黄金のポケット-あらすじ-70話-71話-72話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-70話-71話-72話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ナンソルはソルファが自分の娘とは知らずにソルファにきつく当たります。ジョンドはお前だけはソルファを悪く言っては駄目だと言うのですが、ナンソルは相変わらずソルファを悪く言います。
ソルファが、ジョンドが外で作った娘だということでユン会長もジュンサンの相手としてはふさわしくないと考えるのですが、ジュンサンは絶対にソルファとは別れないと言います。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

70話

酔ったソルファを背負って帰るソクフン。
ソクフンはソルファになぜそんなに飲んだのかと聞く。
兄さんが私を見ているからだと言うソルファ。
最後まで兄さんの気持ちも自分の気持ちを気が付かない振りをすると言う。
だから兄さんも私を見ないでと言うソルファ。

その2人の姿を見ているジュンサン。

ジュンサンはソクフンを呼び出した。
ジュンサンはソクフンに兄の振りをして男としてソルファを見ているではないかと言う。
ソクフンはそれがいけないのかと言う。
ソルファが好きだから横にいるのだと言うソクフン。

ジュンサンはソクフンを殴る。
ジュンサンはソクフンに卑怯者だと言う。
ソクフンは殴られて目が覚めたと言う。
ソルファの兄を止めようかと言うソクフン。

ソクフンは相手の心を知っていて繋ぎとめるほうが卑怯だと言う。
もう一度殴ろうとするジュンサン。
その腕を掴み二度と殴られないと言うソクフン。

ソクフンはジュンサンに、ソルファをそばに置きたいなら傷つけるなと警告したはずだと言う。
自分も黙っていないと言う。

カプジャからチュジャが手作りのキムチを持ってきたと聞いたナンソルは気にくわない。
いつも連絡なしに来るのが嫌だと言うナンソル。
カプジャは気さくな人だからだと言う。
確かに!明るくて気さくです

ナンソルはユン会長にジュンサンに別れるように言ったのかと聞く。
言ったがジュンサンは別れないと言っていたと言うユン会長。
カプジャも気に入っているから今のうちに別れさせなければいけないと言うナンソル。
ユン会長はなぜそこまで別れさせようとするのかと聞く。
ナンソルはカプジャもソルファの出生を知ったら落胆するはずだと言う。

ジュンサンはジョンドに会いに来た。
ジョンドはジュンサンに家の格差があるからソルファと別れてくれと言う。
家のことは家族も問題にしていないと言うジュンサン。
ジョンドは自分が問題なのだと言う。
これ以上ソルファが傷つくのが耐えられないと言う。

ジュンサンはジョンドに母に何か言われたのかと聞く。
ジョンドはただ嫌なだけだと言う。

翌朝ソルファはソクフンの顔に傷があるので驚く。
ソクフンはお前を背負って転んだと言う。
ソルファは家に着くまで転んでいないはずだと言う。
覚えているのかと言うソクフン。

ソルファはどうやって帰って来たか覚えていないと言う。
ソクフンは嘘が下手くそだと言う。

ドュナは宅配の仕事をしているミンギュに弁当を届ける。
ミンギュは弁当を作ってもらったのは初めてだと喜ぶ。
ドュナのおでこにキスをするミンギュ。
喜ぶドュナ。
ミンギュはイキイキとしていますね~。医師を辞めて良かったようです

グィジョンはミニにカプジャの家でソルファの母親に会ったと言う。
あの家はソルファのことを認めたのかと聞くミニ。
それどころかカプジャがソルファとジュンサンの相性まで占ってもらっていたと言うグィジョン。
ミニは、自分は結婚しなくてもいいがソルファがPJの嫁になるのは許さないと言う。

ミニはナンソルに会いに行った。
ミニはナンソルにジュンサンからソルファに花束が届いたので会社でも2人の仲はみんなに知れ渡ったと言う。
ソルファが自慢したい気持ちはわかると言うミニ。
会長の息子の恋人ならソルファに対する周囲の目が変わると言うミニ。

ミニは相手が相手だから慎重になるべきなのにソルファは配慮に欠けていると言う。
ナンソルはミニに付き合っている人はいるのかと聞く。
いないと答えるミニ。
ナンソルはジュンサンの相手にはソルファよりコントロールできるこの程度の女がいいと考える。
かなりしたたかですよ~

ジュンサンはソルファに家のことは自分が解決するから手を離さないでくれと言う。
ソルファは努力してみると言う。

番組の企画でソクフンと大韓病院に行くはずだったソルファに外食事業部が行う児童施設へのイベントの撮影に行けと言うミニ。
ジサンはそれを聞いてジュンサンにソルファがイベントに行くとメールをする。

イベントで子供たちにピザを配るジュンサンたち。
ソルファはそれを撮影する。
撮影中にソルファのポケットから落ちた指輪を拾ったジュンサン。
ソルファに渡すと助かったと言うソルファ。
大切なものかと聞くジュンサンに私にとっては大切だと言うソルファ。
ジュンサンは誰からもらった指輪か気になるでしょう

ソクフンにソルファはイベントに言ったので病院には私が行くと言うミニ。
ソクフンはソルファの仕事が終わるまで待つと言う。
ミニは、責任者は私だと言う。
ソクフンはソルファの企画だし、あなたはこの企画に否定的だったと言う。
ミニはだから私の賛同を得るためにも自分の目の前で交渉に成功して見たらどうかと言う。

ナンソルは児童施設に寄付を届けにきた。

ソルファは電話にでるためにポケットに手を入れた。
また指輪が落ちてしまった。
大切なものをまた落とすなんて!

落ちたことに気付かないソルファ。
そこにナンソルが通りかかった。
ソルファになぜここにいるのかと聞くナンソル。
イベントの撮影のために来たと言うソルファ。
ナンソルはジュンサンと一緒に来たのかと聞く。

ナンソルは別れろと言ったのに仕事を言い訳にジュンサンに会っているのかと言う。
会社でも噂を流しているようだけれど痛い目にあいたいのかと言うナンソル。
ソルファは自分のことは気に入らないかもしれないが見守ってほしいと言う。
ナンソルは顔も見たくないのにここで会うとは嫌気がさすと怒って行ってしまう。

ソルファは泣き出す。
その姿を見ているナンソル。

ソルファは指輪に気付かず帰ってしまった。

施設の女性が落ちている指輪を拾いナンソルの物ではないかと追いかけてきた。
その指輪を見て驚くナンソル。

71話

ナンソルは渡された指輪を見て驚く。
どこにあったのか聞くナンソル。
廊下に落ちていたと言う女性職員。
ナンソルは女性職員この指輪を捜している人がいたら自分に連絡をしてほしいと頼む。

ジュンサンはナンソルを見つけた。
なぜここにいるのかと聞くジュンサン。
ナンソルは奉仕活動だと言う。

ジュンサンはナンソルに話があると言う。
そこにソルファが来た。
ナンソルはソルファの前で私に恥をかかせるつもりかと言う。
ジュンサンはなぜソルファを呼びつけたりソルファの父親に会ったりするのかと言う。
ソルファはジュンサンを止めに入るが、ナンソルはそんなことをするから嫌いだのだと言い怒って帰っていく。

ジュンサンはソルファが耐えるのは嫌だと言う。
ソルファは、これからは嫌なときは嫌だと言うからお母さんと喧嘩をしないでくれと言う。

ソルファは指輪がないことに気付いた。

家に帰ったナンソルは指輪を見つめる。
その指輪は施設の前に捨てた娘に渡したものだった。
施設に来たということは娘も私を捜しているのかもしれないと思うナンソル。

ソルファは指輪を捜す。
ジュンサンにあの指輪は母の形見だと言うソルファ。

ソクフンたちは会議をする。
ソルファが戻らないことを気にするソクフン。
同僚はジュンサンと一緒だから遅いのだろうと冷やかす。
一緒だとなおさら心配ですよね~

家に帰ったミニはグィジョンに、ナンソルに彼氏がいるのか聞かれたと言う。
グィジョンはそれを聞かれたと言うことはあなたを嫁にしたいということだと喜ぶ。
グィジョンはあの家の嫁になれると喜ぶグィジョン。
思い込みがはげしすぎる(笑)

ソルファとジュンサンはずっと指輪を捜し続けている。
施設の中をもう一度探すことにした。
そこに指輪を拾った女性職員がやってきた。
指輪の落し物はなかったかと聞くソルファにどんな指輪かと行く職員。
赤いルビーの指輪だと言うソルファ。

