TIMES(タイムズ)-あらすじ-最終回(24話)-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ソンボムを味方につけギテの不正告発に踏み切るもソンボムの裏切られたジヌとジョンイン。
そして今回の最終話、劣勢状態のジヌとジョンインはある行動に出る…。

スポンサーリンク

【TIMES(タイムズ)】(ネタバレあり)

24話

ジヌたちがソンボムと共に違法監視アプリ告発会見を開くも、ソンボムが裏切りジヌたちの「報道は虚偽だ」と言い出す。
これにより会見は大失敗に終わり、ジヌは逮捕されタイムズは警察に強制捜査されるハメに。
その後、ジョンインは父に「この件から身を引くからジヌたちを助けてあげて欲しい」と頼んだことでジヌは釈放され、タイムズへの捜査も打ち切られるのだった。

このまま不正の事実は闇に葬られてしまうのでしょうか…

それから数日後、ジヌとの関係を断ち、DBSで記者やキャスターとしての仕事に打ち込むジョンイン。
そんなある日、ジョンインはニュース番組でネットメディアの実態を取り上げることになる。
その台本はジヌたちの会社・タイムズを批判する内容で早速番組がスタート。
するとジョンインは「タイムズは最後まで真実から目を逸らさず世間に公表しようと努めていた。罪を償うべきなのは権力者に忖度し真実を隠蔽した私たちDBSです」と台本にはないことを話し始める。
現場が慌てるなか、ジョンインは話し続け、これまでのギテ主導で行われていた不正や悪事について暴露した。
さらに同じ頃、タイムズのサイトではジヌがさらに詳しくギテたちの不正について暴露する配信を行なっていた。
実はこの日のためにジヌたちは不正の証拠を必死に集めていたのだ。

ジョンインもこの告発をテレビで行うためにDBSでの仕事に打ち込んでいたんですね…

ジヌと協力しギテの不正を公表したジョンイン。
しかし自らの父を告発したということで少なからず罪悪感は感じていて、ジヌの元に向かう道中、1人で涙を流すのだった。
その後、ギテの不正にパク会長も絡んでいたということでパク会長も糾弾されるなか、ジョンインはギテと電話で話していた。
そこでギテは「全ては国民のためで私は間違った選択はしていない。私がなぜそうしたのか少なくともお前には知ってほしい…」と話すのだった。
翌日、ギテによる会見が行われるなか、ジョンインとジヌは2人で話をしていた。
するとジヌの携帯電話が鳴る。
携帯電話の画面には電話相手が「ジョンイン」と出ているが、目の前にいるジョンインは自分に電話などしていない。
ジヌとジョンインはその電話に驚き2人で顔を見合わせ戸惑うのだった。

恐らく未来のジョンインからジヌに再び電話が来たということなのでしょう…

感想

前回のラストでソンボムに裏切られた劣勢に立たされたジヌとジョンインでしたが、今回の最終話では一度手を引くフリをしてテレビとネット配信を使いギテの不正を告発するという大逆転劇を見せ、見事な幕切れとなりました。
ジヌが会見で何を話したのか気になりましたね。
そしてラストには「ジヌの元に再び未来のジョンインから電話が…」という続編を期待させるようなワクワクする終わり方でしたね。
未来のジョンインから電話が来たということは、また過去を変える必要があるということなんでしょうね…。
ギテやジヌの命に危険が迫っているのか、はたまたギテが行っていた不正が実は本当に国民のために良いことで、それを告発したことで未来の世界が悪くなってしまったのか…。
色々と想像が膨らむラストでした。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください