黄金のポケット-あらすじ-91話-92話-93話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-91話-92話-93話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよドラマも後半に入りました。ソルファだけでなくジュンサンやソクフンの出生が明らかになってきそうです。ピルドュが父だと思っているソクフンですが、どうやら間違いのようです。ジュンサンの本当の名前はカン・シヌゥ。それはピルドュの息子の名前でした。
ミニはジュンサンと結婚してPJグループの若奥様になったつもりでしょうが、ジュンサンが息子ではないと知ったらどうするのでしょう。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

91話

ジュンサンはソクフンの書類の中から写真を見つけた。
この写真は誰かと聞くジュンサン。
ソクフンは自分の父親だと答える。

驚くジュンサン。
父を知っているのかと聞くソクフン。
ジュンサンは知らないと言い部屋を出て行く。

ジュンサンはソルファにソクフンの父親が見つかったのかと聞く。
ソルファはソクフンの昔の記憶と一部が一致している人が見つかったのだと言う。

ジュンサンは部下にソクフンたちがボランティアで医療奉仕をしている映像が見たいと言う。

ミニはソルファにさっきジュンサンと何を話していたのかと聞く。
ソルファはソクフンの父親のことだと言う。
ミニはジュンサンを誘惑するなと言う。
ソルファは夫のことが信じられないのかと言う。
こんなことで呼び出すなと言うソルファ。
そうだ! そうだ!

グィジョンはドゥナに買い物に行こうと誘う。
ドゥナは急に私を誘うなんておかしいと言う。
外に出たドゥナはグィジョンに鍵をかけて追い出すつもりかと聞く。

そこにミンギュがチュジャを連れて帰ってきた。
グィジョンはチュジャに娘を連れて帰れと言う。
結婚前に娘が妊娠して恥ずかしくないのかと言うグィジョン。
グィジョンはミンギュにはもっといい家の娘と結婚させると言う。

チュジャはドゥナに帰ろうと言う。
しかしドゥナは帰らないと言う。
ミンギュはグィジョンに同じことをしたら親子の縁を切ると言う。
ミンギュはドゥナを連れて家の中に入る。
チュジャはグィジョンにこのままならミンギュを婿養子にすると言う。
そうだ! それがいい!

ソルファは病院にいるピルドュに差し入れを持って行く。
ソルファは、ソクフンは忙しくてなかなか来られないがお父さんのことを第一に考えていると言う。
ピルドュはシヌゥを子供の頃酔っ払って叩いてばかりいたが、酒を飲みすぎるなと心配をしてくれたのもシヌゥだと言う。
なぜシヌゥが記憶を無くしてしまったのか気がおかしくなりそうだと言うピルドュ。

ピルドュはソルファに以前警察に連行される前に会った女性はどうなったかと聞く。
別れたと言うソルファ。
俺のせいで別れたのだろうと言うピルドュ。

ジュンサンはピルドュの映っている映像を見る。
そこにミニが入ってきた。
一緒に帰ろうと言うミニに仕事があるから一人で帰れと言うジュンサン。

ミニはソクフンの父親のことが知りたいなら私に聞けと言う。
ソクフンの父親は前科者だからその理由で財団から追い出せると言う。
ジュンサンはミニに前科者だとどうやって知ったのかと聞く。
ソクフンの父親に会ったことがあるからだと言うミニ。

ソクフンはピルドュに退院する時の洋服を渡す。
ピルドュはソクフンに今まで苦労してきたと聞いたが、それは俺のせいだと言って泣く。
ソクフンは過ぎたことだと言う。
立派に育ってくれたと言うピルドュ。
ソクフンはピルドュの手を握る。

ジョンドとチュジャはピルドュが来た時のために倉庫の壁をリフォームする。
ソクフンはそこまでしなくてもいいと言うがジョンドはお前の部屋では狭いと言う。
なんていい人たちなのでしょう

ジュンサンは家に帰らなかった。
ミニはカプチャたちに、帰って来たと嘘をつくが、ジサンは、自分は徹夜したので帰って来なかったのを知っていると言う。
カプチャはユン会長にどう考えてもおかしいと言う。

ナンソルはミニにジュンサンのことが心配だと言う。
部屋も別々のようだが、ジュンサンを支えてあげで欲しいと言うナンソル。
ミニは、ジュンサンはソルファのことが忘れられないのだと言う。
しかしソルファはソクフンと付き合っていると教えるミニ。
ミニはソクフンの父が前科者であるとナンソルに話す。

ジュンサンはピルドュが肝臓ガンで入院していると聞いた。
病院に向かうジュンサン。
ミニは出て行くジュンサンのあとをつける。

病院に着いたジュンサンはソクフンと一緒にいるピルドュを見つけた。
退院手続きが終わったソクフンはピルドュにここで待っていれくれと言い、車を取りに行った。

ピルドュはジュンサンを見つけた。
ジュンサンに近づき、声をかけるピルドュ。

92話

ピルドュはジュンサンに近づき声をかける。
車のキーを拾い、これを落としたと言うピルドュ。

ミニはソクフンの父親とジュンサンが話をしているので不思議に思う。

ソクフンは家にピルドュを連れて帰った。
ジョンドとチュジャはピルドュに挨拶をする。
ピルドュを部屋に案内するソクフン。
ピルドュはこんないい部屋に住むのは初めてだと言う。

チュジャはピルドュのことをソクフンに似ていないと言う。
ジョンドは親子でも似ていないことはあると言う。
セナはソルファと父さんも似ていないと言う。
親子ではありませんからね

ジュンサンはピルドュが自分を見ても息子だと気づかなかったとつぶやく。
ソクフンも南原で火事にあったのかと考えるジュンサン。
まさか…とつぶやくジュンサン。

ユン会長はジュンサンにミニを愛せない気持ちは理解できると言う。
しかしそばにいる人を大切にしなければいけないと言うユン会長。
ジュンサンの母親を傷つけてしまったことを後悔していると言うユン会長。
同じことをお前にしてほしくないと言う。

ナンソルがきたので仕事に戻るジュンサン。
ユン会長はナンソルにジュンサンは結婚に対しても仕事に関してもやる気を失くしていると言う。
ナンソルは本部長にするのが早かったのではないかと言う。
外食部門にいればよかったと言うナンソル。

ユン会長は、ジュンサンは実力があるが、ソクフンがあまりにもできるから比べてしまうと言う。
ナンソルは、ソクフンはそんなに有能なのかと聞く。
ユン会長は群を向いて仕事ができると言う。
ナンソルは、性格はどうかと聞く。
ユン会長は家族に対する態度も問題ないし、娘がいたら婿に欲しいくらいだと言う。
ナンソルはソルファの夫としてどうかと見ていますね

ジュンサンはナンソルに話をする。
南原のあの子はどうなったかと聞くジュンサン。
ナンソルは見つからなかったから死んだのだろうと言う。
ジュンサンは最後まで知らないのかと聞く。
ナンソルはなぜそんなことを聞くのかと言う。

ジュンサンは子供のころを思い出す。

シヌゥは酒に酔った父親から虐待を受けていた。
近所に住む男の子の家でご飯を食べさせてもらっていた。
シヌゥは近所の男の子に、優しいお母さんがいていいなと言う。
男の子の名前はジュンサンだった。
ジュンサンの母親はシヌゥにお腹が空いたらいつでもおいでと優しい言葉をかける。

ある日の夜、ピルドュはジュンサンの母親にしばらくシヌゥを預かってくれと言い、いなくなってしまった。

ジュンサンはその時のジュンサンがソクフンと決まったわけではないと自分に言い聞かせる。

ソルファはソクフンと一緒に帰る。
ソルファは最初の頃の冷酷なソクフンはいないと言う。
ソクフンは、もともと自分は優しい人間だと言う。
ソルファはこれからも優しいソクフンでいて欲しいと言う。
ソクフンはソルファに一生お前を愛し続けると言う。

ソクフンはピルドュに洋服と靴を買って来た。
ジョンドやチュジャにも買ってきたソクフン。
気遣いのできる男ですね

ミンギュとドゥナは小説を書いている。
ドゥナはミンギュの書く殺人事件の部分が面白いと言う。
ミンギュは恐ろしい母親がいるからリアルに書けると言う。
(笑)

ミニはカプチャにジュンサンは子供の頃母親と2人で暮らしていたのかと聞く。
カプチャは私が結婚に反対して別れたからジュンサンの母親は一人で産んで育てたのだと言う。
ミニは何歳でこの家に来たのかと聞く。
6歳のときだと言うカプチャ。
火事が起こって母親はその火事で亡くなってしまったのだと言う。
カプチャは孫まで失っていたら自責の念にかられていたと言う。

ピルドュはチュジャにソクフンを大事にしてもらったお礼を言う。
チュジャは私たちの方こそ感謝していると言う。
ピルドュは、ソクフンはあなたたちのことを本当の両親だと思っていたようだと言う。
チュジャはお母さんが作った餃子の味が同じだから私を母親と勘違いしたのだろうと言う。
ピルドュは隣の母親の作った餃子と勘違いしているようだと言う。

その話を聞いていたジュンサン。
ジュンサンはソクフンが本当のジュンサンだと知った。

ミニはジュンサンに会いに来た。
ジュンサンのことをシヌゥと呼ぶミニ。
振り向いたジュンサンに、振り向くと言うことは本当にカン・シヌゥだろうと言うミニ。

93話

(仮)

ミニはジュンサンをシヌゥと呼ぶ。
答えないのならソクフンに聞くと言うミニ。
ジュンサンはミニにあなたが自分と結婚した理由を忘れるなと言う。
私がジュンサンであることが必要なのだろうと言うジュンサン。

ソクフンはジュンサンとの会議中に、過去の話をした。
ジュンサンは幼い頃の記憶を失ったというのは本当かと聞く。
ソクフンは、記憶は失ったが働くのには差し障りはないと言う。

ジュンサンはピルドュに会った。
ピルドュはジュンサンに私の息子はこの会社で働いていると言う。

ドゥナはグィジョンに食事を作るが食べないと言うグィジョン。
ドゥナはグィジョンのいいところを探しているが見つからないと言う。
怒るグィジョン。

チュジャはソルファにソクフンとピルドュのDNA検査をしたのかと聞く。
していないと言うソルファにしてみたほうがいいと言うチュジャ。

ピルドュはソクフンに他の記憶はなくても餃子の味を覚えているのかと聞く。
ソクフンはお母さんが餃子を作る姿と歌を歌っていたことを覚えていると言う。
ピルドュは餃子を作っていたのはお前の母親ではなく隣のおばさんだと言う。

ソクフンは隣のおばさんとその子供はどうなったかと聞く。
ピルドュは、おばさんは火事で亡くなり、子供のことはわからないと言う。

ソクフンは自分が母親だと思っていた記憶が隣のおばさんのことだと知り納得がいかない。

ソクフンはジョンドの店に行った。
餃子を作るときに歌っていた歌はいつから歌っていたのかと聞くソクフン。
ジョンドは孤児院にいた頃からだと言う。

91~93話感想

ソクフンが本当のジュンサンのようです。PJグループの長男です。ユン会長の息子がソクフンで、ナンソルの娘がソルファ。
血の繋がりはないけれど、2人は兄妹になるのでしょうか。
まさかそれが2人の間の障害になるとは思えませんが、複雑な関係です。
結局PJグループの若奥様にはなれないミニは残念~(笑)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.