職員はナンソルに電話をする。
指輪を捜しに来た女性が来ているが、どうしたらいいかと聞く職員。
ナンソルはすぐに行くと答える。

施設に到着したナンソルは指輪を捜しているの相手がソルファだと知り驚く。
ソルファはナンソルに持ち帰った指輪が私のものかもしれないので連絡してもらったと言う。
ソルファは指輪にはイニシャルが刻印されていると言う。

ナンソルは指輪を出し、これかと聞く。
私の指輪だと言うソルファ。
ナンソルはもう一度あなたの物かと確認する。

ジュンサンはなせお母さんが持ち帰ったのかと聞く。
私の物と似ていたと言うナンソル。

ふらつきながら帰るナンソル。
ナンソルはそんなはずがないと言う。
歩けないナンソルに大丈夫かと声をかけるソルファ。
ソルファは遅い時間なのに来てくれたお礼を言う。
ソルファは自分にとってはとても大切な指輪だと言う。
どうしてその指輪が大切なのかと聞くナンソル。
ソルファはお母さんが残してくれたものだと言う。

ナンソルはソルファに年齢を聞く。
29歳だと言うソルファ。

車に乗ったナンソルはソルファが私の娘だったなんてありえないとつぶやく。
ジョンドの言っていた言葉を思い出す。
大声で泣き出すナンソル。
だからソルファにきつくあたると後で後悔することになると言ったのですよ

ナンソルはジョンドの店にやってきた。
泣きながらナンソルは、ソルファは私の娘だろうと聞く。
私の娘のソルファがなぜジョンドの娘になっているのかと言うナンソル。
ジョンドは出て行けと言う。
ソルファは私の娘でしょうと言うナンソルに違うと言うジョンド。

ナンソルはあの子が持っている指輪は養護施設に捨てた時に私が入れた指輪だと言う。
ジョンドはお前の見間違いだと言う。
ナンソルはソルファに母親が誰なのか聞きに行くと言う。

ナンソルは私が母親だと言いに行ってもいいと言う。
ジョンドはソルファに話したら許さないと言う。
ナンソルはやはり私の娘なのかと聞く。
ジョンドはそうだ、お前の娘だと言う。
お前が捨てて俺が育てたと怒鳴るジョンド。

ソクフンは2人の会話を聞いていた。

72話

ジョンドはナンソルに、ソルファはお前が捨てて、俺が育てたと言う。
ジョンドはまさかソルファに話したのかと聞く。
言えなかったと言うナンソル。

ジョンドは何も言うなと言う。
ナンソルは自分がどれだけ娘を捜していたかわかるかと言う。

ジョンドは自分のことも捜していたくせに初対面の振りをしたお前が家族に娘のことを言えるのかと言う。
ソルファは自分の娘だからお前は自分の家族を守れと言う。
ソルファにも会うなと言うジョンド。

ナンソルは泣き崩れる。

ナンソルとジョンドの会話を聞いてしまったソクフン。
ソルファが帰ってきた。
ソルファはソクフンに大切なものをジュンサンのお母さんが見つけてくれたから感謝しなくてはと言う。
ソクフンはその人は感謝をする価値のない人だと言う。
ソルファは今までひどいことを言われたけれど今日のことは助かったから悪く言わないでくれと言う。

ナンソルは車の中で、今までソルファにしてきたひどい仕打ちを思い出す。
ごめんなさいとつぶやくナンソル。
娘とは気付かずひどいことを言ってしまったと泣くナンソル
さんざん悪態をつきましたからね

ジョンドは昔のことを思い出していた。
独身のころナンソルがジョンドに、何も聞かずにお金を貸してほしいと頼みに来たことを考えていた。

店に来たソクフン。
ジョンドと一緒に酒を飲むことにした。
ソクフンはさっき店に来て2人の話を聞いてしまったと言う。
ソクフンは本当にあの人がソルファを産んだのかと聞く。
ジョンドはそうだと答える。

ジョンドは昔の話をし始めた。

ナンソルとジンジュと俺は養護施設で兄妹のように育った。
施設を出て離れ離れになったが、ある日ナンソルがお金を貸してほしいと頼みに来た。ナンソルの様子がおかしいので後をつけて行くと施設の前に赤ん坊を捨てたのだ。
その赤ん坊と一緒に入っていた手紙を読むと、助けてくれ、心臓が悪くて死にそうだと書いてあった。
その赤ん坊は捨てられたとは知らずに俺の手を握りニコニコ笑っていた。

ジョンドはその赤ん坊がソルファだと言う。
捨てたくせに今になって現れるとは、それもジュンサンの母親として現れたと言う。

ソクフンはソルファに本当のことを話した方がいいのではないかと言う。
ジョンドはソルファが、自分が父親でないことや捨てられたことを知ってしまうから駄目だと言う。
ソクフンはずっと話さないつもりかと聞く。
ジョンドは外で作った子供だと言って妻を傷つけ、ソルファには実の親が誰か教えない自分が悪いのだと言う。
ナンソルに娘に会うなと言ったが、自分が一番悪いと言うジョンド。
そんなことないです

翌日カプジャはナンソルに昨日は指輪を見て泣いていたのではないかと聞く。
そんなことはないと言うナンソル。
ジュンサンはその話を聞いていた。

ソルファはナンソルのためにお粥を作る。
ソクフンに昨日具合が悪そうだったから指輪のお礼も合わせて渡すつもりだと言うソルファ。
ソクフンはあの人のことを気にかけなくていいと言う。
ジュンサンのお母さんだから私が努力すると言うソルファ。
ソクフンは作るのを止めさせようとしてソルファの腕をつかむ。
ソルファは火傷をしてしまった。
急いで冷やしてあげるソクフン。
火傷の薬を塗ってあげる。

ナンソルに会いにきたソルファ。
ソルファは指輪のお礼と昨夜、顔色が悪かったのが気になってお粥を作ってきたと言う。
料理が苦手なので味は保証できないと言うソルファ。
味見して持ってきましたか?

ナンソルは私がひどいことを言ったのになぜかと聞く。
ジュンサンのお母さんだからだと言うソルファ。
ソルファは至らないかもしれないが見守ってくれと言い帰っていく。

ナンソルはソルファの作ったお粥を食べようとするが涙が止まらない。
お粥の入った容器を抱きしめるナンソル。

ユン会長はミニたちとの打ち合わせで、大韓病院から連絡が来たと言う。
いい企画だと褒めていたが誰のアイディアかと聞くユン会長。
すかさずミニは、私が部下に指示をしたのだと言う。
横取り!

ジサンと一緒にいるソルファ。
ソルファは会社に来たグィジョンとぶつかった。
グィジョンはこんな女にぶつかるなんて縁起が悪いと言う。
ジサンはお互いさまなのに言い過ぎだと怒る。
グィジョンはあんたもこの女に誘惑されたのかと言う。

ソルファはグィジョンにここは会社だから止めましょうと言う。
グィジョンはソルファに、ソクフンとジュンサンでは足りなく若い男にも色目を使っているのかと言う。
ジサンはソルファに話の通じない人だから行こうと言う。
グィジョンはあんたの親の顔が見てみたいと言う。

そこにユン会長が来た。
ジサンにここで何をしているのかと聞く。
ユン会長を父さんと呼ぶジサン。
ジサンがユン会長の息子だと知ったグィジョン。
大爆笑!

ユン会長はグィジョンを無視して行ってしまう。

ソルファの仕事が終わるのを待っていたソクフン。
ソルファは、今日はジュンサンに会わなければいけなくなったと言う。
会長が誤解していることがあるからそれをジュンサンに伝えなければならないと言うソルファ。
そんなことどうでもいいと言うソクフン。
ソルファはジュンサンと話してくるから待っていてくれと言う。
行くなと言うソクフン。
ジュンサンと会うなと言うソクフン。
お前が傷つくのは嫌だと言う。
ソルファは大丈夫だと言う。
ソルファは私のことは心配しなくていいと言う。
ソクフンは好きなのにどうして気にするなというのかと言う。
ソクフンは終わりが見えているのに黙って見ていろと言うのかと言う。

70~72話感想

ナンソルはソルファが娘だと知りました。ひどいことをしたと後悔していますが、自分の娘でなければひどいことをしてもいいと思っているのでしょうか。そうだとしたら自己中心ではありませんか。ナンソルはもともとジュンサンを嫌っているので、そんなジュンサンが自分の娘と付き合うのをますます反対しそうです。
最近のグィジョンは墓穴を掘ってばかりです。グィジョンのシーンだけコメディドラマのようです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。