもミニが帰ってこないので心配している。

ソルファは公園に1人で座っているソクフンを見つけた。
電話にも出ないから心配したと泣くソルファ。
ソクフンはソルファに謝り、泣くなと抱きしめる。

それを見ているミニは、ソクフンは絶対に自分の元に戻ってくるとつぶやく。

家に帰ったミニはソクフンのことはもう関係ないとグィジョンを安心させる。

ミニはミンギュにソクフンがソルファの家にいる理由を探れと言う。
ジョンドたちがなぜソクフンを受け入れたのか知りたいと言うミニ。

ソクフンが帰ってきたので安心するジョンドたち。

その夜ソクフンは事故にあったときの夢を見て目が覚めた。
ソクフンの事が気になって起きていたジョンドはソクフンに酒を飲もうと言う。

ジョンドはソクフンに酒は強いのかと聞く。
ソクフンは酔うと自分を失いそうで好きでないと言う。
いつか記憶が戻るのだろうかと言うソクフン。
戻らないといけないと言うジョンド。
ジョンドは記憶が戻ったら翼を広げて羽ばたいて行けと言う。
記憶が戻ってもどこにも行かないと言うソクフン。
そうなればいいのですが

チャンネルPの一次審査に通過したジサンとソルファ。
ジサンはジュンサンにソルファに告白したのかと聞く。
ソルファは鈍感だから告白しないと気付かないと言うジサン。
ジサンは自分もソルファを好きなのに兄貴とは争えないと言う。

カプジャはナンソルに今回は許すが次はもうないと言う。
ナンソルは謝る。

ジュンサンは父のユン会長に、外食事業部のコンテストに応募して、実力で入社したいと言う。
その言葉を聞いたカプジャはナンソルにこれで満足かと言う。

1人になったナンソルは私がここまで言っても入社する気かと怒る。
全然満足していませんでした

ソクフンはミニに電話をかける。
今から会えるかと聞くソクフン。

ソルファに会いに来たジュンサン。
悩んでいる事があるから助けてほしいと言うが、ソルファはごめんなさいと断る。

出かけるソクフンの後をつけるソルファ。
ミニに会いにいったソクフンに驚くソルファ。

【44話】

ミニはソクフンの腕に手を絡ませカフェに連れて行く。
ミニはソクフンの好きなものを持ってきたと言い、テーブルの上にいろいろ並べ始める。
コーヒー、CD、オーディコロンなどを並べて、これがソクフンの好きなものだと言うミニ。
最後に本を置く。
その本の中に自分のサインを見つけたソクフン。

ソクフンはミニになぜ自分は韓国に戻ってきたのかと聞く。
ミニは自分と結婚するためだと言う。

ミニはソクフンが勤めている病院に患者として行ったのだと言う。
思い出せないと言うソクフンに、ゆっくりでいいと言うミニ。
ミニは手を治すために一緒にアメリカに行こうと言う。

セナもチャンネルPのレポーター試験の一次試験に合格した。

ソクフンはソルファを呼び出した。
ミニが婚約者だったと言うソクフン、
ソルファは他に何か聞いたかと聞く。
自分から去ったことを謝っていたと言うソクフン。
自分の大切にしていた物も持ってきてくれて、記憶を戻そうと言われたと言うソクフン。

ソルファはソクフンに記憶を戻したいのかと聞く。
どうしたらいいかわからないと言うソクフン。

ソルファはミニを呼び出した。
ミニにソクフンにうちの家族のことを話さなかったのはなぜかと聞く。
あなたのことを妹だと思っていてほしいからだと言うミニ。
ミニはあなたもお兄さんと思いなさいと言う。

ソルファは一番の問題はあなたのお母さんだと言う。
ソクフンを拉致しようとしたことはソクフン以外のうちの家族はみんな知っていると言う。
ミニはソクフンが知らなければいいから余計な事は言うなと言う。
もし言ったら家族のことをばらすと言うミニ。
ミニは私ならソクフンの記憶も手も治せるから口出すなと言う。
お母さんが口を出すはずですよ

ナンソルに会いに行ったグィジョン。
ナンソルはソルファについて聞く。
グィジョンは、ソルファはお金目当てでミンギュにまとわりついていたと言う。
家族はいい人だと聞いたと言うナンソルに、家族は詐欺師のようなこともやってきたと言うグィジョン。

ナンソルは祖母のカプジャを助けたのがあの家族の息子だと言う。
ソクフンかと聞くグィジョン。
ソクフンを知っているのかと聞くナンソル。
良く知らないと誤魔化すグィジョン。
グィジョンはとにかく、あの家とは関わりになっては駄目だと言う。

ジュンサンはソルファに手伝ってほしいとメールを送る。
ソルファはソクフンの仕事場に行く。
3種類のピザを用意して、試食をしてほしいと言うジュンサン。
ソルファが美味しいと言ったピザをコンテストに出すと決めたジュンサン。

美味しい物を食べても元気が出ないソルファを心配するジュンサン。
ソルファはつらいと突然泣き出した。
ジュンサンは何があったのかと聞くが、ソルファは言えないと言う。
帰ろうとするソルファを泣くならここで泣けばいいと引きとめるジュンサン。
自分は車の中にいるとソルファを置いていく。
ジュンサン!優しすぎるでしょう!

チュジャが友人にソクフンは亡くなったハンドルが送ってくれた贈り物だと話している。
ソクフンのおかげで路上生活をしないで済んだと言うチュジャ。
その話を聞いていたグィジョンの部下のキム。

ミニはソクフンがジョンドの家の借金を返したと聞いた。
お金が目当てで息子にしたと思い込んだミニ。

ジュンサンに送ってもらったソルファは、カフェでソクフンとミニが会っている姿を見つけた。

ソクフンはミニにずっと結婚相手が知りたかったが、もうわかったからいいと言う。
ミニは私のことを許せないのなら罵ってもいいが別れるのは嫌だと言う。
ソクフンは別れると言うのは愛し合っている人の言葉だと言う。
ソクフンはミニのことを思い出せないし、あなたは自分から去った人だと言う。
ミニは愛していたから戻ってきたのだと言う。
記憶を取り戻したくないのかと聞くミニに、自分が記憶を取り戻したいのは医療ミスのことだけだと言うソクフン。

なぜ医療ミスが怒ったのか知りたいと言うソクフンに、一緒に調べようと言うミニ。
私といたら思い出せるかもしれないと言う。
ソクフンはあなたに何の感情もないと言い、ソクフンは出て行く。

そのカフェにいたミンギュはミニをつかまえてひどいではないかと言う。
ミニはミンギュにソクフンを人殺しにしたのは誰だと言う。
兄より好きな人を選びました

ジュンサンはソルファに、ずっと元気のないのはソクフンとミニのせいかと聞く。
ソルファは、自分はソクフンのために何もできないがミニならできると言う。
ジュンサンはあの2人は結婚までしようとしていた仲だから何をしても関係ないと言う。
わかっているがなぜ苦しいのか自分でもわからないと言うソルファ。
ソクフンを愛しているからでしょう!

ソクフンはジョンドの餃子屋に来た。
餃子が食べたいと言うソクフン。
そこにミニがソクフンに忘れ物だと言ってマフラーを持って店に入ってきた。

ミニはジョンドたちに挨拶をする。

【45話】

ジョンドたちに「はじめまして」と挨拶をするミニ。
ミニは自分がソクフンの婚約者だと言う。
ソクフンの元を去ったことを許してほしいと言う。
ミニは、これから自分がソクフンの記憶を取り戻していくと言う。
ソクフンはミニを連れて行く。

チュジャは自分がソクフンの偽物の親になってくれと頼んできたくせに、初対面の振りをするなんてありえないと驚く。

ミニはソクフンを引きとめたくてやったのだと言う。
自分の両親が驚くことを考えていないのかと言うソクフン。
自分のことしか考えないのかと言うソクフン。
グィジョンの娘ですから

ミニはソクフンに医療ミスの事が一番気になるってことは医師としての誇りが残っているからだと言う。
自分と一緒にアメリカに行こう、お金のことなら心配するなと言うミニ。

家に帰ったジュンサン。
ジサンはジュンサンにソルファから一次合格したのに連絡がこないとすねている。
ジュンサンはソルファに会ってきたと言う。

その話を聞いていたナンソルはソルファのことを、就職させてくれるジュンサンだけに連絡してくるようなしたたかな女だと言う。
ジュンサンはナンソルにソルファの事を何も知らないくせに人の話で判断するなと怒る。
ジサンの前で怒り出したジュンサンに腹をたてるナンソル。
ナンソルはジサンに、ジュンサンは入社が決まったから偉そうにし始めたと言うが、ジサンはソルファの悪口を言うからだと言う。
したたかなのはナンソルでしょう

ソルファは家族に、ミニに家族ではないことを黙っている代わりに、自分の親がしたことも言うなと言われたと話す。
チュジャはミニは、なんとしてもソクフンとやり直すつもりだと言う。
セナは愛しているのだろうと言う。

家に帰ってきたミニにミンギュは医療ミスの事をソクフンに話すつもりかと聞く。
兄を売ってソクフンに近づくつもりかと言うミンギュ。
ソクフンが気になると言うから合わせただけだと言う。
ミンギュは記憶が戻ったら終わりだと言うが、ミニはその前に結婚してしまえばいいと言う。
結婚してしまえばお兄さんには手は出せないと言うミニ。
ミニはミンギュに何も言わずに自分に協力していればいいと言う。
結婚できると思っているのがすごい

チュジャはソクフンにミニとやり直すつもりかと聞く。
何も答えないソクフン。

ドュナはミンギュを呼び出した。
酒を飲んでいるミンギュ。
ミンギュにミニを監視しろと言うドュナ。
ミニが両親に挨拶に来たと聞いたミンギュがミニは本気だと言う。
ドュナも酒を飲みだした。
2人は酔っ払ってしまった。
ミンギュはドュナに綺麗だと言う。
今さら気付いたのかと言うドュナ。
そのまま寝てしまったミンギュとドュナ。

ナンソルがいないので代わりに電話に出るカプジャ。
養護施設からで子供が見つかったと言っている。
戻ってきたナンソルに電話を替わる。
ナンソルは本当に見つかったのかと聞いている。
ナンソルの子供は誰でしょう!

ジョンドはチュジャに他の人から聞いて知るより、ソクフンには自分たちが本当のことを話そうかと言う。
チュジャはソクフンに軽蔑されると言う。
チュジャは私がミニに会ってみると言う。

ソクフンは店の手伝いをする。
自分がいる日のほうが売り上げが多いと言うソクフン。
ジョンドはお前を見に来る客が多いのかもしれないと言う。

ナンソルの探している子供は女の子で見つかったのは男の子だった。
養護施設の人は性別を確認しなかったと謝る。
まさかソルファ?

その帰りにジョンドを見かけたナンソルは追いかけるが見失ってしまった。

ミンギュとドュナは倉庫部屋で一晩を明かしてしまった。
目覚めた2人は裸だった。
ミンギュは服を着てそっと出て行った。
昨夜のことを思い出そうとするが覚えていないミンギュ。

グィジョンはジョンドがまた餃子屋を始めたと聞いた。
餃子屋のある建物の持ち主はカプジャだと聞いた。

チュジャはミニに会いに来た。
家族の事はソクフンに話さないでくれと言うチュジャ。
ミニはソクフンが傷つくことはしないと言う。
それよりソクフンがアメリカで治療することを勧めてくれと言う。
偽物の親を演じたときのようにいい両親を演じてくれと言うミニ。
ミニはチュジャに、ソクフンに手を治して私と寄りを戻せと説得しろと言う。

その話を聞いていたグィジョン。
ミニにソクフンと会っているのかと怒鳴る。

43~45話感想

ミニは母親そっくりですね。自分勝手で自分のことしか考えていません。ジョンドたちに「はじめまして」と挨拶をしたのは失敗ではないでしょうか。ソクフンは両家の挨拶の時のことをなんとなく思い出してジョンドたちが親だと勘違いをしているのですから、結婚相手のミニが「はじめまして」と言うのはおかしいですよね。
それにしてもジュンサンはいい人です。ジュンサンと付き合ったら絶対に幸せになれると思うのですがソルファの気持ちはうまくいきませんね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。