スベクヒャン-あらすじ-61話-62話-63話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソルランはマックムを探し本当のことを聞こうとしていました。一方マックムは、クチョンの行方をさがしていました。ソルランとマックムは会うことができるのでしょうか?

では、今回は61話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【スベクヒャン】(ネタバレあり)

帝王の娘スベクヒャン 61話

クチョンは仲間に呼ばれていた。

王宮で密かに王様を狙うものがいた。

王様が危ない。

ソルランは刺客の気配に気がついて、王様を寝床までお連れしたいと嘘をついた。

やはり、王様は狙われていた。ピムンと王様の一行は入れ替わり、事なきを得た。

えっ?親子対決?!クチョンはいる?

刺客に、クチョンはいなかった。

刺客はキムンのスニムン王が送った。

王は酒におぼれ、民は餓え、国は廃れていた。

そして、多くの民は百済に逃げている状況だった。

王様は、ソルランが最初に刺客を見つけたことを褒めた。太子とソルランが救ってくれたといって王様は喜んだ。

王様は褒美を与えたいとソルランに言った。

ソルランは、王様に数日休ませて欲しいと頼んだ。

マックムを探すのね

ソルランはソルヒにも嘘をついて、王宮をあとにした。

ソルヒはソルランを疑っていた。

太子もソルランが気になっていた。

察した王様は、宮外で息抜きをしてくるように太子に言った。

王様もソルランが好きで、王様は太子やソルランの気持ちに気がついていた。

チェファを愛した王様には、わかるよね。

太子は、お付きの部下を王宮に置いていった。

太子は偶然を装い、ソルランと一緒にいくと言った。

楽しそう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 62話

ヨン達率は、チンム公にスベクヒャン(ソルヒ)には、野心があると話した。

スベクヒャン(ソルヒ)はお金さえ貰えばなんでもする者のところに出掛けた。
スベクヒャン(ソルヒ)はお金を渡し、ソルランを尾行するように頼んだ。

その頃、太子とソルランは一緒にペク・カの元使用人を一人一人探し、マックムの行き先を聞いて回っていた。

太子が笑顔で優しくするので、不吉なことがあるのではとソルランは怪しんだ。
ソルランは太子が用意した服を着て、美しく輝くようだった。

素敵。

太子は、ソルランを妻と呼んでみせた。
なぜなのかソルランが聞くと、太子はお前が旦那様と呼ぶからと。昔のことを持ち出して話した。
ソルランはそんなに私のことを?と聞いた。
何か裏があると疑うソルランの手を太子は握り、二人は歩いた。

いい感じだけど、ソルランは太子の告白を遮るな~。

ソルランは太子に何が言いたいのか聞いた。
太子が話していると、ソルランと太子は何者かによって納屋に閉じ込められた。

一体だれが?

それを、スベクヒャン(ソルヒ)に頼まれて尾行していた者達は見ていたが、お金が貰えなくなるので、本当のことを話さないことにした。

スベクヒャン(ソルヒ)は、マックムを探していたこと、それからソルランが家に帰ったと嘘の話を聞いた。

その頃、ソルランは目を覚ましていた。
太子の頭を触ると、頭を殴られて血を流していた。
太子は呼び掛けても目を覚まさない。

死んだりしてないよね?

その頃、王様は、不吉な予感がしていた。

その頃、ソルランに気があったマングは、太子とソルランのことを聞き、ショックを受けていた。

そして、スベクヒャン(ソルヒ)は、ソルランがマックムを探していると聞いて、友達に会いに行ったはずなのにおかしいと考えていた。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 63話

王様は、太子を心配していた。王様は、ミョンノンを育てたことが最も誇らしいとホン・リムに話した。

ソルランが頬を叩くと太子は目を覚ました。
しかし太子は頭から血が出ているのを見てまた気を失ってしまった。

そして、次に目を覚ました時、太子のお腹がなり、ソルランの携帯していた食べ物を二人は食べた。
太子は、布に文字を書き、石にそれを巻き付け、窓から投げて助けを呼び、お前を助けると言った。
しかし、布はなくてソルランが服を破って渡し、文字をかく墨もないので、太子が血で書こうとしたけれど、痛そうな顔をしたので、ソルランが紅を棒につけ字を書けるようにした。
おまけに、不器用な太子は石も上手く窓から外に投げ出せなかった。

太子、実はなにもできないんじゃ?

ソルラン達を納屋に閉じ込めたのは、キムンの王、スニムンだった。
そして、スニムンは、百済の王ユンに会いに来た。共も数名しかおらず、軽装で来たことを皆は不審に思った。

ソルランが二日も戻らず、トルデとマング達は不審に思っていた。

太子が投げた石がやっと外に出た。ソルランと太子は喜び抱き合った。太子はさぶいなと言いソルランを抱き締めた。
しかし、外には人は通らず、ソルラン達を閉じ込めた者がその石を見つけてしまった。
ソルラン達は寒さで凍えていた。

その頃、なにも知らず、スムニンを迎えていた王に、スムニンは太子の身に何かあったのではと話した。

なんて奴

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 61~63話感想

最初はソルランと太子のデートが見れたようで嬉しかったのですが、その後は散々でした。実は、スムニンが王様を陥れるために太子を閉じ込めたのです。
閉じ込められた時、太子は本当に役に立たず、少しかっこ悪く感じました。
太子も、不甲斐ないことは分かっていると思うし、実は自分のせいで閉じ込められていると
知れば、もしかしたらソルランを諦める展開もあり得そうで、不安です。
二人はどうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください