一度行ってきました-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

チスはチョヨンを好きになり、毎日海苔巻き屋に通っています。それを知ったオクジャはチョヨンではなく若い店員が目当てで通っていると思っています。
ヨンダルは市場で倒れたおばあさんの看病するチュヨンを見て、見直しました。子供の頃の記憶が同じなので驚きましたが、チョヨンには父親がいると思っています。
熱を出したナヒを心配してマンションにやって来たオクブン。部屋の中で離婚同意書を見つけてしまいました。

【一度行ってきました】ネタバレあり

25話

オクブンはナヒに同居契約書を見せ、これは何かと聞く。
離婚後とは何のことかと聞く。

ナヒは私たちは離婚したと言う。
オクブンはどうしてお前たちが離婚するのかと聞く。
ショックのあまり過呼吸になり倒れてしまったオクブン。

ナヒたちはオクブンを病院に運んだ。
オクブンが倒れたと聞いたガヒとジュンソンも病院に駆けつけた。

ガヒはナヒにネットに離婚のことが書き込まれていると言う。
そのときやってきたヨンダルも離婚のことを知った。

ヨンダルはナヒたちにどちらかが浮気をしたのかと聞く。
違うと言う2人。
ヨンダルは金の問題かと聞く。
ナヒはそうではないと言う。

離婚の理由は何かと聞くヨンダル。
ナヒは性格の不一致だと言う。
ヨンダルはそんな理由で離婚するなら母さんと俺も別れていると言う。
お互いが少し耐えて暮らせばいいと言う。

ナヒはすごく苦しくて寂しくて不幸なのにいつまで耐えればいいのかと聞く。
お互いに拷問だと言うナヒ。
別れたらもっと苦しいかも

ナヒはヨンダルに謝る。

離婚を知ったユンジョンはギュジンを呼んだ。
ユンジョンはギュジンをバツイチにしたとナヒのことを怒る。
離婚したのならお前はまだ若いし、いい女に出会えると言う。
あの家とはレベルがあわなかったと言う。

翌日、院長に呼ばれたナヒとギュジン。
院長は離婚したなら早く言ってくれないと困ると言う。
病院の宣伝をしようとしたのに逆効果だと言う。

ギュジンは責任を取って病院を辞めると言う。
ナヒは私も辞めると言う。
院長は辞めるなら代わりがいるのかと聞く。
無責任だと怒る院長。

ネットでは「ドクターズ」に出演中の2人が離婚していたと大騒ぎになっていた。

同僚たちは詐欺だと言う。
きっとナヒが攻撃的だからギュジンが我慢して暮らしていたのだろうと話す同僚。
そこにギュジンが来た。

ギュジンは誰が僕の方が我慢していると言ったのかと聞く。
見てもいないのに勝手に推測するなと言う。
家では僕の方が小言が多いし、潔癖症もあると言う。
ギュジンは同僚たちに二度とそんな話はするなと言う。
ナヒへの愛は消えていないようです

ナヒはジョンロクの病院に行く。
ジョンロクは君は人を驚かせる才能があると言う。
気まずかっただろうに何を考えてテレビに出たのかと聞く。

ナヒは離婚のことは両親に隠していたし、院長の勧誘を断れなかったと言う。
番組に迷惑がかかるから断ればよかったと言う。

ネットの書き込みは自分がされてみると強烈だったと言う。
“夫婦詐欺団”までは我慢できるけれど“医者を辞めろ”とか“死ね”と言われるほど私は大罪を犯したのか考えると言う。
ネットでの私のあだ名は“氷の魔女”だと言う。
ナヒばかり責められてかわいそうです

ジョンロクはぴったりだと言い笑う。
氷は1℃あげるだけで溶けると言う。
君は意外と傷つきやすいようだと言う。

ボヨンがギュジンに電話をかけて来た。
ボヨンは大丈夫かと聞く。
ギュジンはそのうち収まると言う。

ボヨンは私が必要ならいつでも連絡してくれと言う。
何でも奢ると言うボヨン
それはないです!

オクブンは食事もとらずにずっと寝込んだままだった。

ヨンダルはギュジンを呼び出した。
ギュジンによりを戻すのは無理かと聞くヨンダル。
ギュジンは子供の頃から母のことが嫌だったと言う。
いつも感情的で癇癪を起こすけれど、それでも母親だから受け入れていると言う。

しかし夫婦は違うようだと言う。
一度おかしくなったら元には戻せないと言う。
いつからか同じ家にいてもお互いに笑わなくなったと言う。
話すと喧嘩になると言う。

本当に申し訳ないと言うギュジン。
幸せに暮らすと言う約束は守れなかったと言う。

26話

ダヒはユンジョンにカフェを辞めた方がいいかと聞く。
ユンジョンはその方がいいかもしれないと言う。
ダヒは社長と仕事をするのが楽しかったと言う。
ワインを飲みすぎないで食事はきちんとしてくれと言うダヒ。

店を出たダヒはジェソクに会った。
ジェソクは俺たちはもう親戚ではないと言う。
呼び方も変えなければいけないと言う。

ダヒは私のことはダヒと呼んでくれと言う。
ジェソクは俺のことはオッパと呼ぶのかと聞く。
なんだか嬉しそうです

ダヒは挨拶だけすればいいだろうと言う。
ジェソクは今までの縁もあるから連絡は取ろうと言う。
2人は握手して別れた。

ナヒはオクブンの様子を見に行く。
オクブンはナヒを叩き、私のことを見下しているのかと言う。
顔も見たくないから出ていけと言う。

ナヒたちは兄妹4人で飲みに行く。
ガヒは母さんは可哀想だとう。
苦労して育てた4人のうち3人は離婚して1人は破婚、普通ではないと言う。
確かに不幸でしょうね

ジュンソンはナヒにお前は自分の決定に確信を持ちすぎだと言う。
お前も間違えることはあると言う。
俺やガヒや周りの人に意見を求めろと言う。

他の客がナヒに気づき、離婚していた医師だと話し始めた。
一人の客が俺でもあんな気の強い女とは暮らせないと言っている。
ジュンソンはその客の胸ぐらを掴み、誰がお前と暮らしてやると言ったかと言う。

ガヒが止めに入った。
しかし、今度はその客が兄姉もまるでチンピラだと言う。
その言葉に切れたガヒは客を殴ろうとする。
ナヒは自分が責任を取るから殴ってもいいと言う。
さらにネットで騒がれますよ

オクブンが家出した。
携帯電話もつながらない。
全員で行きそうな場所を探すが見つからない。

オクブンはナヒと一緒に来た江華島の海に来ていた。
ナヒはそこに探しに行くがすれ違ってしまった。

夜になって帰って来たオクブン。
ヨンダルはオクブンにゆっくり休めと言い寝かした。

オクブンが家に戻ったと聞いたナヒはヒョンギョンを食事に誘う。
ナヒは泣き出した。
ナヒは私が選択したから私が辛いのは耐えられるけれど、両親が苦しむのは耐えられないと涙を流す。

落ち込みながら市場を歩いているヨンダルに声をかけるチュヨン。
チュヨンはカラオケボックスに連れて行く。
夢中で歌うと胸のつかえが取れるから歌おうと言う。
チュヨンは自分は離れているから思い切り歌えとヨンダルにマイクを渡す。

2人は別々の部屋で思い切り歌った。

チュヨンは私は子供がいないから会長の気持ちはわからないけれど、苦しい時は最悪の状況を考えると言う。
最悪の状況に比べれば大したことはないと言う。
最初から子供たちが結婚しなかったと思えばいいと言う。
大病で死ぬよりマシだろうと言う。
ポジティブな考えです

ヨンダルはナヒに電話をして呼んだ。
ヨンダルはナヒに家に戻ってこいと言う。

27話

ヨンダルはナヒに家に戻ってこいと言う。
ナヒは離婚しても家に帰るつもりはないと言う。
ヨンダルはお前の意思は関係ないと言う。

マンションに戻ったナヒはギュジンに実家に帰ると言う。
父さんが怒ったら怖いから選択の余地はないと言う。

荷物をまとめ始めるナヒ。
ギュジンは一緒に手伝ってあげる。

タクシーに荷物を積み終えた。
ナヒは3年間辛いもこともあったけれどいい思い出も多かったと言う。
ギュジンは口うるさい夫と姑のせいでお前も苦労をしただろうと言う。

ナヒは結婚指輪を外した。
ギュジンも外し、2人は握手をした。
後悔しませんか?

実家に戻って来たナヒ。
オクブンはヨンダルに私も相談もなく戻れと言ったのかと聞く。
ナヒの顔を見る自信がないと言う。
ヨンダルはナヒが憎いならそばに置いて怒れと言う。

ヨンダルは家族、居候みんなを集めて週末の掃除の分担をする。
掃除が終わったら、今度はカクテキを作ることになった。
すべてを終えて銭湯に行く家族たち。

ナヒに冷たい態度をとるオクブン。
ガヒはナヒに私もそうだったからしばらく我慢をしろと言う。

ユンジョンがギュジンのマンションにやって来た。
部屋のインテリアがナヒの好みだったのでクッションやカーテンなどすべて替えようとする。
ナヒの洋服が置いてあるのを見て、これは何かと聞く。
ギュジンは急いで荷造りしたから忘れ物だと言う。

ユンジョンはナヒの洋服をゴミ箱に捨てる。
離婚したのだから忘れた洋服を届ける仲ではないと言う。
いつまで同じ病院にいるのかと聞く。
こんな姑なら離婚したくなるかも

成績があがったソヨンはヒョンギョンにジュンソンを誘って家族で食事をしたいとお願いした。
ソジンの幼稚園で面接をしたあと4人で食事に行くことになった。
誘われて浮かれているジュンソン。

しかし撮影依頼の電話がかかって来た。
3時前には撮影が終わると聞き引き受けたジュンソン。

撮影所で待機しているジュンソン。
主演俳優が来ないので撮影が遅れてしまった。

幼稚園の面接時間ギリギリに駆けつけたジュンソン。
着替える時間がなかったのでチンピラの服装で顔には傷のメイクをしたままだった。
怯える幼稚園の先生。
(笑)(笑)(笑)

ヒョンギョンは今回も約束を守らなかったと言う。
ジュンソンは悪かったと言う。
食事をする気分ではないからソヨンに謝れと言う。

25~27話感想

せっかく家族で食事をできるはずだったのにかわいそうなジュンソンです。しかし、後輩たちのために仕事を断るわけにはいかないし、タイミングが悪かったですね。
ギュジンの母ユンジョンは本当に嫌な女です。ナヒがいなくなったとたんにインテリアを替えようとするなんてナヒのことが嫌いだったのですね。反対にナヒが嫌うのもわかります。
ナヒとギュジンはお互いがそばにいなくなったので、これから寂しさを感じはじめると思います。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください