黄金のポケット-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソクフンはジョンドたちのところに戻ってきました。嘘をつかれたことも家族だから理解をすると言うソクフン。ソルファはソクフンが本当のお兄さんになってしまうことが残念そうです。
ジュンサンは料理のコンテストに優勝し、いよいよPJに入社する事になりました。それを良く思わないナンソルはいい人なのか、悪い人なのかまだ分かりません。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

52話

ソルファをかばったソクフンは以前も同じようなことがあったかと聞く。
ソルファは病院の駐車場であったと言う。
記憶が戻るのかもしれないと言うソルファ。

セナは2次審査に合格した。
ソルファには通知がきていない。
落ちたと思ったソルファ。

ジョンドの餃子屋は、お餅とセットにしたメニューが好評で人気が出てきた。

ジサンはソルファを呼び出した。
ソルファはジュンサンにコンテストに優勝したお祝いの花を渡す。
ジュンサンはソクフンが家に戻ってきたのかと聞く。
ソルファがそうだと答えると、事実を知っても一緒に住むのかと聞くジュンサン。

ソルファは、両親は亡くなったハンドル兄さんのことで胸を痛めていたからソクフンが戻ってきて良かったと言う。
ジュンサンは、ソルファはお兄さんと思って暮らせるのかと聞く。
ソルファは両親の息子なら自分にとってはお兄さんだと答える。
自分に言い聞かせるのですね

ソクフンはジョンドにお父さんだと勘違いした理由の一つに餃子の味があるが、もう一つ勘違いしたことがあると言う。
お母さんの歌っていた歌が自分の記憶にあると言うソクフン。

セナは最終面接に出かけた。

ジサンも面接にやってきた。
会社で会ったセナにジサンは、ソルファはどこにいるかと聞く。
セナは、ソルファは落ちたと教える。
それを聞いたジュンサン。

ジュンサンはミニのいる部屋に来た。
その時、女性社員がソルファの書類がなくなって合格の通知が届いていないようだと報告していた。
ミニは女性社員にこちらのミスになるからこのまま黙っていろと言う。
会社に入れないつもりですね

それを聞いていたジュンサンは女性社員にソルファに連絡をしろと言う。
これは責任問題だと言うジュンサン。

ジュンサンはソルファに電話をするが出ない。
ジュンサンはジョンドの店に電話をする。
ジョンドはソクフンにソルファが合格したのに、それを知らずいると言う。
ソクフンは家に帰りソルファに伝える。

会社では面接が始まっていた。
女性社員はソルファが来ないと心配している。
ミニは遅刻をしたらお終いだと指示をする。
そこにユン会長が入ってきた。
ユン会長は面接を見学しに来たと言う。

ソルファとソクフンは会社に急ぐ。
ソルファはこれ以上走れないし、服装も簡単なもので来てしまったと言う。
ソクフンは、面接官はお前の服装ではなく能力を見に来ているのだと言う。
練習もしていないというソルファに面接官たちに思いを伝えて来いと言う。
そこにジュンサンが迎えにきた。
ジュンサンの車に乗るソルファ。

ジサンのプレゼンが終わった。
ミニはユン会長に、これでプレゼンは終わりだと報告する。
ユン会長は、ソルファは来ていないのかと質問する。
来ていないと答えるミニ。
どこまで性格が悪いのでしょう

その時ソルファとジュンサンが到着した。
しかし会場から出てきたユン会長たち。
ミニはもう面接は終わったと言う。
ソルファは合格のメールが来ていなかったと言う。
遅れたことが問題なら不合格でもかまわないが、プレゼンの機会を与えてほしいと言うソルファ。
ユン会長はもう一度部屋に戻った。

ソルファが選んだたった一人のための放送はソクフンのためだった。
ソクフンの境遇を放送したソルファ。
血縁関係のない兄が自分達に出会い、二度と離れられない家族になったと言うソルファ。
失った記憶は取り戻せないか、これから幸せな記憶を作っていけばいつもどこにいても家族の愛を忘れずに帰って行けると言うソルファ。

ユン会長はソルファに家族の愛とはないかと質問する。
ソルファは努力だと答える。
幸せは空から降っては来ないと言うソルファ。
家族間の間にも努力をしなければ愛は存在しないと言うソルファ。

満足して聞いているユン会長。
合格!!!!

ソルファのプレゼンは終わった。
ミニはソルファに嘘が上手だと言う。
ソクフンのことが好きなくせに家族と言ったり、男の力を借りて会社に入ろうとしていると言うミニ。
誰のことを言っているのかと聞くソルファにジュンサンはユン会長の息子だと言う。
ユン会長からソルファの事を頼まれたのだと言うミニ。
ミニはソルファに純情な顔をして2人の男たぶらかしていると言う。

53話

ミニはソルファにジュンサンがユン会長の息子だと教えた。
ミニはジュンサンがあなたを入社させるように頼んだのだと言う。

落ち込んで帰ってきたソルファにプレゼンテーションは上手くいったかと聞くソクフン。

セナは面接が上手くいったと喜んでいる。
社員たちがジュンサンを見て、あの人が会長の息子で、コンテストで優勝して入社してきたのだと噂をしている。
セナはその女子社員にジュンサンが会長の息子なのかと確認する。

セナは店にやってきてジュンサンがPJグループの息子だったと話す。
ジョンドはジュンサンが財閥なのに高慢でないと驚く。
セナはソルファのことが好きなのではないかと言う。
チュジャは財閥の婿ができるかもしれないと喜ぶ。
それを聞いていたソクフンは餃子の生地をたたきつける。
焼きもち?

カプジャはユン会長にソルファの印象を聞く。
家族に愛されて育った明るい感じの女性だと言う。
ユン会長は、ソクフンはあの家族の息子ではなかったと言う。
カプジャはジサンがジョンドたち家族のことをいい家族だと言っていたが、自分の子も捨てる時代に人の子を息子のように可愛がるなんてすばらしいと言う。
ユン会長もソクフンも実の父親でないのに店を出してあげたり、昔のソクフンとは違うと言う。
カプジャはソクフンには何か縁を感じると言う。

ナンソルはジサンが自分の面接よりソルファのことを心配しているので、彼女はあまりいい噂を聞かないから近づくなと言う。

ユン会長はナンソルにソルファの噂について聞く。
ナンソルは、ソルファは、異性関係が良くないと聞いたからジサンやジュンサンと変な噂が立たないように気を付けなければならないと言う。

チュジャはソルファにジュンサンとはどんな関係かと聞く。
何も関係ないと言うソルファに、チュジャはこれから関係を作ればいいと言う。
面白いお母さん!

ジュンサンに呼ばれたソルファ。
ソルファはミニに入社のことを聞いたと言う。
ジュンサンは自分のせいで店がつぶれて、ソルファはクビになって責任を感じたから父親に頼んだのだと言う。
ソルファはそんなことをされると負担だと言う。
ジュンサンはソルファが好きだから、好きな人のためには何でもやってあげたいのだと言う。
ジュンサンはソルファの気持ちはわかっていると言う。
ソクフンが好きなのだろうが兄と思ってほしいと言う。

ジュンサンは自分の気持ちは伝えたから、考えてほしいと言う。
ソルファにネックレスを渡すジュンサン。
ずっと前に渡すつもりだったと言う。

ジュンサンからもらったネックレスを見ているソルファ。
ソクフンが来たので慌てて隠す。
ソクフンはソルファに自分と目を合わせないでおかしいと言う。
ソルファも自分の気持ちがわかったのでしょう

ミンギュに病院に戻れと言うグィジョン。
ミンギュは二度と医者には戻らないと言う。

ジュンサンはミニを呼び出した。
ミニはジュンサンにソルファを不合格にしようとしたのは、自分にも人事権があるし、当事者も採用理由を知っていくべきだと言う。
ジュンサンはメールの送り忘れは責任者であるミニがソルファに連絡するべきだったと言う。
ミニはジュンサンにソルファが好きなのだろうと聞く。
ジュンサンはあたなに関係ないと言う。
ミニはソクフンの横にいるソルファが目障りで、あなたもソクフンが目障りなはずだと言う。
それで汚い手を使ったのかと言うジュンサン。
ミニはジュンサンもいつか私と同じようになるはずだと言う。
そんな性格だから誰にも愛されないのですよ

ジュンサンはミニには興味はないが、ソルファを傷つけるなと言う。
また何かをしたらこれでは済まないと言う。

ソクフンの顔に付いているまつ毛を取ってあけるソルファ。
ソルファの顔が近付いてドキドキするソクフン。

ジョンドはソクフンに借りたお金を返す。
全額ではないが少しずつ返していくと言うジョンド。
ソクフンはお父さんと距離ができたような気がすると言う。
ジョンドは生きるにはお金が必要だからそれで好きなことをしろと言う。

ジョンドは店を貸してくれているカプジャに挨拶に来た。
そのとき車に乗っているナンソルに気付いたジョンド。

54話

ナンソルに気付いたジョンド。
ナンソルの車を追いかけるが、行ってしまったナンソル。

店の客が急にお腹が痛いと言いだした。
ソクフンは診断してアドバイスをしてあげる。

ジョンドはナンソルを見つけてから上の空になった。

グィジョンはカプジャにたくさんのお土産を持ってやって来た。
長男が会社に入ったと聞いたと言うグィジョン
カプジャはいずれ次男も入ると言う。
グィジョンはうちの娘を嫁に欲しがる家が多くて、どうやって選ぼうか悩んでいると言う。この家のような息子さんたちならいいのにと言うグィジョン。
カプジャは呆れている。
嫌われていることに気付きなさい

ソルファに採用通知が届いた。
喜ぶチュジャ。
夜はパーティだと言うチュジャ。

セナは不採用だった。
ソルファは受かったのになぜ自分は落ちたのだと泣きだすセナ。

ソルファはソクフンに会社には入らないと言う。
ジュンサンが入れてくれたからかと聞くソクフン。
ソルファは正直チャンネルPで仕事はしたいがジュンサンの頼みでは行きたくないと言う。
ソクフンはソルファに、最終面接は最善を尽くしたかと聞く。
ソルファは最善を尽くしたと言うと、ソクフンはお前の実力では入れないと思うのかと聞く。
自分の仕事に自信があるなら入れるはずだと言う。

ソクフンは俺のために作った放送なら自分は合格だと言う。
ソクフンはお前が考えたたった一人の人が自分で良かったとお礼を言う。
それは嬉しいですよね~

ジョンドはナンソルを捜していた。

部下のキムを正月も働かせようとするグィジョンにミンギュは自分が集金をするから帰省していいと帰す。

ミニはグィジョンにソルファが会社に入ってくると言う。
ミニはお母さんが私を嫁がせたいと思っているPJの長男が就職させたのだと言う。
グィジョンはカプジャに会ってソルファを遠ざけないといけないと言わなくてはならないと思った。
ミニはソルファの顔を見ると虫唾が走ると言う。
視聴者から見ると虫唾が走るのはあなたのほうです

ソルファはソクフンと一緒に南原で撮影した映像を見る。
映像を見ながら南原の説明をするソルファ。
結んでいた髪のゴムを外すソルファにドキドキするソクフン。
腕が触れ合ってさらにドキドキするソクフン。

帰ってきたジョンドにどこに行っていたのかと聞くチュジャ。
友達と会っていたと嘘をつくジョンド。

ジョンドたちは正月の雑煮を食べる。
息子と一緒に過ごす初めての正月だと言うジョンド。
これからは毎年一緒に食べようと言うチュジャ。

子供たちの食事を作ってあげるために養護施設に行くジョンド。
ナンソルも養護施設に来ていた。
ナンソルはジョンドに気付いた。
ジョンドもまたナンソルに気付いた。

52~54話感想

ミニは本当にいやな女ですね。ソクフンに完全に振られたのにまだあきらめていないのか、反対に復讐しようとしているのかソルファの邪魔ばかりしています。
それにしてもソルファは2人のイケメンからもてて羨ましいです。ソクフンに惹かれるのはわかりますが、ジュンサンの優しさはハンパないです。私なら条件もいいジュンサンを選ぶかもしれません。ジュンサンが私を選んでくれるはずはないのですが(笑)。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください