2度目の二十歳(ハタチ)-あらすじ-4話-5話-6話-感想つきネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-2度目の二十歳(ハタチ)-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

2度目の二十歳




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヒョンソクはノラがすい臓がんで余命5ヶ月だと思い込みます。
同じころノラは医者から「誤診でした」と言われ大喜び!!
ヒョンソクはノラに優しくなるのでしょうか!?

【2度目の二十歳(ハタチ)】ネタバレあり

第4話

ヒョンソクはノラにしてきたひどい仕打ちを散々後悔していた。
「ハ・ノラ、君は本当に死ぬのか?」

そのころノラは病院で医師から誤診だと聞かされていた。
「いたって健康で何の問題もない」と言われるノラ。

帰りにやっと手帳が無い事に気付くノラだった。
そしてヒョンソクに電話で確認するが「ない」と言うヒョンソク。

ノラは自分が死なないと分かった今でも、やりたいことをやろうと大学へは通い続けることにしたのだった。

そんなノラを一日中付け回すのはヒョンソク。
手帳をこっそり返そうと必死のようである。

昼ご飯を買っているノラを見つけ、いつものベンチの付近へと手帳を置いてくるヒョンソクだった。

そこにノラ、そして正面からは何とノラの夫ウチョルが!!
ヒョンソクは慌ててノラを抱きとめて懐に隠す。
学生たちが写真を撮ろうとする。
1・2・3で走り出すヒョンソクとノラ。

ヒョンソクはウチョルに電話、事務所に呼び出す。
ヒョンソクに講演の諮問を断られたウチョルは説得のために向かったが、そこでヒョンソクは確信したようだった。

イジンからプレゼントされた万年筆・・・「I♡W」のマーク。

イジンとウチョルの中に気付いたヒョンソクだった。

ノラは相変わらず学生からは疎まれていた。
セクハラ教授の一件で、完全に仲間外れにされるノラ。

変更になった講義の教室も、ノラにだけは知らされない。
それを見たスンナムは、あまりにひどい仕打ちの学生たちに説教するのだった。

ノラの見方が1人出来ましたね!良かったよかった(^▽^)/

ヒョンソクはノラが死に近づいていると思い込んでいる為、おかゆの差し入れをする。
急に様子が変わったヒョンソクを不思議に思うノラだった。

ヒョンソクは昔はノラと友達だったことを思い出す。
そしてノラの受けているいじめが理不尽だと思い、助けようとする。

同じ人文学のパク・スンヒョンに呼び出されるノラ。

ノラをいじめから救うための、ヒョンソクの計らいです

あの日のセクハラの一部始終を収めたUSBを渡され、「どうするかはノラさんに任せる」と言うスンヒョン。

ノラは一大決心。
セクハラのソン教授に辞表を提出するよう申し入れる。

そしてヒョンソクがソン教授を辞職へと追い込む。

ヒョンソクはノラを事務所に呼びつける。
そして仕事を手伝っていると、やって来たのはノラの夫ウチョル。

ウチョルに「紹介する」と言ってノラの肩を抱くヒョンソクだった。

第5話

ウチョルの前で「ガールフレンドだ」と言ってノラを紹介するヒョンソク。
びっくりしたのは夫ウチョルはもちろん、ノラもびっくり!!

助手が休んでいるために、資料の整理をノラに頼んだというヒョンソク。
「高校時代は親しかった」と言うヒョンソクの言葉に動揺するウチョル。

これもそれも大学構内で夫と会っても平然としていられるためにヒョンソクが仕組んだこ とでした

ヒョンソクは「これも仕事のためだ」と言ってノラと深夜の映画に。
そして帰りには焼き鳥を食べる。

これはノラの手帳に「やりたいことリスト」として書かれていた事だった。

深夜にヒョンソクに送ってもらうノラ。
ウチョルは帰って来たノラを部屋に呼ぶ。

急にノラに関心がわくウチョルです

ソン教授は退職したと言う。
USBを渡してくれたスンヒョンと仲良く校内を歩くノラ。

そしてスンナムのダンスサークルにも入部の許可を得たノラ。
部員として先輩たちを見送るノラ。

その姿を目撃してしまう息子のミンス!
びっくりしたミンスは父ウチョルに電話をかける。

「母さんが大学に通っている!!」と。

ウチョルはノラに「すぐに大学を退学するように!!」と話す。
息子にも同じ大学にいることを拒否されるノラだった。

しかしノラは退学はしないと言う。
今までとは違う、強気なノラだった。

ヒョンソクからもらったチケットを持ってユニョンと現地で待ち合わせをしたノラ。
同じチケットをサンエからもらったウチョルはイジンと来ていた。

ヒョンソクはこれを知り、慌ててノラに電話するも繋がらない。
会場についたノラの視線の先には・・・。

ウチョルとイジンが仲睦まじく立っていた!

第6話

ノラは夫ウチョルとイジンの仲睦まじい様子を目にしてしまった。
駆けつけたヒョンソクはノラの目を手で覆い隠すが、ノラは夫が女性といるところを確かめたくて振りほどく。

ショックのあまり会場を後にしたノラ。
ユニョンと会い、ノラはすべてのいきさつを話すのだった。

遠くからその様子をうかがうヒョンソク。

事務所に帰って来たヒョンソクは、ノラが余命宣告を受けていると思い込んでいるため、ウチョルの行動が許せなかった。

他のノラの願いは全て叶えてやりたい!!と思うヒョンソクでした

何事もなく帰宅するウチョル。
「話がある」と言ってノラを部屋に呼びつける。

「6月2日の最終猶予までに大学を退学し離婚すること」と公正証書と覚書を見せ強要するウチョルだった。

ヒョンソクはイジンに電話。
父親と会議のために大学へと向かっていると聞き待ち伏せる。

そして「理想の女性はキム・ウチョル教授と結婚した」とアピールする。

ヒョンソクはユニョンを呼び出し、協力を依頼する。
気の毒なノラの願いを叶えてやりたいからと言うヒョンソクの言葉に、「誤診だと言うことを知らないのだ!」と気付くユニョンだった。

高校の制服を着て自分たちの通った高校へとやって来るユニョン、ヒョンソク、ノラにドンチョル。

昔の思い出に浸り、楽しむ4人。

随分と様変わりを遂げた街並みにやって来た4人。
そこはノラの祖母が経営するトッポッキの店があった場所だった。

そしてクラブで大はしゃぎした4人はそれぞれ家路に。
ノラを送るヒョンソク。

ノラは「夢みたいな1日だった!」と心の底から楽しんでいた。

そんなノラを見ると心が痛いヒョンソクでした
 いまだ誤診だとも思わずに(^▽^)/

ノラはアルバイトを始めることに。
コンビニでアルバイトの初日、ヒョンソクから連絡が。

同級生のドンチョルは、ノラのおばあちゃん秘伝のトッポッキのたれを受け継いでお店を しているようです
 そのトッポキを用意してノラを待っていたヒョンソクでした

すい臓がんの末期でアルバイトまで始めたノラの事をこのまま黙って見ているわけにはいかないとヒョンソク。
思わず「知っていた」と話すと・・・。

「誤診だったの、私は死なない」と言うノラの言葉。
大喜びで思わずノラを抱きしめるヒョンソクだった。

第4話から第6話の感想

ノラの落として行った手帳を見て、ノラが末期のすい臓がんに侵されていると思ってしまったヒョンソク。
しかも余命宣告まで受けていると・・・。
夫に内緒で大学にまで通うノラ。
学生仲間からは疎ましがられ、いじめにあうノラを見ると黙っていられなくなったヒョンソクです。
「ノラのやりたいことは全て叶えさせてやりたい」と全力投球のヒョンソクがとてもカッコイイです!!
ぶっきらぼうなヒョンソクの温かさ、優しさがとても素敵ですね!
そしてウチョルとイジンの不倫に気付いたヒョンソク。
ノラの事を考えると腹立たしくて、拳に力が入るようですヒョンソクさん(^▽^)/
それにしても、いつも腹立たしいウチョルさん。
完全にノラの事をバカにしています(# ゚Д゚)
若かりし日々を妊娠、出産、育児で過ごしてきたノラ。
再び青春を謳歌するノラはとってもステキ!
最後まで応援したくなりますね(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。