TIMES(タイムズ)-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

大統領の娘・ジョンインはある日、ウトウトして目を覚ますと目の前の世界はパラレルワールドのようなこれまで暮らしてきたものとは違う世界に変わっていた。
さらにその世界では生きていたはずの父も4年前に死亡していて…。

スポンサーリンク

【TIMES(タイムズ)】(ネタバレあり)

1話

大統領・ギテの一人娘・ジョンイン。
彼女は元々記者をやっていた父の背中を追うように自身も強い正義感を胸に報道局の記者として働いていた。
そんなある日、不正疑惑の前大統領・ペクの元へ行き不正について問い詰めたジョンインは彼から「君の父も同じだ。大統領の任期が終われば同じ目に遭うだろう」と耳打ちされる。
しかしジョンインは自分を惑わせるためのハッタリだと気にも止めないのだった。

もしそれが事実から偉いこっちゃですね…

その翌日、この日ジョンインは誕生日ということで父から家に呼び出され誕生日を祝われる。
そして2人で食事をする中、突然ジョンインの元に職場から連絡が入り、ジョンインは急いで仕事に向かうのだった。
その後、仕事をするジョンインはウトウトしてしまい一瞬を閉じる。
そしてすぐにジョンインが目を覚ますと、ある異変が。
何と全く知らない場所に移動していたのだ。

どういうこと?

「会社にいたはずなのに…」不審に感じながらも会社に向かったジョンイン。
しかし彼女は社員だと認められず入口で警備員に止められてしまう。
さらにそこに先輩がやって来て声を掛けるも「僕と面識が?」と初対面だと言い張る先輩。
この不可解な状況に訳がわからず戸惑う中、ジョンインは、父・ギテが演説中に死亡して4年が経過するというニュースを目にし衝撃を受ける。
「さっきまで一緒にいたのに…なぜ?」
ジョンインを悲しみと戸惑いが襲う中、ギテの議員仲間・ヨンジュがやって来る。
そして取り乱すジョンインの姿を見たヨンジュはジョンインをギテの墓に連れて行く。
それにより父が本当に死んだことを知ったジョンインは悲しみ涙を流すのだった。

ジョンインはパラレルワールドにワープしてしまったんでしょうか…?

スポンサーリンク

2話

1年後、ジョンインは突然自分が生きる世界が変わり父が死んでいたことを受け入れ始めていた。

流石にそのまま1年が過ぎればそうなりますよね…

そして父が殺された事件について犯人は捕まっていたものの、ジョンインは捜査記録に納得できない点があることから自らの手で調査することに。
そしてジョンインは当時の事件を担当した刑事を訪ねるも煙たがられてしまう。
そんななか、ジョンインが父が殺された事件を再調査をしていることを知った記者たちがジョンインが働く会社の前に詰めかけるのだった。
翌日の夜、仕事を終え家で1人で過ごすジョンイン。
すると突然電波障害でネットが繋がらなくなり、困ってしまった。

スポンサーリンク

どうやら町中で電波障害が起きているようです

そして翌朝、ジョンインが出社し仕事をするなか、突然携帯が鳴る。
相手はジヌという記者で、2人は戦争記念館で会って話すことに。
その後、ジョンインは記念館に到着するもジヌの姿がない。
電話をするとジヌはもう記念館にいるという。
さらにジヌは記念館ではジョンインの父・ギテの演説が行われていると話す。
「記念館で演説なんて行われていない。しかも父は死んでるからそんなことはありえない…」
ジョンインが戸惑うなか、電話口からは父・ギテの演説の声が聞こえて来るのだった。

ジョンインがいる世界とジヌがいる世界はパラレルワールドということなんでしょうね…。ではなぜ2人は電話で繋がったのでしょう…

スポンサーリンク

3話

電話で話すジョンインとジヌ。
同じ戦争記念館にいるはずなのにジヌがいる記念館では5年前に死んだはずのジョンインの父・ギテが演説を行っていた。
父が演説する声を電話越しで聞いたジョンインは戸惑い衝撃を受けるのだった。
その後、刑事にそのことを相談したジョンインは衝撃の事実を知る。
実は電話をかけて来たジヌは5年前に亡くなっていたのだ。
「なぜ死んだ人間が…?」
ジョンインは不可解な出来事に戸惑いながらも彼が働くタイムズ社の住所に。
するとそこは現在ジョンインが働く会社・デイリーリサーチだった。
そしてジョンインは5年前のジヌと電話で話していたことを知るのだった。

でもなぜ突然5年前と電話が繋がったんでしょう…

その後、ジョンインは5年前のジヌと同じ時間軸で時が進んでいることを知る。

ジョンインがいる2020年は5月10日の14時ならで、電話先のジヌがいるのは、ちょうど5年前の2015年5月10日の14時ということです

2日後、5月12日は父・ギテの命日で、5年前のジヌと電話できるなら父の死を防ぐことが可能かもしれないと思ったジョンインは、ジヌが亡くなった日についても調べてみる。
するとジヌの命日は5月11日で、彼の記事に対して恨みを持つ男に薬局で刺されて亡くなっていたことが判明した。

つまり父を助けるためには、まずはジヌを助けなければならないということですね!

翌日5月11日、5年前のジヌに電話をかけたジョンインは、そこで自分が5年後の2020年にいることを説明し、「15時27分にあなたの記事に恨みを持つ男に薬局で刺されるから気を付けて」と警告するのだった。
初めは信じていなかったジヌだったが、その時間に薬局に行くこととなり警戒しながら店内に。
するとそこでジヌはジョンインの予言通り男にナイフで刺されてしまうのだった。

スポンサーリンク

感想

1話では大統領の一人娘・ジョンインが突然パラレルワールドにワープしてしまい、さらにその世界では4年前に父が大統領になる目前で殺されていたという衝撃の展開でした。
ジョンインがワープした真相については謎が深まるなか、2話ではその世界で1年が経過。
そして突然5年前を生きている記者・ジヌと電話が繋がるという不思議な展開でした。
そして3話では、父の命日が2日後に迫り、5年前のジヌに父の命を助けてもらおうとするも、ジヌの命日が1日後だと判明するなど新たな展開がありました。
ジョンインがそれを警告するも、半信半疑なジヌはラストで刺されてしまいましたね。
ジヌが無事なのか、そしてジョンインは父の命を救えるのか、そしてジョンインがなぜパラレルワールドにワープしたのかは明らかになるのか気になるところです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください