黄金のポケット-あらすじ-100話-101話-102話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-100話-101話-102話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソクフンはソルファにプロポーズし、承諾したソルファ。2人は両親に結婚したいと話しました。
ソクフンとピルドュのDNA鑑定をすり替えたミニ。PJグループの嫁でいるにはソクフンがユン会長の息子だとバレないようにするしかありません。しかし、ジュンサンとの会話を聞いていたピルドュ。ソクフンは息子ではなくジュンサンがカン・シヌゥだとわかりました。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

100話

ミニがDNA鑑定の結果をすり替えたことを聞いていたピルドュ。
ジュンサンが俺の息子なのかとつぶやく。
会社の近くのベンチに座っているピルドュに声をかけるソルファ。
ピルドュはあわてて帰っていく。

ピルドュは、シヌゥは自分が父親だと気付いていたと思った。
自分を父親だと思っているソクフンがジュンサンなのかと考えるピルドュ。
ソルファから聞いてピルドュを捜しに来たソクフン。

ピルドュはソクフンに幼い頃の記憶を鮮明に覚えているかと聞く。
ソクフンは女の人が餃子を作りながら歌を歌っていたことは覚えていると言う。

ジョンドはソルファとソクフンのことを認めた。
しかし、チュジャは息子だと思っていたのに婿だと思えるかと言う。
ジョンドはソクフンほどいい相手はいないと言う。
ソルファのことを誰よりも理解していると言う。

ユン会長はジュンサンにソクフンが決めた敷地に反対なのかと聞く。
ジュンサンはあの敷地では狭いと言う。
ユン会長は自分が許可した要件だと言う。
ジュンサンは決定ではないからまだ変更はできると言う。

ユン会長は理事たちと会っているのかと聞く。
そんな見苦しいことは止めろと言うユン会長。
ソクフンのように実力で勝負しろと言う。
裏でこそこそ根回ししようとする方が悪い

ピルドュはソクフンにジュンサンはどんな人かと聞く。
あまり親しくないからわからないと言う。
ソクフンはミニに会うために会社に行ったのかと聞く。
誰にも会っていないと言うピルドュ。

ジョンドはソルファがどんな人と結婚するかと思っていたが、こんなに近くにいたとは思わなかったと言う。
ソクフンはチュジャに自分のことが気に入らないのかと聞く。
チュジャはそんなことはないと言う。
ジョンドはこれ以上の婿はいないと言う。

チュジャは息子だと思って家に連れてきたが、ソルファと会うためだったと言う。
ジョンドはピルドュのことが落ち着いたら結婚式の日取りを決めようと言う。

カプジャはジュンサンに何が不安なのかと聞く。
始めてこの家に来た時と同じだと言う。
カプジャはあなたがこの家の跡取りなのだからソクフンに対しても広い目で見てあげろと言う。
跡取りでないから広い目では見られないのです

毎日餃子店を手伝っているミンギュ。
ジョンドはミンギュに餃子を作って食べさせる。
ミンギュは世界一の餃子だと言う。
ジョンドはそれなら作ってみるかと聞く。
俺が教えるから餃子の店をやってみないかと言うジョンド。

ジョンドはミンギュが渡したお金をそのまま返す。
ソクフンからも返すように言われたと言うジョンド。
ジョンドはお前が心から反省しているのに無視することはできないと言う。
ミンギュは涙を流し、今まで以上に頑張ると言う。

家に帰ったミンギュはドュナに餃子の店を開くと言う。
グィジョンはドュナを受け入れたのだから医者に戻れと言う。
ミンギュは餃子店を大きくして工場も作ると言う。

ピルドュがいなくなった。
ピルドュはジュンサンを見るために会社に来ていた。

ピルドュはジュンサンを見つけた。
シヌゥと声をかけるピルドュ。
ジュンサンは何の話かわからないと言う。
ジュンサンの腕を掴みシヌゥと呼ぶピルドュ。

それを見ていたソクフン。
ソクフンはなぜジュンサンのことをシヌゥと言うのかと聞く。

101話

ソクフンはピルドュになぜジュンサンのことをシヌゥと呼ぶのかと聞く。
ジュンサンはソクフンと自分を間違えたようだと言う。
ピルドュも見間違えたと言う。
ソクフンは迎えに行くのになぜ会社に来たのかと言う。

ジュンサンはピルドュにもう会社に来ないでくれと言う。
ソクフンは何のことかと聞く。
ジュンサンはこの前息子を助けてくれと言われたと言う。
こんなことをされると負担だと言うジュンサン。
ソクフンは父親が迷惑をかけてすまないと言う。

ソクフンはピルドュを連れて行こうとする。
するとそのまま倒れてしまったピルドュ。
ソクフンはジュンサンに救急車を呼んでくれと言う。
そのまま動かないジュンサン。
ソクフンは自分で電話をする。

それを見ていたジサンはソルファに知らせる。
あわてて病院に向かうソルファ。

ミニもその話を聞いてジュンサンの部屋に来た。
ジュンサンはミニにあの人は自分に気付いたと言う。
人違いだからもう会社に来るなと言ったら倒れてしまったと言うジュンサン。
ミニは気付いたならソクフンに話すのではないかと言う。
あの人もソクフンの前で誤魔化していたから言わないだろうと言う。

ミニはソクフンさえ知らなければ何とかなると言う。
ジュンサンは仮にも父親が目の前で倒れたのになんて女だと言う。
ミニはあの人はあなたではなくソクフンの父親だと言う。
ミニはあなただけでなく私の人生もかかっているのだと言う。

病院に運ばれたピルドュ。
医師はソクフンに手術するか決めたかと聞く。
ソクフンは切除ではなく肝移植をすると言う。
医師もそのほうが生存率は高くなると言う。
ドナーは自分がなると言うソクフン。
きっと適合しませんよ

眼を覚ましたピルドュは退院すると言う。
ソクフンは手術まで入院しなければだめだと言う。

会社に戻ったソルファ。
ジュンサンはソルファにピルドュの容体を聞く。
手術することになったと言うソルファ。

病室から逃げ出そうとするピルドュ。
そこにジョンドとチュジャが入ってきた。
チュジャたちは倒れたと聞いたが、これからはもっと気を配るようにすると言う。
戻ってきたソクフンは父親に肝移植するために検査をしてきたと言う。

それを聞いたピルドュは駄目だと言う。
今まで父親らしいことも何一つしてきていないから何もするなと言うピルドュ。

チュジャはソクフンがピルドュに肝移植すると聞いてからずっと不愉快だ。
息子に苦労をさせた張本人なのに移植をするなんてありえないと言うチュジャ。
ジョンドはだから父親も移植を受けないと言っているのだろうと言う。
ソクフンから肝臓をもらうなんて図々しいことはできませんよ

ジュンサンは病院にやってきた。
病室には誰もいないと知り、中に入るジュンサン。
ピルドュはシヌゥと呼ぶ。
会いたかったと言うピルドュ。

ジュンサンは一度も会いたいと思わなかったと言う。
シヌゥと呼ぶピルドュに、自分の名前はユン・ジュンサンだと言う。
ジュンサンは食事も与えず、裸で家を追い出したのに今頃なんで現れたのかと聞く。
ピルドュは小さかったお前にひどいことをしてしまったと言う。

火事で死んだと思っていたのに広告を見て生きていると知り、許しを請いたいと思ったと言うピルドュ。
自分が悪かったと泣くピルドュ。
ジュンサンは許すつもりはないと言う。
ピルドュはそれでもジュンサンとして生きるのは間違っていると言う。
行き場がないのにどうしたらいいのかと言う。
自分をジュンサンだと思い手を差し伸べてくれた家族にジュンサンではなくシヌゥ
だと言えるかと言う。
本物になるために努力をしたのになぜ邪魔をするのかと言う。

ピルドュは自分が悪かったと言う。
ジュンサンはこの幸せを手離せないから二度と来るなと言う。
死んでも来るなと言うジュンサン。
号泣するピルドュ。

車の中で声を殺して泣くジュンサン。

カプジャやナンソルはソクフンの父親が肝臓がんだと聞いた。
ソクフンが心配だと言うナンソル。
ナンソルは財団の理事長は専門家であるソクフンが任せるべきだと言う。
ミニはナンソルに息子より他人に気遣うのかと言う。
ミニはソクフンの肩をもつ理由があるのかと聞く。
カプジャは味方をするとしたら息子に決まっているだろうと言う。
息子ではないから味方はしません

ユン会長はソクフンが父親のために肝移植をすると聞いた。
ソクフンが理事会に欠席しなくてすむよう理事会を早めると言うユン会長。

ミニはピルドュに会いに来た。
あなたの息子が隠していることはわかっただろうと言うミニ。
息子のためにソクフンの父親でいろと言うミニ。
ピルドュは、いつかはばれると言う。
ミニは息子のことを考えるなら口をつぐんでいろと言う。

検査の結果がでた。
医師はソクフンに検査の結果がおかしいと言う。
全てが一致せず親子ではないと言う医師。
医師はこの患者は本当に父親なのかと聞く。

102話

ソクフンは医師にこれが父親と自分の検査結果なのかと聞く。
医師は何度も確認したと言う。

病室ではミニがピルドュを脅していた。
ピルドュはあんないい人を騙すなんてできないと言う。
ミニはあなたのせいで息子がどんな生き方をしていたかわかっているのかと言う。
ピルドュは自分が去ると言う。
ミニはソクフンの父親として去ってくれと言う。
ソクフンに父親と信じさせたまま去ってくれと言う。

ピルドュはミニにシヌゥのことを頼むと言う。
本当のことを知っているのはあなたしかいないと泣きながら頼むピルドュ。

病室に戻ったソクフン。
ピルドュはソクフンに肝移植はやりたくないと言う。
ソクフンは息子なら当然やるべきだと言う。
ソクフンは最近自分の名前を呼ばなくなったと言う。
ピルドュは気のせいだと言う。

ソクフンは自分に話すことはないかと聞く。
手術も移植もしたくない理由があるのかと聞くソクフン。
申し訳ないからだと言うピルドュ。

ユン会長はジュンサンに理事会は明日だと言う。
結果は受け入れろと言うユン会長。
ユン会長は昔のように心が広くて思いやりのあるジュンサンに戻ることを信じていると言う。

ソクフンは以前ピルドュとDNA鑑定をした結果をもう一度確かめに行った。
結果は不一致だった。
ソクフンは検査係に自分が受け取ったのはこれだと言い99.9%一致だと言う結果が出ている書類を見せる。
検査係はこれはコード番号が違うと言う。
他の人の書類と入れ替わったようだと言う。
ソクフンは入れ替わった人を確認したいと言うが、検査係はそれはできないと言う。

ソクフンはミニが封筒を触っていたことを思い出した。
ミニを捜しに行くソクフン。

ソクフンはミニにさっきは父に会うために病院に行ったのかと聞く。
ソクフンはミニに聞きたいことがあったが自分が確信を得たらにすると言う。
聞いても正直に話す女ではないと言うソクフン。
よくわかっています

ミニはグィジョンに会いに来た。
ミニはソクフンがおかしいと言う。
記憶が戻ったのかと聞くグィジョン。
そうではないと言うミニ。
グィジョンはばれたらどうしようと肝を冷やしていると言う。
ミニは真実が明らかになっても助かる方法を考えているから安心しろと言う。

ピルドュは私服に着替えて病室から逃げ出そうとしていた。
そこに入ってきたソクフン。
ピルドュは治療が負担だから出て行こうと思ったと言う。
ソクフンは実父でないのに肝移植をするからかと聞く。
ソクフンはなぜ父親の振りをしているのかと聞く。

最初からだましていたのかと聞くソクフン。
ピルドュは息子だと思っていたと言う。
ソクフンはミニに送り込まれたのかと聞く。
あの女は無関係だと言うピルドュ。
ソクフンは信じられないと大声を出す。

ソクフンはあなたの話をしてきたのもミニが最初だったと言う。
DNA鑑定の結果も出ていたのに、なぜ親子ではないとわかったのかと聞くソクフン。
偶然知ったと言うピルドュ。

ピルドュは行き場もなく病気だから欲が出たと言う。
すべて俺が悪いのだと言うピルドュ。
ソクフンはそれなら父親の振りを続けないのかと聞く。
なぜ逃げようとするのかと聞く。
ピルドュはいくら謝っても償えないと泣く。

病室から出て行くソクフン。
途中から話を聞いていたソルファはソクフンを追いかけて行く。
ソルファもピルドュがソクフンの実父でなかったと知った。
移植のための検査で親子ではなく、DNA鑑定の結果も誰かがすり替えたのだと言う。
おそらくミニがすり替えたのだろうと言うソクフン。

ソクフンに医師から電話がかかってきた。
ピルドュが意識を失ったと言う医師。

ミニはジュンサンに会社の株をどれくらい持っているかと聞く。
ミニはすべてが表沙汰になっても生き残るためだと言う。
ジュンサンは、ピルドュは何も話さないと言う。
ミニは、ピルドュは私にソクフンの父親として去ると約束したと言う。

しかしソクフンの記憶が戻ったらすべて無駄だと言うミニ。
だから会社の株をできるだけ集めて理事長もソクフンにさせては駄目だと言う。
本当に姑息な手を使うこと!

ジョンドは餃子屋の2号店をミンギュたちにやらせることにした。
店の権利書を見て喜ぶミンギュとドュナ。
ドュナはミンギュの作った餃子を食べたがお父さんのものだと思ったと言う。
ミンギュは店舗を増やしてお義父さんを会長にすると言う。

ピルドュの容体は悪化し、すぐに手術をしないと危なくなった。
ソクフンはピルドュを肝臓移植の待機者名簿に登録した。

理事会の日。

出かけようとするジュンサンにナンソルは、本部長にとどまらず、理事長まで欲を出すとは嫉妬にしてはやり過ぎだと言う。
ジュンサンは身の丈にあっていないと言いたいのかと聞く。
ジュンサンはナンソルにソルファとソクフンを結婚させたらあなたが後悔することになると言う。
結婚だけはしてほしくないのですね

ソルファはソクフンに理事会に行ったほうがいいと言う。
休みをとったから自分が病室にいると言うソルファ。
そのときピルドュが血を吐いた。
医師はすぐに手術をしなければ危ないと言う。
今脳死者が出たが、問題は手術する医師がいないと言う。

ソクフンは他の病院に移送すればいいと言うが医師はこれからの移送は無理だと言う。
医師は一人だけ手術できる医師がいると言う。
目の前に!

ソクフンは怪我をした右手を見つめる。
その手を握るソルファ。

ユン会長はソクフンが会社に来ていないと聞いた。
その頃ソクフンは手術を開始しようとしていた。

手術が開始した。

理事会に向かうユン会長はソクフンの父親が危篤で手術をソクフンがしていると聞いた。
ジュンサンも聞いていた。
ユン会長はソクフンが執刀しているという事は肝移植には適合しなかったのかと言う。
ジュンサンはソクフンがピルドュに自分の肝臓を移植しようとしていたことを知った。

ユン会長はソクフンがいなくて理事会はできないから延期すると言う。

ジュンサンは病院にやってきた。
手術室から出てきたソクフン。
ソクフンはジュンサンが来ているのを見つけた。
ジュンサンを追いかけるソクフン。
なぜここにいるのかと聞く。

100~102話感想

ソクフンの医師の姿はやはり似合っていますね~。ピルドュが実父でないとわかっても助けるソクフン。理事長になっても現役医師でいてほしいです。
ソクフンの出生の秘密もそろそろ暴かれようとしています。次はソルファです。
ソルファとソクフンの結婚を知ったジュンサンが怒って暴露してしまうのかもしれません。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください