TIMES(タイムズ)-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ギテがジヌの弟・グヌの死に関与していた疑惑が浮上するなど、グヌの死に何か裏があることを確信し、事件について調べ始めたジヌ。
そんななか今回、ついにギテの命を狙う黒幕の正体が明らかに…!

スポンサードリンク

【TIMES(タイムズ)】(ネタバレあり)

10話

2020年のジョンインは父・ギテの命を狙う黒幕を突き止めるためまずドギョンの仲間・ジョンシク刑事を調べるため彼の元へ。
「あなたが5年前に父の暗殺を企てた捕まったドギョンと深く繋がっていると報じます!」
ジョンインはそうジョンシク刑事に揺さぶりをかけ、その後彼の行動を監視するのだった。
その夜、仕事を終えたジョンシク刑事は車で日本料理店へ。
ジョンシク刑事が誰と会っていてどんな話をしているのか探るため店内に潜入したジョンイン。
そこでジョンシク刑事と会っている人物が、父・ギテの1番の議員仲間でジョンインも色々と世話になっているヨンジュだった。

彼女が黒幕のラスボスなんですかね…

その夜、ジョンインは2015年のジヌと電話で話していた。
そこで父・ギテの命を狙った黒幕のラスボスが、ヨンジュだと明かすと、ジヌは衝撃を受ける。
そしてジヌは「明日ドギュンの面会に行き、そのことを聞いてみる」と電話を切るのだった。
しかし翌朝、ドギュンは「全て自分1人でやった」という遺書を残し獄中で自殺してしまった。

自殺に見せかけヨンジュの部下に殺されたっぽいですね…

その後それを知ったジヌはショックを受けていると、ジョンシク刑事に呼び出される。
どうやらジョンシク刑事はドギョンからSDカードを託されていて、それをジヌに手渡す。
そこには弟・グヌが亡くなった日にジヌが働く会社の前で連れられる映像が保存されていた。
その後、会社まで来ていたグヌは何か手がかりを残してくれていると確信したジヌは社内を調べ始める。
すると部屋にUSBメモリーが隠されているのを発見。
そのメモリー内の画像から、ジヌは弟を殺したのがヨンジュだと確信したジヌは彼女の元へ行きこのことを追求。
するとヨンジュはある音声記録を流す。
それはギテとグヌが話す様子でその内容はグヌがギテの不正を告発するつもりのようで「すぐに退いてください」と問い詰めていて、ギテはグヌに告発をやめるよう説得している会話だった。
「あなたの弟・グヌは、口封じのためギテに殺されたのよ…」
ヨンジュはそうジヌに話すのだった。

これが真実なのでしょうか…

その後、ジヌは弟の復讐すべくギテの元へ行き、彼を殺害。
それによりまたしても2020年は大きく変化するのだった。

またしてもギテが命を落とす展開になってしまいましたね…

11話

2020年のジョンインは突然自分が暮らす世界が変化し始め、過去がまた変化したこと、そして2015年のジヌが父・ギテを殺したという事実を知り衝撃を受けた。
その後、ジョンインは2015年のジヌに電話を掛ける。
「お前もギテが弟を殺したと知っていたのか…?ギテの悪事を全て暴いてやる!」
ジヌは憤りながらそう吐き捨て、一方的に電話を切るのだった。

これまで協力関係だった2人の関係性が壊れてしまいましたね…

その後、ジョンインは父・ギテが自分の不正を隠蔽するためにジヌの弟・グヌを殺していたことを知り衝撃を受ける。
父が殺したとは信じられないジョンインはこの件についての真相を突き止めるため記者仲間のヨンジェ夫婦と調べることにした。
実はヨンジェ夫婦は2015年にジヌと共にグヌの死に繋がったギテの不正献金について調べていた。
そしてそこでギテが不正献金を得ていたという証拠を掴んでいたのだ。
その話を聞いたジョンインはまだ何か見落としているはずだとこの件についてさらに詳しく調べることにした。
その後、ジョンインはヨンジュの車に盗聴器を仕掛け、彼女を尾行。
するとヨンジュは官邸に入っていく。
そしてジョンインは不正献金を受け取っていた人物が父・ギテではなく、ペク前大統領だったことを知るのだった。

ギテの命を狙っていた黒幕のラスボスはペク前大統領ってこと…?

12話

夜、ギテによる不正疑惑、弟の死の真相を調べるジヌが車を走らせていると、尾行してくる謎の車に気付く。
「このまま逃げようとすれば麻浦大橋に入ってしまう…」
そう思ったジヌは車を止め尾行してきた車と衝突。
そして尾行してきた車の運転手がギテと電話をしていたことを知り、さらにギテへの不信感が募るのだった。
一方、2020年のジョンインは、ヨンジュの車に盗聴器を仕掛けたことがバレ警察に逮捕される。
逮捕される瞬間、ジョンインは2015年のジヌと繋がっている携帯電話を隠し、署に連行されるのだった。
その後、ヨンジュから取り調べを受けるジョンイン。
そこでヨンジュから衝撃の事実が語られる。
実はヨンジュと国会議員仲間のソンボムも、ジヌとジョンインと同じように時空を超えて電話をしていたのだ。

ジョンインとジヌの他にも時空を超えて連絡を取り合っていた人がいたとはまさかの展開…

時は2019年。
ソンボムはギテの告発によりペク大統領の次は自分の身も危ないと焦っていた。
すると街の電波障害により2015年のヨンジュと電話で繋がってしまう。
それを知ったソンボムはギテに自分達の告発をされる前にギテを潰してしまおうと考え、2015年のヨンジュに頼んだ。
そしてヨンジュは周りの人間を巻き込み演説中に狙撃し殺そうと企んだり、ひき逃げ事件をでっち上げ失脚させようとしたりしていたのだ。

ギテの命を狙ったのはそういう理由だったんですね…

一方、テレビではジヌの弟・グヌが横領していてそれがバレたため自殺したと報じられていた。
事実とは違うニュースに激昂したジヌは、ギテが事実の隠蔽のために情報捜査したと確信し、銃を手にギテの元へ。
激昂し銃を向けるジヌにギテは「私はグヌを殺してはいない!」と関与を否定。
するとジヌの携帯に2020年のジョンインから電話が。
刑事に協力してもらい署から脱出したのだ。
「今あなたが父を殺せばあなたも死ぬ。父を殺す黒幕はヨンジュ、ソンボム、ペク前大統領の3人であなたは彼らに利用されてるだけなの!奴ら父もあなたも始末して全てを闇に葬るつもりなのよ!起きて真相を解明しないと!」
ジョンインはそう言い、ジヌを説得。
しばらく考えたジヌは結局ギテを殺さずに見逃した。
これによりジョンインがいる2020年はまたしても変化し、なんと今度はジヌが大統領候補になっていた…。

まさかの展開…

感想

10話ではギテの命を狙った黒幕が1番近くにいた議員仲間のヨンジュだったことが判明するという驚きの展開がありました。
さらにジヌの弟の死の真相に関してはヨンジュかギテのどっちの仕業なのか分からず観ていて翻弄されました。
そして11話ではジョンインもジヌが父・ギテを疑っている事実を知り、真相を突き止めるため調べるという回でした。
結局、ギテはジヌの弟の死には無関係でしたが、ジヌはギテの仕業だと信じ込んでいて、波乱の予感がするなか12話では衝撃の展開の連続…。
最後まで目が離せませんでした。
ジョンインとジヌの他にも時空を越える連絡を取り合っていた人がいたとは意外な展開でしたね…。
そしてラストには過去が変わり2020年でジヌが大統領候補になるという驚きのラストでした。
次回どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください