黄金のポケット-あらすじ-最終回(123話)-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-黄金のポケット-あらすじ-最終回(123話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミニは警察に連行されました。そんなミニを心配するグィジョン。ミンギュはグィジョンに自首を勧めますが刑務所は怖いと言うグィジョン。
ソルファの心臓が止まってしまいました。ちょうどそのときトラックにひかれるナンソル。ソルファに心臓をあげるのはナンソルになりそうです。
最終話はひと時も目を離さず見てみましょう。

【黄金のポケット】(ネタバレあり)

最終回(123話)

心配停止の状態になってしまったソルファ。
ソクフンは心臓マッサージを続ける。
すると、どうにか心臓は動き出した。
しかしソルファの意識は戻らない。

ナンソルは病院に運ばれた。
ジュンサンはナンソルに声をかける。
ナンソルはジュンサンにこれからはシヌゥとして自由に生きろと言い、今までのことを謝る。

ジョンドとソクフンはナンソルが事故にあったと聞き駆けつけた。
医師はナンソルの状態を内蔵破裂のうえに頭蓋骨の損傷がひどいと言う。
よくそんな状態で話せますね。最後の力でしょう

ソクフンはすぐに手術の準備をしろと言う。
ナンソルはやめてくれと言う。
ソルファを助けてくれと言うナンソル。

ユン会長とジサンも駆けつけた。
ナンソルはユン会長に謝る。
ジサンは死んだらダメだと言う。
ナンソルはジサンの名前を呼びながら息を引き取った。

ナンソルの心臓はソルファに移植されることになった。
ソクフンが手術を執刀する。

ソルファに心臓をくれたのがナンソルだと知らないチュジャはくれた人に感謝をする。
ジョンドはナンソルが娘を助けるために交通事故にあい亡くなってしまったと涙を流す。
ジョンドは、妹たちは旅立ち俺一人が残ったと泣いている。

ジサンは母さんにひどいことを言ってしまったと後悔し泣く。
ユン会長はナンソルが残した手紙を読んで泣く。

手術が終わり数日したころソルファは目を覚ました。
自分が手術をしたことを知り驚くソルファ。

ユン会長はソクフンに家に戻ってこいと言う。
ソクフンはしばらくの間、海外に行くと言う。
医療ボランティアの誘いが来たと言うソクフン。
ユン会長はどこにいてもお前は俺の息子だと言う。

ソクフンはカプチャに海外に行くことになったと報告する。
カプチャはそんな立派な仕事で行くなら引き止められないと言う。
気をつけて言ってこいと言い、ソクフンのことをジュンサンと呼ぶカプチャ。
ジュンサンと呼ばれて涙と流すソクフン。
これで完全にジュンサンに戻ったような気がします

ジュンサンはソルファの見舞いに来た。
今日ナンソルを見送って来たと言うジュンサン。
ソルファは今日、あの人の心臓を移植したことを聞いたと言う。
ジュンサンはナンソルの遺言だったと言う。
ジュンサンはナンソルが最後まで握っていたソルファの写真を渡す。
ソルファは泣き出す。

ジュンサンはカプチャからもらった匂い袋をソクフンに渡す。
やっと持ち主に返せたと言うジュンサン。
ソクフンは幼いころ俺のたった一人の友達はお前だったと言う。
これからは隠れずに本当の宝物を探せと言うソクフン。

ソクフンはピルドゥがいる病院の住所を渡す。
体調も回復したようだと言うソクフン。

ソルファは病室で一人ナンソルのことを「お母さん」と呼び、声を出して泣く。
その様子を見ているソクフン。

約2年後…

ジョンドの餃子屋は大きくなり「名人餃子」という会社になった。
会社の会長に就任したジョンド。
全国に支店を増やし、今日は事業説明会が行われる。
ミンギュは参加者の前で会長のジョンドを紹介する。
ミンギュが社長のようです

グィジョンの部下だったキムはジョンドに拾ってもらい、ジョンドに忠誠を尽くすと誓う。

ドナゥは女の子を出産した。

グィジョンは刑務所から出所した。
ミンギュとドナゥは迎えに行く。
ミンギュはグィジョンにもう悪いことはしないで真面目に暮らそうと言う。
わかっていると言うグィジョン。
ミニは来なかったのか聞くグィジョン。
ミニは美術の勉強で忙しいと言うミンギュ。

ジュンサンはシヌゥに戻りピルドゥと一緒に暮らしていた。
食堂を開いたシヌゥに材料が良すぎて採算が取れないと言うピルドゥ。
シヌゥはお客さんに喜んでもらいたいのだと言う。
ピルドゥはお前の好きなようにしろと言う。

シヌゥとピルドゥを見つめるミニ。
ピルドゥは何回かお前に会いに来ていたと言う。
2人で話せと言うピルドゥ。
シヌゥのことが好きなのですか!

セナとジサンは付き合い始めた。
セナはジサンの家にも出入りし、ユン会長やカプチャに気に入られている。

セナはユン会長に兄さんから連絡はあるかと聞く。
ユン会長はときどきどこの国にいると連絡が来ると言う。
いつ戻るかはわからないと言うユン会長。

チュジャはジョンドにみんな順調にいってよかったと言う。
あとは息子が戻って来るだけだと言うチュジャ。
ジョンドは気楽に待とうと言う。

ソルファはPDとして順調に仕事をしていた。
カメラを除くソルファはその中にソクフンを見つけた。
しかし、人違いだろうと思うソルファ。

池の飛び石の上を渡るソルファ。
ふらついて落ちそうになった。
ソルファの腕を掴むソクフン。
ソクフンは相変わらずドジだと言う。
だから俺が隣で支えてやると言う。

ソルファに帰って来たと言うソクフン。

最終回感想

やはりソルファに心臓をあげることになったのはナンソルでしたね。もしかしてわざと車にひかれたのでしょうか。このまま生きていても子供に会えずつらいだけで、ソルファの役にたてて幸せだったのかもしれないです。
ミニはイメージを変えてシヌゥに会いに来ました。どう考えてもミニがお金のないシヌゥを好きになるとは思えないのですが、ハッピーエンドにするには仕方ないようです。
ドラマの内容はとても面白かったのですが、最終回はあっけない終わりでした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。