黄金のポケット-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソルファはジュンサンが自分と同じように心に傷を持っていることがわかり、ジュンサンの気持ちを受け入れることにしました。それを聞いたソクフンは自分のことはどう思っているのかと聞きますが、お兄さんだというソルファ。両親が息子のように思っているソクフンだから両親を傷つけたくないのでしょうね。
ナンソルはソルファが自分の娘だと知らずに、ソルファに冷たく当たります。今回もどんなひどい仕打ちをしてくるのでしょう。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

67話

台所にいるソルファに何をしているのかと怒り出すナンソル。
カプチャが来たので急に態度を変えるナンソル。

カプチャたちとお茶を飲むソルファ。

カプジャはソルファが肩を痛めているジュンサンに気遣う姿を見て感心する。
ソルファに2人の相性を占ってもらうために生年月日を聞くカプチャ。

店で酒を飲んでいるジョンドが帰ったので隠れていたミンギュとドゥナが出て来た。
ミンギュはドゥナにここに泊まってもいいかと聞く。

ソルファを家まで送るジュンサン。
ジュンサンはソルファに自分の頼みを聞いてくれてありがとうと言いソルファを抱きしめる。
それを見ていたジョンド。

帰って来たソルファにジョンドはジュンサンとは別れろという。
家の格が違いすぎると言うジョンド。
納得しないチュジャは絶対ソルファとジュンサンを結婚させると言う。

ユン会長はカプジャにソルファの印象を聞く。
カプジャは一度ではわからないが悪くはなかったと言う。
もっといい家柄の娘もいるから急いで結論を出すのは止めようと言うユン会長。
カプジャはソルファのことが気に入ったようだ。
ナンソルの娘でもいいのでしょうか

ソクフンはソルファがジュンサンを好きになるようにすると聞いて落ち込み酒を飲んでいる。
酔って帰って来たソクフンを部屋に運ぶソルファ。
ソクフンはソルファに自分が寝るまでそばにいてほしいと言う。

グィジョンはミニにソルファのせいでジュンサンが怪我をしたことを教える。
だからあの家はソルファを遠ざけるはずだと喜ぶ。
反対に呼びました

ナンソルの部屋に入ったジサンは宝石箱の中に入った写真を見つけた。
ジサンはナンソルにこの人たちは誰かと聞く。
あわてて写真を取り返そうとするナンソル。
そこにユン会長が入って来た。
写真を見せてくれと言う。

ユン会長はこの男だと言う。
ソルファの父親を見たことがあると思っていたが、この写真の男に似ていると言う。
ナンソルは似ていないとごまかす。
本人ですから似ているどころではありません

ナンソルはモデルに採用したセナがジョンドの娘でソルファの妹だと知った。
セナを呼ぶナンソル。
ナンソルはセナに履歴書を見て聞きたことがあると言う。
セナは姉妹の名前のことでしょうと聞く。
2番目のソルファは母親が違うと言うセナ。
ナンソルはセナに言いにくい話をしてくれてありがとうと言う。
ソルファはジョンドが外で作った子供だと思い込むナンソル。

ナンソルはソルファを呼び出す。
ジュンサンには言うなと言うナンソル。

待ちあわせのカフェに行ったソルファにナンソルはずうずうしい女だと言う。
あなたの噂を聞いていたけれどこれで納得したと言う。
出生のことを隠してジュンサンと結婚するつもりだったのかと言うナンソル。
うちを甘く見ているのかと怒鳴るナンソル。

68話

ナンソルはソルファに出生のことを隠してジュンサンと結婚するつもりだったのかと聞く。
ソルファは隠すつもりはなく、いずれ話すつもりだったと言う。
ナンソルはジュンサンと別れないのかと聞く。
ジュンサンと似た者同士だから気が合うのかと言うナンソル。
ジュンサンを悪く思わないでほしいと言うソルファ。
ナンソルはジュンサンと自分の間にはあなたの知らない事情があるのだと言う。

ナンソルはセナとCMの契約はしないことにした。
家に帰って来たセナはソルファにあなたのせいでCMの契約がなくなったと怒る。
セナはなぜいつも自分の邪魔をするのかと言う。
帰って来たジョンドはソルファのせいにするのは止めろとセナを怒る。
ソルファにもいつも我慢ばかりするのは止めろと言うジョンド。

チュジャは出生のことがジュンサンの家族にわかったら大変だと言う。
ソルファはもうナンソルに呼び出され結婚に反対されたと言う。
その言葉を聞いたジョンドは外で産まれた子だから別れろと言われたのかと聞く。
ソルファはそれでも別れないと言う。

ジョンドはそこまで言われて別れないのかと言う。
ソルファは、最初はジュンサンと付き合うつもりはなかったが、ジュンサンはこんな私を理解してくれたから付き合うことにしたのだと言う。
チュジャは何か言われたら私が言い返してやると言う。
頼もしいです

その会話を聞いていたソクフン。

ソルファに会いにきたジュンサン。
ソクフンは、ソルファは今会いたい気分ではないと言う。
ジュンサンはソクフンに話をしようと言う。

カフェにいった2人。
ジュンサンはまだあの家にいるのかと聞く。
ソクフンは家族だからだと言う。
ジュンサンはソルファが会う気分ではないと言ったのも兄としての忠告かと聞く。

ジュンサンは、今後は自分たちのことに干渉しないでほしいと言う。
ソクフンは干渉しないでくれと言うならソルファを傷つけるなと言う。
あなたの母親がソルファに何を言ったのか知らないのかと言うソクフン。
ソルファのことを守れないなら別れろと言うソクフン。

カプジャはジュンサンとソルファを占ってもらった。
相性がいいという結果に喜ぶカプジャ。

家に帰ったジュンサンはナンソルに話があるという。
ジュンサンはソルファに何を言ったのかと言う。
口の軽い女だというナンソル。
ナンソルは別れろと言ったのだという。
ジュンサンは何の権利があってそんなことを言うのかと怒る。
あなたが私のことをお母さんと呼んでいる権利だというナンソル。

ナンソルは外で作った女はこの家の嫁にはなれないという。
いすれ夫もカプジャも反対するはずだというナンソル。
だから施設育ちを隠しているのですね

ジュンサンはどんなに反対されてもソルファとは別れないと言う。
2度とソルファを傷つけるなと言うジュンサン。

ソクフンはソルファにジュンサンが来たが帰らせたと言う。
あいつの母親にひどいことを言われたのだろうと言うソクフン。
ソルファは自分がなんとかするから大丈夫だと言うが、ソクフンはお前が傷つくのは嫌だと言う。
もっと嫌なのはジュンサンと一緒に笑うお前を見るのが嫌だと言うソクフン。

ソルファは知らない振りをしているのにあんなことを言わないでほしいとつぶやく。
我慢しているのですね

ジサンはセナのマフラーを修繕して返した。
自分が編み直したと言うジサン。
そしてお詫びだと言いスカーフをプレゼントするジサン。

ドゥナは店で寝泊まりしているミンギュのために布団や漫画を運ぶ。

ドゥナはミンギュにあなたが医療ミスをしたことはソルファしか知らないと言う。
ソクフンに恩返しをすると言うミンギュ。
遺族に支払った補償金も働いてソクフンに返すと言うミンギュ。
兄はいくら払ったのかと聞くドゥナに17億ウォンと答えるミンギュ。
約1億7000万円!!!

ミンギュは宅配の仕事も始めたからお金も貯まったとドゥナに通帳を見せる。
通帳の中の金額は17万ウォンだった。
いつになるやら

ジュンサンはソルファに会いに来た。
母親に会ったことをなぜ言わなかったのかと言うジュンサン。
ソルファは、おかあさんは間違ったことは言っていないと言うソルファ。

ジョンドはナンソルを呼び出した。

ユン会長はジョンドと話しているナンソルを見かける。

ジョンドはナンソルになぜソルファに会ったのかと聞く。
ジュンサンの母親として会ったのだと言うナンソル。

ナンソルは自分のことを軽蔑しているようだけれど自分もジョンドに失望したと言う。
愛する人と幸せになると思っていたのに外で子供を作りなんて変わったと言うナンソル。
ジョンドは、お前はしてはいけないことをしたのだと言う。
ソルファがどれだけ傷つくか考えないのかと言うジョンド。
ナンソルは最初から気に入らなかったけれど、あなたの娘はずぶとい神経だと言う。
ジョンドはソルファが誰かわかっているのかと怒鳴る。

69話

ジョンドは、ソルファはお前の娘だと言いそうになるが抑える。
ジョンドは世界中の人がソルファを悪く言ってもお前だけはダメだと言う。
ナンソルはあなたの大切な娘かもしれないが、うちでなくても誰もが反対するはずだと言う。
うちに関わりにならなければソルファを悪く言うこともなかったと言うナンソル。
ジョンドはソルファの名前を呼ぶ資格はお前にはないと言う。

ナンソルと別れたジョンドは昔のことを思い出していた。
高校生のときソルファは自分の娘で幸せだと言ってくれたから死ぬまで自分の娘だと思うジョンド。

ユン会長はナンソルに誰に会っていたのかと聞く。
仕事関係の人だと嘘をつくナンソル。
ユン会長はソルファの父親は仕事関係なのかと聞く。

ナンソルは実はソルファの妹をモデルにしたのだと言う。
撮影現場に父親が来たので話をしていたのだと誤魔化す。
ナンソルはユン会長にソルファはかなり問題がありそうだと言う。
母親が違うようで、父親にも会ったから別れるように話したと言う。
ユン会長は、ジュンサンはそのこと知っているのかと聞く。
知っていると言うナンソル。

ミニはソルファにソクフンとジュンサンのどっちが好きなのかと聞く。
そんなことは会社で話すことではないと言うソルファ。
そこにユン会長が通りかかった。
ミニに労いの言葉をかけるがソルファを無視するユン会長。
ナンソルの嘘に騙されるなんてなさけない

チュジャはカプジャの家に来た。
チュジャが作った手土産の料理が気に入ったカプジャ。
この料理は嫁が大好きだと言うカプジャ。
ソルファも好きなのだと言うチュジャ。

そこにグィジョンも遊びに来た。
お互い顔をみて驚く。
カプジャは、2人は知り合いだったのかと聞く。
チュジャが話し出す前に、息子と娘が同級生なのだと言うグィジョン。

グィジョンは机の上にあったソルファとジュンサンの占い結果が書いてある紙を見つけた。
カプジャに最近書道も始めたのかと聞くグィジョン。
すてきは詩だと言うグィジョン。
大爆笑!

チュジャはソルファの名前が書いてあるようだと言う。
カプジャはソルファとジュンサンを占ってもらったのだと言う。
なぜ占ってもらったのかと聞くグィジョンに2人が交際しているからだと言うカプジャ。

チュジャは占いの結果はどうだったのかと聞く。
運命の相手だと言われたと言うカプジャ。
グィジョンはこんな占いは信じないと言う。
カプジャはソルファがジュンサンを気遣う姿は微笑ましかったと言う。
チュジャは結婚したらソルファはもっと尽くすはずだと言う。

カプジャの家から出て来た2人。
チュジャは笑いが止まらない。
あなたの娘とここの息子を結婚させたいからソクフンのことを隠しているのだろうと言うチュジャ。
チュジャは暴露するのは下品だから黙っていてあげると言う。
今までやられっぱなしだったけれどこれからはそうはさせないと言うチュジャ。
お金もないくせに財閥と結婚できると思っているのかと言うグィジョン。
ジュンサンはソルファにぞっこんだと言うチュジャ。

ジュンサンから花束が届いた。
ユン会長の息子と付き合っているのかと同僚からからかわれるソルファ。

ユン会長に呼ばれたジュンサン。
ナンソルからソルファの出生を聞いたと言うユン会長。
ジュンサンは家族には何の問題もないと言う。
ソルファは愛されて育ったと言うジュンサン。
ユン会長はそれでも周囲の目があると言う。
ジュンサンは絶対にソルファとは別れないと言う。

ミニはソルファの企画をボツにしようとした。
ソクフンはいいアイディアだと言う。
ミニはソクフンに、ソルファに味方するために会社に来たのかと聞く。
ソクフンはミニにきちんと企画書を読んでいればそんなことは言わないはずだと言う。
企画書の素晴らしさを理解できないのかも

ソルファたちは親睦会をすることになった。
飲めないソクフンのかわりに酒を飲むソルファ。
ミニや同僚にすすめられるまま何杯も飲むソルファ。

ジサンはソルファを迎えに来た方がいいとジュンサンに電話をする。

酔ったソルファを連れて帰ろうとするソクフンにジサンは今兄が迎えに来ると話す。
ソクフンは自分が連れて帰ると言い、ソルファをタクシーに乗せる。
それを見ていたジュンサン。

走り去ったタクシーを見ているジュンサン。
ミニはジュンサンに一足遅かったと言う。
ミニは、ソルファはずっとソクフンを見ているのに本当にジュンサンのことが好きなのかと聞く。

ソクフンに背負われ帰るソルファ。
ソルファは自分の気持ちもあなたの気持ちも最後まで知らない振りをしてくれと言う。
私を見ないでくれと言うソルファ。

67~69話感想

ソルファは、本当はソクフンが好きなのでしょう。しかし好きになってはいけない相手だから気持ちをジュンサンに向けるようにしているようです。たしかにジュンサンの愛情はソルファには居心が良さそうです。
また今回もナンソルは嫌な性格でした。ソルファの父親は誰なのでしょう。ソルファはきっと父親似なのでしょうね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください