黄金のポケット-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きで最終回まで!


韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソクフンはソルファに対する気持ちを抑えられません。もう兄のままでは嫌なようです。ソルファは兄だと思っているのでしょうか。
ジュンサンはソルファに振り向いてもらいたくて強硬手段に出ました。
ジュンサンはソルファと正式に交際するために許しを願いたいとジョンドに会いに来ました。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

64話

ソルファと正式に付き合いたいと言うジュンサン。
チュジャは付き合うために許可をもらいに来たのかと喜ぶ。
ジョンドは好きな人がいると言っていただろうと言う。
ジュンサンは、それはソルファのことだと言う。

ジュンサンはソルファと結婚まで考えていると言う。
チュジャは大賛成だと言う。
ソルファはジュンサンに2人で話そうと言う。

ソルファはジュンサンをカフェに連れて行く。
自分勝手に両親に話をするなんてそんな人だったのかと言うソルファ。
ジュンサンは、両親は喜んでいたと言う。
ソルファは連絡が取れなくて心配していたと言う。
心配する姿が見たかったと言うジュンサン。

燃え上がるだけが愛ではなく心配する心も愛だと言うジュンサン。
ソルファを愛していると言うジュンサン。
ジュンサンは自分についてきてほしいと言う。
ソルファの気持ちはどうなのでしょう

ソクフンはユン会長に呼ばれた。
ソクフンは番組の監修をやらせてほしいと言う。
ユン会長は自分もそれをお願いするつもりだったと言う。

チュジャはジュンサンが婿になると喜んでいるがセナは相手の家族が許すわけがないと言う。
ソルファはお父さんが外で作った娘だからなおさらありえないと言うセナ。
ドュナはそんなことは言う必要ないと言うが、それは結婚詐欺だと言うセナ。

ソクフンはソルファにスノードームを買ってきた。
ソクフンは監修の仕事をすることになったとチュジャに報告する。
チュジャはソクフンにジュンサンが来てソルファとの交際を認めて欲しいと挨拶に来たと言う。
驚くソクフンにとてもめでたいことだと喜ぶチュジャ。
チュジャはソクフンに力になって欲しいと言う。
そんなことに力は貸せません!

モデルの打ち合わせが終わり帰るセナに会ったジサン。
キャスターに不合格になって残念だと言うジサン。
あれは落ちたのではなく断ったのだと言うセナ。
これからはモデルだと言う。
セナのつけていたマフラーの毛糸がジサンに引っ掛かりがほどけてしまった。
買って弁償すると言うジサンに母の手づくりだと言うセナ。
ジサンは自分が編み直すと言い、マフラーを預かった。
編む姿を見てみたい

家に帰ったジュンサンは祖母にソルファの家に挨拶に行って来たと報告する。
ナンソルは私たちに会わせてもいないのに行ったのかと言う。

帰ってきたソルファにソクフンはお前もジュンサンのことが好きなのかと聞く。
ソルファはまだわからないと言う。
わからないのに挨拶に来させたのかと聞くソクフン。
ソルファはジュンサンといると気持ちが楽だと言う。

ソクフンはジュンサンには会うなと言う。
お前の本当の気持ちがわからないなら会うなと言う。

ソルファはソクフンからもらったスノーボールを見て雪のようにまっさらになれたらいいとつぶやく。

ミニはソクフンに医療番組の監修の件で電話をする。
今日はミーティングがあると伝えるミニ。

ナンソルは家政婦が休暇を取ったので代わりの家政婦が来るのを待っている。
そこにソルファのことで挨拶に来たチュジャ。
ナンソルはチュジャを家政婦だと誤解する。
料理や掃除をしておいてくれと言い仕事に出かけてしまうナンソル。

家政婦だと勘違いされたとわかったチュジャだが、ソルファのためにと思い家事を始める。

ジュンサンは昼食にソルファを呼び出した。
ソルファはジュンサンに付き合う自信がないと言う。
誰かを傷つけてしまいそうだと言うソルファ。
自分のせいでジュンサンは苦しむし、終わりが見えると言うソルファ。
今まで好きでいてくれてありがとうと言うソルファ。

ジュンサンに別れを言い、道路を渡ろうとするソルファ。
急に胸が痛くなり歩けなくなった。
その時オートバイが走ってきた。

ソルファを守るため道路に飛び出してきたジュンサン。

65話

ジュンサンはオートバイからソルファを守るために飛び出した。
そのときソクフンもソルファに気付き走ってきたが、ジュンサンのほうが早かった。
ジュンサンはソルファを抱えて一緒に倒れる。
走ってきたソクフン。

ジュンサンを病院に連れてきたソクフン。
骨折はしていないが肩を痛めてしまったジュンサン。
ソクフンはソルファを助けてくれてありがとうとお礼を言う。

ジュンサンは監修の話を聞いたので今後は会社でも家でも会う機会が増えるだろうと言う。
本当はお互い会いたくないのでしょうね

打ち合わせのために会社に向かうソクフン。
ソルファはジュンサンを病院に1人置いておけないからここに残ると言う。

ソルファはジュンサンに私のために怪我をしたと言う。
こんな私のためになぜ良くしてくれるのかと涙を流すソルファ。
ジュンサンは、ソルファは自分の人生を変えてくれた人だと言う。
自分のそばにいてほしいと言うジュンサン。

チュジャはやるなら完璧に掃除してやるとナンソルの家を綺麗にしている。
そこにカプジャが帰ってきた。
カプジャにソクフンの母だと挨拶するチュジャ。
何をしているのかと聞くカプジャ。

カプジャは間違えたといえお客様に家事をやらせるなんて申し訳ないと言う。
チュジャは気にしないでくれと言う。

そこにナンソルが帰ってきた。
チュジャが掃除した台所や持ってきた料理を見て、なかなかできる家政婦だとつぶやくナンソル。
カプジャの部屋にいたチュジャを見て、カプジャに新しく来た家政婦だと言うナンソル。
カプジャはナンソルにお前の間違いでソクフンの母だと言う。

ナンソルはチュジャに間違えてしまったことを謝る。
本心は自分を無礼者にしたと怒っている。
あなたが勝手に間違えたのだからしかたないでしょう

カプジャはチュジャにジュンサンがソルファのおかげで明るくなったと言う。
チュジャは娘だけは自慢だと言う。
カプジャはジュンサンが好きになった女性だから素晴らしいのだろうと言う。
チュジャはジュンサンが婿になってくれたら嬉しいと言う。

病院から帰るジュンサンを送って行くと言うソルファ。
ジュンサンが心配でジサンが駆けつけた。
兄さんと呼ぶジサンにどんな関係なのかと聞くソルファ。
ジュンサンは、ジサンは自分の弟だと言う。
ジサンは自分が口止めしたのだと言う。

気が付かなかった自分が馬鹿だと怒って帰るソルファ。
追いかけるジサン。
ジサンは家のことは言いたくなかったと言う。

ジサンはソルファにお願いがあると言う。
兄を幸せにしてあげてくれと言うジサン。
プレッシャー!

帰りに偶然会ったソルファとソクフン。
ソルファはソクフンにジュンサンと付き合うことにしたと言う。
ジュンサンは私よりずっと傷ついてきた人だから放っておけないと言うソルファ。
ソクフンは愛していないのに一緒にいるのかと聞く。
ソルファはゆっくりとジュンサンのことを好きになっていくと言う。

ソクフンは俺のことはどう思っているのかと聞く。
嫌いかと聞くソクフン。
ソルファは兄として好きだと言う。
家族でないとわかってもうちに来た日から兄さんだと言うソルファ。

ソクフンは俺の前でジュンサンの話はするなと言う。

家に帰ったソルファはチュジャたちに自分のせいでジュンサンが怪我をしたと言う。
チュジャはそのせいでソルファのことを悪く考えないかと心配する。

翌日ジョンドとチュジャはジュンサンの家に行った。
ジョンドはジュンサンにソルファのせいで怪我をしてすまないと謝る。
ジュンサンが怪我をしているのを知らないカプジャは驚く。
とりあえず座ってくれと言うカプジャ。

ユン会長とナンソルも部屋から出てきた。
ナンソルとジョンドは顔を見てお互い驚く。

66話

ユン会長はジョンドに挨拶をする。
ジュンサンはジョンドたちをソルファの両親だと紹介する。
ナンソルははじめましてと挨拶をする。

お茶を運んできたナンソルは動揺してお茶をこぼしてしまう。
ジョンドは店を開ける時間だから帰ると言う。
チュジャを置いて先に家を出て行くジョンド。
追いかけるチュジャ。

チュジャは、ユン会長はいい人だがナンソルはおかしな人だと言う。
幽霊でもみたように真っ青だったと言うチュジャ。

ソクフンはユン会長に呼ばれた。
ユン会長は今朝ソクフンの両親が家に来たと言う。
今後は会う機会が増えるだろうと言う会長。

ユン会長はミニや社員たちに医療番組の監修をしてくれる先生だとソクフンを紹介する。
ミニにいい番組を作ってくれと言うユン会長。
ユン会長はミニに番組は新しく採用したPDに担当させろと言う。

ナンソルはジョンドを呼び出す。
ナンソルは、さっきは初対面の振りをして悪かったと言う。
実は夫も義母も自分が養護施設で育ったことを知らないのだと言う。
両親を早く亡くしたと思っていると言うナンソル。

ジョンドは、ジュンサンはお前の子供ではないだろうと聞く。
ジュンサンは前の奥さんの子供で、次男は自分の子供だと言うナンソル。
ナンソルは子供のころジョンドにいつも助けてもらっていたから会いたかったけれど、こんなことになるなら会わなければ良かったと言う。
ナンソルはジュンサンとソルファを交際させないで欲しいと言う。
ジョンドは自分の保身のために反対するのかと聞く。
ジョンドは自分もソルファとジョンさんは交際は駄目だと思うと言う。

ジョンドはナンソルにソルファに会ったかと聞く。
会ったと答えるナンソルにどうだったかと聞くジョンド。
なぜそんなことを聞くのかと言うナンソル。
あなたの娘だからです!

それには答えず2人を別れさせようと言うジョンド。

グィジョンはカプジャに会いに来た。
長男が怪我をして入院しているだろうと聞く。
ジュンサンは入院していないと言うカプジャ。

グィジョンはソルファを助けるためにジュンサンが事故にあったのだと言う。
一つ間違えたら死んでいたかもしれないと言うグィジョン。
ソルファは男を誘惑して骨抜きにしてしまうのだと言う。
トラブルばかり起こす子で家族も悪い噂しか聞かないと言うグィジョン。

カプジャはそんな人たちには見えないと言う。
そんな風に見える詐欺師はいないと言うグィジョン。
あなたはかなりの悪者に見えますよ

ミーティングでソルファは新しい企画を出す必要があると提案する。
ソクフンは新企画をだしてくれたら医療の面で助けると言う。
ミーティングが終わりすぐに帰ろうとするソクフン。
追いかけてきたソルファは怒っているのかと聞く。
会社だからだと言うソクフン。

そこにジュンサンが来た。
ジュンサンはソルファに会いに来たと言う。
ソクフンはソルファに先に帰ると言う。

ジュンサンと食事に行くソルファ。
肩を痛めているせいでステーキが上手く切れないジュンサン。
ソルファが切ってあげる。
フォークも持てないと言う甘えるジュンサン。
左手で持てというソルファ。
ジュンサンも甘えたいのですね~

グィジョンから話を聞いたカプジャはジュンサンに電話をする。
今からソルファを連れて来いと言うカプジャ。
ソルファは行くことにした。

ミンギュはドュナに会いたくて家の前にいる。
会いたいと泣くミンギュ。
それを聞いていたドュナ。

ミンギュはドュナに家を出たと言う。
お腹をすかせているミンギュを店に連れて行くドュナ。
ドュナはもう会わないと決めたのにそんなみすぼらしい姿で現れるなと言う。

その時ジョンドが店に入ってきた。
あわてて隠れるドュナとミンギュ。

ジョンドは酒を飲み始めた。

ソルファを連れてきたジュンサン。
カプジャに挨拶するソルファ。
ソルファはまずは自分のせいでジュンサンに怪我をさせてしまったことを謝る。
カプジャはそのことを隠したら追い返そうと思っていたと言う。

お茶を入れてくると言うジュンサン。
自分が入れると言うソルファ。

ソルファは果物を切って盛り付ける。
そこにナンソルが帰って来た。
ここで何をしているのかと怒鳴るナンソル。

64~66話感想

ジュンサンの強引な押しと周囲の意見でソルファはジュンサンと付き合うことにしました。それがソクフンには耐えられないようです。可哀想ですが、親思いのソルファにとってはソクフンを兄だと思うしか仕方ありません。
次回からジョンドとナンソルのせいで反対されることになる2人ですが、ソルファとジュンサンには悪いところがないので駄目だと言う理由を探すのは大変そうです。





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください