黄金のポケット-あらすじ-73話-74話-75話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ナンソルはとうとうソルファが自分の娘だと知りました。今までソルファにしてきた虐めを後悔しますが、もう遅いです。これからソルファにどう接するのでしょう。
ソクフンもその事実を知りました。ソルファが傷つくのを見たくないソクフンはジュンサンと別れるように言いますが、ソルファはどうするのでしょう。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

73話

ソクフンはソルファが好きだから傷つくのを見ていられないと言う。
自分の気持ちは知っているだろうと言うソクフン。
ソルファは私のことは考えないでくれと言う。
ソクフンは知らない振りはできないと言う。

そこにジュンサンが来たので行こうとするソルファ。
行っても傷つくだけだと言うソクフン。
ソルファはジュンサンのところに行くのはソクフンのせいだと言う。

ジュンサンの車に乗るソルファを見ているソクフン。

車の中でソクフンのことを考えているソルファ。
ジュンサンは車を停めた。
ソルファの気持ちを知っていて始めたのはわかっているがソクフンのことを考えているソルファを見るのは辛いと言う。
ソクフンと一緒に暮らしているのも嫌だと言うジュンサン。
ジュンサンはソルファに結婚しようと言う。

ソルファはまだそこまで考えていないと言う。
ジュンサンはこれから考えてみてくれと言う。

ナンソルはソルファの家の近くに来た。
ナンソルは帰ってきたソルファに声をかけようとしたが、その前にチュジャが声をかけてしまった。
ソルファはチュジャにジュンサンが好きかと聞く。
チュジャはジュンサンはあなたを愛しているし、一生苦労しないから早く結婚してほしいと言う。
2人が仲良く手を繋いで歩く姿を泣きながら見ているナンソル。

ナンソルはジョンドを呼び出した。
ナンソルはソルファに会いたくなって遠くから見てきたと言う。
今まであの子をどれだけ傷つけたかわからないのに今日私にお粥を作ってきてくれたのだと言うナンソル。

ジョンドはソルファの父親は生きているのかと聞く。
ナンソルはソルファが生まれる前に事故で死んだと言う。
彼にも身内がいなくて、心臓病で手術が必要なソルファを育てることができなかったと言う。
兄さんが育ててくれているとは思わなかったと言う。
ナンソルはソルファを助けてくれてありがとうと言う。

ジョンドは自分の娘を育てただけだと言う。
ジョンドはソルファの名前はナンソルのソルから取ったものだと言う。
それだけで十分だろうと言うジョンド。
そうだったのですね~

ジョンドはソルファのことは忘れろと言う。

ソクフンはソルファに兄を止めたいと言う。
ソルファは両親から大切な息子を奪えないと言う。
ソルファは自分より家族が大事だと言う。
兄さんとも喧嘩をしたくないと言うソルファ。

カプジャはジュンサンにソルファに会いたいからまた家に連れて来いと言う。
ジュンサンはソルファと結婚したいと言う。
ナンソルはまだ会って間もないから駄目だと言う。
カプジャはなぜ駄目なのかと言う。

カプジャはひ孫を抱きたいし、ジュンサンは年齢的に遅い方だと言う。
ユン会長はもう少し時間をかけてソルファを見極めたいと言う。
ジュンサンは自分の気持ちは変わらないと言う。

ナンソルはジュンサンと2人だけで話をする。
結婚するなんて自分の反対は無視しても父さんの意見も聞かないのかと怒るナンソル。
ジュンサンはソルファの家の問題なら自分が非難を受けると言う。
ナンソルはソルファにあなたが何者か話せるのかと言う。
素性を明かせるのかと言うナンソル。
素性とは?出生の秘密が?

ジュンサンは何も罪のなかった昔に戻るためにもソルファと結婚したいと言う。
それは欲だと言うナンソル。
ソルファの人生を台無しにせずに手放してあげろと言う。
ジュンサンはソルファのことを心配しているのかと聞く。
面倒なことになりたくないだけだと言うナンソル。

ソルファは心臓に痛みを感じ始めた。

グィジョンはナンソルに会いに来た。
次男の顔を知らずにユン会長の前で失態を見せてしまったと言うグィジョン。
グィジョンは私が悪いのではなくソルファのせいなのだと言う。
ソルファが次男とイチャイチャしていたから注意をしただけだと言う。
ジサンの顔を知らなければ仕方ないと言うナンソル。

ソルファの悪口を言い始めるグィジョン。
ナンソルは仕事があるから帰れと言う。

グィジョンはセナがチュジャに電話をしているのを聞いている。
ソルファのせいでCMの話がなくなったと怒っているセナ。
セナはなぜ父さんは外でソルファを作ったのだと怒る。
グィジョンはソルファの出生を聞いてしまった。
これはチャンスだと思っているはず

ナンソルはカプジャがソルファの家に行ったと聞いた。
カプジャを追いかけてソルファの家に行くナンソル。
家の前にいたカプジャに夫も反対しているから帰ろうと言う。

そこにチュジャが出てきた。
カプジャたちを家の中に招き入れる。
ナンソルとカプジャはソルファたちの家族写真を見ている。

そこにセナとソルファが帰ってきた。
セナはナンソルたちが来ているのを知らず、ソルファにあなたのせいでCMの話が白紙になったと怒っている。
セナはあなただけが母親が違うことを代表が知ったからだと言う。

カプジャは今の話はどういうことかと言う。
チュジャはあわてて外に行きセナに静かにしろと言う。
セナはチュジャに本当の娘は私なのに心臓の悪いソルファのために私たちを放っておいたくせにと言う。

家から出てきたカプジャとナンソル。

74話

カプチャはソルファが外で作った子供だと知った。
何も言わずにそのまま帰っていくカプチャ。
カプチャはナンソルにそのことを知っていたのかと聞く。
こんな大切なことを言わなかったと怒って一人で帰るカプチャ。

チュジャはセナを怒る。
セナはいつも私だけ怒られると文句を言う。
チュジャは、ソルファは怒れないと言う。
お前は私の娘だから怒ってもわだかまりは残らないがソルファは違うと言うチュジャ。
チュジャは、ソルファが怒られるあなたを見て羨まし怒っている気持ちがわからないのかと言う。

ソクフンはミニがユン会長に今回の医療企画は自分の発案だと話しているのを聞いて驚く。

ソクフンはミニにあれはソルファの企画だと言う。
ミニは責任者の私の名前で報告するのが当然だと言う。
私が人の手柄を横取りするように見えるのかと言うミニ。
見える!見えます!

帰ってきたジュンサンにカプチャはソルファの出生のことをなぜ黙っていたのかと言う。
カプチャはソルファのことを明るい家で家族に愛されて育ったと思ったから許したのに、心臓も弱く病弱だったなんて正直な娘ではなかったと言う。
カプチャはナンソルにこのことを知っていたから反対したのかと聞く。
そうだと答えるナンソル。
ユン会長はジュンサンにソルファと別れろと言うが、それはできないと言うジュンサン。

ソルファに会いにきたジュンサン。
ソルファはカプチャを失望させてしまったと言う。
ジュンサンは、いつかはぶつかる壁だったと言う。
ソルファはもうダメだと弱気になるがジュンサンは自分を捨てないでくれと言う。

ドゥナはソルファにジュンサンが隣にいたらドキドキするかと聞く。
ジュンサンの他にそんな気持ちになる人がいるだろうと聞くドゥナ。
ソルファは答えずに行ってしまった。

グィジョンはミニにソルファは外で作った娘だからジュンサンとは結婚できないと言う。
ミニにチャンスが来たと喜んで話すグィジョン。
ソルファがダメでもミニにはチャンスはありません!

チュジャはジョンドにジュンサンの祖母にソルファの出生のことを知られてしまったと言う。
ジョンドはこれでよかったと言う。
チュジャはあなたの過ちのせいでソルファが好きな人と別れるのだと怒る。
ジョンドは他の人と幸せになればいいと言う。

セナはソルファに謝る。
ソルファはモデルの件は自分からも頼んでみると言う。

ソクフンはジュンサンに会いに来た。
ソルファを苦しめずに別れてくれと言うソクフン。
ソルファを苦しめているのは自分だけではないと言うジュンサン。
あの家に住んでソルファの気持ちを揺さぶっているのはあなただと言う。
ジュンサンはソルファと結婚すると言う。
ソクフンはあなたの母親が最後まで反対するはずだと言う。

チュジャはカプチャに会いに家に行った。
カプチャはチュジャにジュンサンには傷のない娘と結婚させたいと言う。
チュジャはソルファを他の2人の娘と同じように愛して育てて来たと言う。
心臓も手術をしたから今は健康だと言うチュジャ。
最近少し痛そうですよ

チュジャは本当の母親に恥ずかしくないようにソルファを一生懸命に育てて来たと言う。
カプチャはジョンドが外に子供を作るような人だったとは思わなかったと言う。
チュジャは生活が苦しかった時に息子を亡くし、お金がなくて病気を直してあげることもできなかったと言う。
息子が亡くなって辛い時に夫が一度だけ過ちを犯したのだと言う。
本当の母親のことは忘れることにしたと言うチュジャ。
カプチャは心臓の悪い子供を捨てるなんてひどい母親だと言う。

チュジャは親の過ちのために子供の未来を潰すわけにはいかないと泣いて頼む。
しかしカプチャはこの話はやめようと部屋に戻ってしまった。

その様子を見ていたナンソルはソルファのためにここまでしてくれるチュジャに心の中でお礼を言う。
チュジャはソルファにはなんの罪もないのにと言い大泣きする。
本当にいい母親です!

ソルファはナンソルに会いに来た。
セナが私の妹だと言うことで仕事を辞めさせたのなら考え直して欲しいと頼むソルファ。
妹は病弱な私のせいでずっと我慢をしてきたのだと言う。
今回のことも私のせいでクビになったから恥を忍んで来たと言うソルファ。

ナンソルはいつもそうやって人のために謝って生きていたのかと聞く。
そんな言葉は聞きたくない、2度と来ないで欲しいと言うナンソル。

ソルファが出て行った後、ナンソルは泣き崩れる。
そこにジュンサンが来た。
泣いている声を聞いて部屋の中をそっと覗くジュンサン。
ジュンサンはソルファの名前を呼びながら泣いているナンソルの姿を見てしまった。

75話

ジュンサンはナンソルが泣きながらソルファの名前を呼んでいるのを見てしまった。

帰ろうとしているソルファを見つけたジュンサン。
ナンソルと何かあったのかと聞く。
妹のことで頼みがあって来たと言うソルファ。
ソルファに嫌なことを言われていないかと聞くジュンサン。
ソルファは指輪を届けてくれた日からナンソルの自分への態度が変わったと言う。
ジュンサンはソルファに実母のことを知っているかと聞く。
会ったこともないし、父も何も言わないと言うソルファ。

ソルファはジュンサンにカプチャに会いにいくと言う。
先に話をしなかったことを謝るつもりだと言うソルファ。

ソクフンはソルファがナンソルに会いに行ったことを知り怒る。
セナのことで行ったのだと言うソルファにソクフンはジュンサンが好きなら自分のことを頼みに行くべきだと言う。
つまりお前はジュンサンには気持ちがないのだと言うソクフン。

ソクフンはソルファにお前が傷つくのが嫌だと言う。
ソルファは努力すれば変わっていくはずだと言う。
ソクフンは自分の気持ちを無視して結婚するつもりなら自分にも考えがあると言う。
何をする気?

ソルファはカプチャに会いに来た。
ソルファはカプチャにそのうちに話すつもりだったが自分の考えが至らなかったと謝る。
カプチャはジュンサンとのことは反対だと言う。
ソルファは、ジュンサンは私の問題で別れることになったら家族を恨むはずだと言う。
そうなって欲しくないから私ができるだけ努力すると言う。
努力してもダメだったらその時は別れると言うソルファ。

セナはモデルができなくなったストレス発散させるためジサンにピザを奢らせた。
ソルファのように財閥に嫁ぎたいと言うセナ。
目の前に一人いますよ

家に帰ったジサンはナンソルにソルファのせいでセナをクビにしたのかと聞く。
親戚になるから冷たくしないほうがいいと言うジサン。
ソルファのことを褒めるジサンにナンソルはソルファとは親しくするなと言う。
それを聞いていたジュンサン。

ジュンサンはナンソルに探していた指輪は見つかったのかと聞く。
見つかったと言うナンソル。
探していた子供も見つかったかと聞くジュンサンにその子供も見つかったと言うナンソル。

ソクフンはジョンドに自分は父さんの息子かと聞く。
ジョンドは頼もしくて大事な息子だと言う。
ジョンドは妻にも話せないことをお前には話せると言う。
それ以上何も言わないソクフン。
もしかしたら息子をやめたいと言いたかった?

ジョンドの代わりに店を片付けにいくソクフン。
ミンギュとドゥナが一緒にいるのを見つけた。
ミンギュが店に寝泊まりしていることを知ったソクフンは怒る。
ミンギュは家を出たので泊まる場所がないと言うドゥナ。
ソクフンはとにかくジョンドたちにばれる前に店を出ろと言う。
ドゥナはソクフンにミンギュのことがダメなのはわかっているが好きなのだと言う。

ジョンドはチュジャがカプチャの家に行ったことを知り怒る。
何もするなと言うジョンドにチュジャは、私はソルファの母親だと言う。

ジョンドはソルファにナンソルにひどいことを言われるだろうと聞く。
ソルファは今日セナのことを頼みに行ったら口では怒っているようだけれど私のことを心配しているようだったと言う。
ソルファはジョンドに少しずつ変わっていくはずだから心配しないでと言う。

ジュンサンは指輪をなくした施設にやって来た。
ジュンサンは女性職員にナンソルが探している子供の話をする。
女性職員はジュンサンが知っているので驚き、家族に内緒で探しているのかと思っていたと言う。
娘は見つかったようだと言う女性職員。
娘のことを教えて欲しいと言うジュンサンに生年月日しか知らないと言う女性職員。
ジュンサンはソルファの生年月日を言う。
女性職員は知っていたのですねと驚く。
ジュンサンが真実を知りました~

ミニはジョンドとナンソルが同じ施設で育ったことを知った。

ユン会長はジュンサンにソルファと別れたかと聞く。
ジュンサンは別れさせる理由が出生のことならソルファは悪くない、捨てた母親が悪いと言う。
ユン会長は跡取りの嫁にはふさわしくないと言い出かけて行った。

ジュンサンはナンソルにお母さんが反対する理由は他にあるだろうと聞く。
ソルファがお母さんの娘だから反対しているのかと言うジュンサン。

73~75話感想

とうとうジュンサンはソルファの母親がナンソルだと知りました。仲の悪いナンソルの娘だとわかってもソルファへの愛は変わらないでしょう。
ソクフンはソルファの兄をやめてソルファを愛する男になりたいようですが、両親の気持ちを考えるとなかなかうまく言えないようです。ソルファと両親!どちらを選ぶことになるのでしょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。