黄金のポケット-あらすじ-55話-56話-57話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソルファはジュンサンがPJグループの息子で、自分を入社させるためにユン会長に頼んでいたことを知りました。実力で合格したのではないと思い入社するのをためらうソルファに、ソクフンは自分が審査員だったら合格だと励まします。
ジョンドとナンソルは再会しました。ナンソルの探している女の子は誰なのか明らかになりそうです。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

55話

ナンソルはジョンドに抱きつき泣く。
ジョンドも泣いている。
会いたかったと言う2人。

カフェで話をする2人。
以前ナンソルを見かけたけれど車で行ってしまったと言うジョンド。
ナンソルはジョンドが自分の故郷だと言う。
会えたことが嬉しくて泣いてしまうと言うナンソル。

子供の話をする2人。
ナンソルは辛い時はジョンドを思い出していたと言う。
ジョンドは、ナンソルは昔から綺麗で優しかったと言う。
ナンソルは、私は欲深いから優しくないと言う。
ジョンドは無欲な人間はいないと言う。

ジョンドはナンソルにジンジュとは連絡を取っているかと聞く。
ジンジュとは連絡が取れなくなったと言うナンソル。
ジンジュは誰?

ジョンドはジンジュと3人で会える日が来るだろうと言う。
ナンソルは食事に行こうと誘うが、ジョンドは正月から主婦が家を開けてはいけないと言う。
ナンソルは大丈夫だと言うがジョンドは用事があると言う。
ナンソルはジョンドに自分の電話番号を渡した。
ナンソルは再会を喜んでいますがジョンドは微妙ですね

ジュンサンがソルファの家に正月の挨拶をするためにやって来た。
チュジャは大歓迎する。
ジュンサンは前もって連絡をしないで来たことを謝る。
ソルファは父もいないから今日は帰れと言うが、チュジャは私が話したいから邪魔をするなと言う。

ジュンサンに年齢を聞くチュジャ。
35歳と答えるジュンサン。
ソルファとは6歳差だからちょうどいいと言うチュジャ。

ドュナはソルファとはどんな関係なのかと聞く。
ジュンサンはソルファのことが好きだと言う。
ソルファは外で話をしようとジュンサンを連れて行く。

ソルファはジュンサンに仕事をしたいから会社に入ることにしたと言う。
入社をユン会長に頼んでくれて感謝はしているが、ジュンサンの気持ちは負担だと言う。
ジュンサンは自分の気持ちに答えろとは言っていないと言う。
ジュンサンはソルファを見ているだけでいいと言う。
そのうちソルファの心の中に入れるかもしれないと思っていると言うジュンサン。
ジュンサンはずっと苦しかったけれどソルファの顔を見たら楽になったと言う。
本当にソルファが好きなんだと思うと言うジュンサン。
そこまで好かれて羨ましい

ジュンサンは今日は亡くなった人に会いに行ったからつらい一日だと言う。
少しだけ散歩に付き合ってほしいと言うジュンサン。

ナンソルはジンジュの写真を見ながら、ジョンドにジンジュが亡くなったことは言えなかったと言う。
ジョンドには永遠にいい人だと思われたいのだと言うナンソル。

ユン会長が入ってきた。
写真を取り上げ、初めて見る写真だというユン会長。
ナンソルはジュンサンの母親と撮ったものだと言う。
ユン会長はジュンサンの母親は施設で育ったのにどこで知り合ったのかと聞く。
ナンソルは同じ学校だったのだと言うナンソル。
施設で育ったことを内緒にしているのですね

ジュンサンと別れたソルファ。
カフェにいるソクフンを見つけた。
ソクフンはジュンサンと何を話したのかと聞く。
ジュンサンは今日は良くないことがあったようだと言うソルファ。
良くないことって何だと聞くソクフンに人のことに関心があるのかと言うソルファ。

ソルファはジュンサンがなぜ落ち込んでいるのか聞いていないが、何となくわかると言う。
ジュンサンと私は同じ傷を持っていて似ているから理解できると言うソルファ。

ソクフンは気分が悪いから幸せな思い出を作るために協力しろと言う。
ゲームセンターに遊びに行く2人。
もぐらたたきに夢中になり手が痛くなってしまったソクフン。

ソルファは病院に行こうと心配する。
ソルファはソクフンに医師として復帰しなければいけないと言う。
ソクフンは自分がまた医者に戻れると思うのかと聞く。
ソルファは自分の知っている医者の中で一番で輝いていたと言う。
絶対に戻れると言うソルファ。

屋台で一人酒を飲んでいるドュナ。
ミンギュがやってきて一緒に飲む。
ドュナはこの年で仕事もないし結婚もできないと落ち込んでいる。
家が金持ちで医者のミンギュにはこの気持ちはわからないと言うドュナ。
医者と言われて焼酎を一気に飲み出すミンギュ。
また過ちを犯してしまいそう

ジョンドは昔のことを思い出していた。
ナンソルが施設に赤ちゃんを置き去りにするのを見ていたジョンド。

ジョンドはソルファの寝顔を見ながら今日お前の母親に会ったと言う。
事実を話した方がいいか悩んでいるジョンド。
本当のことを知ってソルファを傷つけたくないと考えるジョンド。

翌朝、ミンギュとドュナは一緒に眼を覚ました。
やっぱり~

慌てて家を出て行くミンギュ。
そこにソクフンが帰ってきた。
ソクフンはミンギュに医療ミスのことで聞きたいことがあると言う。

56話

ソクフンはミンギュになぜ自分が医療ミスを起こしたのか知りたいと言う。
ミンギュを責めているわけではないから協力してほしいと言う。
他の患者の記録と間違えた可能性もあると言うソクフン。

ミンギュは本当のことを言わずにソクフンに罪をかぶせたことを後悔している。
ドュナからメールで話があると言われるが、ソクフンの話が気になってしかたがないミンギュ。

ソクフンはソルファにソン次長に病院で撮った映像を見せてほしいと頼んでほしいと言う。
記憶を取り戻すには昔にさかのぼっていくしかないと言うソクフン。

チュジャはジョンドにジュンサンが好きなのはソルファだと教える。
財閥の婿ができるかもしれないと喜ぶチュジャ。

ナンソルはジョンドからの電話を待っているが、かかってこないので連絡先を聞いておけばよかったと後悔する。

グィジョンに食事に誘われるナンソル。
ミニも一緒だった。
ナンソルはグィジョンに奉仕活動を手伝ってくれたお礼を言う。
グィジョンは独身の子供を持つ親同士どこかでつながっているかもしれないと言う。
ナンソルはミニに彼氏はいるのかと聞く。
グィジョンがすぐにいないと答える。

グィジョンは息子さんたちが会社に入ると聞いたと言う。
ナンソルは、長男は外食産業で、次男は放送局だと答える。
ミニに会うかもしれないと喜ぶグィジョン。

ソルファも放送局に入ると聞いたと言うグィジョン。
ソルファには気を付けろと言ったのになぜ入社させるのかと言うグィジョン。
ミニはジュンサンが頼んだのだと言う。
ナンソルはミニになぜそれを知っているのかと聞く。
人から聞いたと言うミニ。
グィジョンはきっとソルファは自分には会社の息子という後ろ盾があると言いふらしているはずだと言う。
ナンソルはミニにこれからも会社の情報を教えてくれと言う。

ソルファとソクフンはソン次長に会いに来た。
病院で撮影した映像を見せてほしいと頼むソクフンに無理だと言うソン次長。
ソクフンは失った時間の中に何があるのか知りたいと頼む。
映像の中に何も見つからないかもしれないが希望が持てると言うソクフン。
すごい事実が見つかるはずです

結局ソン次長は見せてはくれなかった。

以前ソクフンが胆石かもしれないと言った客が大量注文をしにきた。
ソクフンにお礼を言う客。
チュジャはうちの息子は医者だと自慢をする。

ジョンドがカプジャの家に挨拶に行くのに着いて行くソクフン。
ジョンドはカプジャに店を持たせてくれたお礼を言う。
ソクフンはカプジャの体を気遣う。

カプジャは食事の用意をしたから食べていってくれと言う。
カプジャは命の恩人のソクフンをもっと早く招待するべきだったと言う。
ソクフンがジョンドに気遣う様子を見て、カプジャは実の親ではないとわかっているのに敬っていると感心する。
ジョンドにいい息子を持ったと言うカプジャ。
他の3人の娘さんも素敵に育ったのだろうと言うカプジャ。

カプジャの家をあとにしたソクフンとジョンド。
その横を通り過ぎるナンソルとユン会長。

帰ってきたナンソルたちにジョンドとソクフンが正月の挨拶に来たと言うカプジャ。
カプジャはユン会長に、ソクフンが医者を辞めたのが惜しいと言う。
ソクフンが前に進むために手助けをしたいと言うカプジャ。
ユン会長は考えてみると言う。

ジョンドたちが来たことを良く思わないナンソルに、ユン会長はあの家族が気に入らないのだろうと聞く。
ナンソルは自分のいない間に来て不都合があったら困るからだと言う。
ユン会長はソルファのことも気に入らないのだろうと言う。
ジュンサンが好きな女性だから気になるだけだと言うナンソル。
あなたの娘ですよ!

チュジャはソルファの就職祝いにワンピースをプレゼントした。
感激して泣くソルファ。

そのワンピースを着たソルファはチュジャにお礼を言う。
チュジャは今までさんざんソルファのお金を使ってきたと言う。
これからは心を入れ替えて働くと言うチュジャ。
ソルファはチュジャを抱きしめる。

ジョンドはそんなソルファを見ていた。
ナンソルにお前が捨てた子供を拾って育てているとは言えないし、反対にソルファにお前の母親は幸せに暮らしているとも言えないと考える。
このまま自分の子供としていればいいとナンソルの電話番号を握りつぶしてポケットにしまった。
ポケット! 嫌な予感が

ジサンはジュンサンに明日は一緒に出勤しようと言う。
ソルファを乗せてから行こうと思っていたジュンサン。
ジサンは一緒に乗っていくというが、ジュンサンは兄弟だとばれてもいいのかと聞く。
ジュンサンはジサンにこの家の息子だとみんなにばれるのも時間の問題だと言う。
ジサンはばれるまで静かに暮らしたいと言う。

ソルファの初出勤を見送るジョンドとチュジャ。

チュジャは洗濯物の仕分けをしている。
ジョンドのポケットの中から電話番号の書かれたメモを見つけた。

57話

ジョンドにこの電話番号は誰のものかと聞くチュジャ。
ジョンドは紙を取り上げて破く。
ジョンドは野菜の押し売りの電話番号だと言う。

ジサンはバスで出勤することにした。
ユン会長に会社で会っても知らない振りをしてくれと言うジサン。
ジサンに頑張って来いと言うナンソル。
その様子を見てカプジャはジュンサンの初出勤のときとは大違いだと思う。

会社に向かうソルファ。
そこにソクフンが店の仕込みを終えて帰ってきた。
突然ソルファの髪を結び始めたソクフン。
髪飾りを付け可愛いと言う。
頑張って来いと言うソクフン。
ソルファはドキドキしながらお兄さんだと言い聞かせる。

ジュンサンが車で迎えに来た。
ソルファは車に乗り、5分間だけ話をしようと言う。
ソルファは、今は仕事を頑張りたいだけで他のことを考える余裕がないと言う。

ジュンサンは自分の印象を3つ言ってくれと言う。
ソルファはありがたい人、いい人、気を使わない人と答える。
ジュンサンは悪い印象が一つもないと喜ぶ。
そこから初めて4つ目は好きな人になるまで待つと言うジュンサン。
ソルファは自分の横でしたいことをすればいいと言うジュンサン。
少し重いような気もしますが

会社に来たソルファにミニは誰のおかげで入社できたのかプライドもないのかと言う。
ミニもコネだったのでは?

ソルファは入社を断るほどお金の余裕もないと言う。
ミニによろしくお願いしますと頭を下げるソルファ。

ジサンとソルファはチームのみんなに挨拶をする。
ジサンはミニを見てどこかで会ったことがあると言う。
ミニはチーム全員に企画を出すように命じた。

グィジョンは韓国料理店の開店準備を進めている。

ミンギュはソクフンに医療ミスは自分のせいだと告白する手紙を書いている。
それをグィジョンに見つかってしまう。
ミンギュはもう限界だと言う。
グィジョンはそれがばれたらミニの未来がつぶれると言う。
財閥に嫁がせようとしているのに兄が邪魔をするのかと言うグィジョン。
嫁げませんからそんな心配はいらないです

ミンギュは一生罪人のように生きろと言うのかと言う。
グィジョンは、証拠はないから罪にはならないと言う。

ソクフンはまたソン次長に映像を見せてほしいと頼みにきた。
次長はソクフンに映像を渡す。
お礼を言うソクフン。

ソクフンはソルファに映像をもらったと電話をする。
ソルファは自分が撮ったものだから説明をしながら一緒に見ようと言う。
その電話を聞いているミニ。

ドュナは2回も泊まったのに連絡もないミンギュに腹をたてる。
ミンギュを呼び出すドュナ。
ミンギュはドュナに謝る。
ミンギュはドュナとのことより大きな問題が起こってしまったと言う。
ドュナは謝ってもらいたくて呼んだのではないと言う。
ドュナは間違えたことをしてしまったが事故だと思って終わらせようと言う。
ミンギュは勇気がなくて連絡できなかったが逃げたわけではないと言う。
本当のことは言えないと言うミンギュに、もう会わないようにしようと言うドュナ。

ジサンとソルファの企画案はボツにされた。
ミニはジサンにはもっと工夫をしろと言う。
サルファには知識が足りないから明日までに過去5年間の教養番組の中から重複テーマを100個まとめろと言うミニ。
完全なパワハラ!

ジサンは、これは完全に嫌がらせだと言う。
ソルファは今までの番組をまとめたファイルがあるから大丈夫だと言う。

ナンソルはモデルを捜していた。
セナのことを思い出した。
秘書はセナを探してみると言う。

ナンソルはジョンドの連絡先を調べた。

ジョンドはナンソルから電話が来たので慌てて店を出て行く。
チュジャはジョンドの様子がおかしいと後をつける。

ナンソルの指定したカフェに着いたジョンド。
ナンソルはどうして電話をしてくれなかったのかと聞く。
ジョンドは忙しかったと言う。
ジョンドは再会できたことは嬉しいが、もう会うのは止めようと言う。
過去の話をしても意味がないと言うジョンド。
ナンソルはずっと会いたかったと言う。
ジョンドはお前が幸せだとわかったからもういいと言う。
これからは前を見て幸せになれと言うジョンド。

チュジャはカフェにいるジョンドとナンソルを見つけた。

55~57話感想

ナンソルはジョンドに執着しますね~。好きだったのでしょうか。ソルファの父親は誰なのでしょう。
ソルファが入社してきてこれからミニのいじめが始まりそうです。ソルファをいじめたらジサンからの印象が悪くなりますが、それでもいいのでしょうか。
ジュンサンのソルファへの愛は本気ですが、少し重いかもしれません。ミニの言うようにソルファの気持ちがずっと自分に向いてくれなかったらどうなってしまうのか心配です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。