TIMES(タイムズ)-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ギテを潰そうと企むジヌ、そしてそれを阻止しようとする現大統領・ギテたちによる熾烈な権力争いが描かれた前回。
そんななか今回、ジヌがギテを潰すべく本格的に動き始める…。

スポンサーリンク

【TIMES(タイムズ)】(ネタバレあり)

16話

2015年にジヌが持っていた携帯電話を探すジョンイン。
そんななか、ジョンインの元にソンボムから電話があり、会って2人で話すことに。
するとそこでソンボムは過去のヨンジュと繋がった携帯電話について、グヌがギテの不正献金の相手であるJC通信会社から貰ってきたものだと明かす。
そしてその携帯電話が原因でグヌはギテの不正献金を疑い始め、口封じのため殺されたのだとか。
さらにその携帯電話は4台しかないのだとか。

ジョンイン、ジヌ、ヨンジュ、ソンボムですね

そしてソンボムはその携帯電話の特徴について話し始める。

どうやら時空を超えた通信は故障を早めるようです

その後、ソンボムは情報提供の代わりに大統領・ギテに口利きをして欲しいと頼む。
しかしジョンインは「父とは喧嘩中なの」と軽くあしらう。
軽くあしらわれたソンボムは「どいつもこいつも…許さない…」と憎しみを露わにするのだった。
その夜、ジヌはペク前大統領の指示である場所へ。
そこで待っていたのはソンボム。
「ヨンジュを潰すためにはまずギテから潰そう」
ソンボムはそう提案し、具体的な案を話し始める。
その内容はジョンインがDBSの記者として働いているのはコネ入社だというフェイクニュースを流すというもの。

国民はコネ入社をとても嫌っているようで、ソンボムはこれによりきての信頼を地に落とそうと考えているようです…

しかしジヌはそれを拒否し、その場から立ち去るのだった。
その後、ジヌの元にペク前大統領が訪ねて来る。
そこでペク前大統領からギテを潰すためにフェイクニュースを流そうと提案されるも、ジヌは拒否。
ペク前大統領は憤りを感じながらもその場を後にするのだった。
その後、ペク前大統領とギテ現大統領の会談が行われる。
そこで2人は互いに牽制し合いながらも、ギテは「ジヌがあなたの足枷になっている。あなたは私と手を組むべきだ」とペクに話すのだった。
一方、ジョンインは行方不明状態の過去と繋がる携帯電話の行方を探していた。
そして無くした場所を特定したジョンインがさらに調べると、ジヌがその携帯電話を持ち去っていたことが判明。
急いでジヌの元に向かいそのことを問い詰めると、「あの携帯電話は壊した」とジヌは言い立ち去るのだった。
その後、ジヌは会見を開く。
そこでジヌはギテや他の政治家たちとJC通信の会長との間に不正献金があった事実を暴露した。

ジヌはギテを潰すため動き始めましたね

スポンサーリンク

17話

会見を開き、ペク前大統領、ギテ、ヨンジュとJC通信の会長が癒着していたことを暴露したジヌ。
その後、ジヌの元にペク前大統領から電話が。
憤るペク前大統領にジヌは絶縁を宣言し電話を切るのだった。
一方、ジヌの会見をテレビで見ていたギテとヨンジュはこれからどうすべきか対応策を考えていた。
するとそこにペク前大統領がやって来る。
慌てていて助けを求めるペク前大統領にギテは「3人で協力しこの状況を打破しましょう」と言い、3人は対策を練るのだった。

スポンサーリンク

ジヌという共通の敵を前に3人が結託しましたね

その後、ペク前大統領は会見を開き腹が立つ気持ちを押し殺し、「辛さを感じている」アピール。
一方、ヨンジュも会見を開きジヌが証拠である帳簿を違法に取得した可能性を指摘し、戦う姿勢を示す。
そしてギテも会見を開き、「ジヌの発言は事実無根です!」と宣言。
さらにギテは「ソンボムが私とヨンジュの名前を使い不正献金を受けていました」とソンボムに罪をなすりつけるのだった。

ソンボム、とんだとばっちりですね…

このギテの会見により世論は「ジヌが話題作りのため嘘の告発をした」という方向に動き始めるのだった。
一方、濡れ衣を着せられ窮地に追い込まれたソンボムは自殺を考え始める。
するとそれを知ったペク前大統領はソンボムと会い、「ほとぼりが冷めるまで大人しくしていろ」と告げるのだった。
その後、ギテとヨンジュはペク前大統領がソンボムと会っていたことを知る。
「やはり裏切ったようですね…」
ヨンジュとギテはペク前大統領を切るかどうか考え始めるのだった。

スポンサーリンク

18話

ギテたちへの不正献金が疑われるJC通信のパク会長が検察に出頭。
さらにギテが会見で話したことは真実で、ペク前大統領にはソンボムを通してお金を渡したこと、そしてジヌが持っている不正献金の証拠である帳簿はジヌが作った偽物だと供述。
これによりペク前大統領とソンボムは検察に召喚されることに。
さらにこの件がグヌの死にも関連していると思われ、再捜査が行われようとしていた。
「君は何か誤解してるようだ…。グヌを殺したのはペク前大統領とヨンジュだ」
それを聞いたジョンインは衝撃を受けるのだった。

グヌを殺すよう指示したのはペク前大統領で、殺したのはヨンジュだったんですね…

その頃、ジヌの元にギテの告発によりとばっちりを受けたソンボムが来ていた。
ジヌの元に来ていた。
そしてソンボムから弟・グヌを殺したのがペク前大統領とヨンジュだと知ったジヌは、急いでペク前大統領の家へ。
激昂したジヌはペク前大統領に掴みかかろうとするも、護衛に止められ追い返されるのだった。
一方、グヌの死の真相を知ったジョンインは父・ギテの元へ行きそのことを話す。
それを知り衝撃を受けるギテ。
「全てを明らかにするべきよ」
ジョンインがそう詰め寄ると、ギテは不正献金について真相を話し始める。
実はソンボムはパク会長からお金をギテの名前で受け取り、選挙資金に充てていて、ギテはそのことを後から知ったのだ。

ソンボムはとばっちりではなかったんですね…。そしてギテも半ば被害者だったんですね…

これらの真相を公にすることを渋るギテの様子を見たジョンインは、「なら私が偽りなく報道するわ」と告げたその場から立ち去るのだった。
その後、ジヌに会いに行こうとするジョンイン。
しかしギテが「娘を連れ戻せ」と部下に指示したことによりジョンインは彼の部下に追われ逃げる。
そして逃げるなかでジョンインは車道を走っていたトラックにはねられ、血を流し意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまうのだった。

ジョンインが死ぬとは…。まさかの展開ですね…

スポンサーリンク

感想

16話ではジョンインが過去と繋がる携帯電話の行方を捜索するなか、ついにジヌがギテたちを潰すため動き始めましたね。
これに対してギテたちがどう動くのか気になるなか、17話ではジヌに告発されたギテとヨンジュとペク前大統領が手を組む展開に。
巻き添えを喰らい濡れ衣を着せられたソンボムは可哀想だなと思っていましたが、18話で不正献金の真相、そしてグヌの死の真相が明らかになりました。
ギテは殺しておらず、殺しを指示したのはペク前大統領で殺したのはヨンジュだったという驚きの展開でした。
さらにラストにはまさかのジョンインが死亡…。
18話は衝撃と驚きの連続でしたね。
次回どんな展開になるのか気になるところです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください