恋の花が咲きました-あらすじ-109話-110話-111話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-109話-110話-111話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファとテジンは別れたものの、お互いを助け合っていい雰囲気も戻りそうな予感がします。
テガプが倒れ、その代わりに会社や部下を仕切るドヒョン。警官を辞めさせようとしてテジンに罠を仕組んでいます。グンファのことが原因なのかソンヒのことなのか、とにかくドヒョンはテジンが目障りなようです。その罠にテジンは引っ掛かってしまうのでしょうか。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

109話

テジンはグンファの夫が亡くなった事件の目撃者に会った。
目撃者は車を運転していた男は背が高いと言った。
しかしチョンバキは背が低かった。

ドヒョンはボラとスヒョクを留学させようとしている。

ジェヒはドヒョンにお前がテジンを潰そうとしているのかわからないと言う。
あいつと俺は同じ世界には生きられないと言う。
テジンはお前が好きなグンファが愛している人だと言うジェヒ。
ドヒョンは、俺は愛する人に何もしてあげられないと言う。

グンファには俺が壊れる姿は見せられないと言う。
テジンを殺すつもりかと聞くジェヒ。
どこまでやるかわからないと言うドヒョン。

ソンヒは寝ているテガプに話しかける。
あの時ドヒョンに自首させるべきだったと言う。
そのせいでドヒョンは今苦しんでいると言う。
あなたがその手で息子の人生を台無しにしたのだと言うソンヒ。
そうかもしれませんね

ジュヨンはスヒョクにボラの希望をかなえてあげたらどうかと言う。
ボラからたくさんの愛をもらったのだから返さなければいけないと言うジュヨン。

家に帰ったスヒョクは2人とって一番良い方法を考えてみようと言いボラを抱きしめる。

チェ巡査へのカンパは1億ウォンを超えた。
チェ巡査はテジンに泣きながらお礼を言う。

ドヒョンはスヒョクに会いに来た。
スヒョクは留学するつもりはないと言う。
ドヒョンは世話になりたくないなら後で返せばいいと言う。
スヒョクは無理強いされたくないと言う。

ボラの気持ちは考えないのかと言うドヒョン。
ドヒョンは、ボラはすべて捨ててお前のところにいったのだと言う。
それなのに小さなプライドも捨てられないのかと言う。
スヒョクは、これは2人の問題だから口を挟まないで欲しいと言う。
ドヒョンはボラを失いたくなければよく考えろと言う。

公園に1人でいるウリ。
テジンの祖母が声をかける。
ウリは友達が私を置いて誕生パーティに行ってしまったのだと泣いている。
私と遊ぼうと言う祖母。
ウリはパーティにはピザがあると言う。
ピザが食べたいと言うウリに一緒に食べようと連れて行く祖母。
本来なら知らない人について行っては駄目と言いたいところですが…

ドヒョンはソノクを呼び出した。
ボラのことで話があると言うドヒョン。
ソノクは最近ボラが元気なかったから理由を聞きたかったと言う。

ドヒョンはボラとスヒョクを留学させてあげたいと言う。
そして封筒を渡す。
ウリが走り回れる家を用意したかったけれどそこまでは無理だったので、これは3人で暮らすには充分だと言うドヒョン。

ソノクは受け取れないと返す。
ボラが正直に言ってくれたらそれでいいと言うソノク。
ドヒョンは、これはボラではなく自分の考えだと言う。

スヒョクはボラに、俺が留学すると言わなかったらどうなるのかと聞く。
俺が嫌だと言ったら別れるつもりかと言う。
本当の理由を言ってくれと言うスヒョク。
ボラは謝る。
私には謝ることしかできないと言う。
スヒョクは勝手にしたらいいと言う。

グンファはテジンをバッティングセンターに連れて行く。
負けた人がランチを奢ると言うグンファ。
断然テジンが上手だった。
子供の頃に野球をやっていたと言うテジン。

インターネットにテジンの記事が出た。
同僚のために1億ウォンの寄付を集めたと写真入りで載っている。

ウリに付き合ってピザを食べた祖母は胃の調子が悪くなってしまった。
無理したのですね~

ベクホはテジンの記事を家族に見せる。
家族みんなで喜ぶ。

ヒジンはソンヒにもその記事を教える。
テジンがスターになったと喜ぶヒジン。

テジンはイ警部に事故の目撃者に会った話をする。
目撃者は背が高い男だったと言っているのに調書には低い男だと書かれていると言うテジン。
イ警部は調書が改ざんされたのかもしれないと言う。

ドヒョンはテジンの記事が出たからあとはファン調査官がまとめてくれと言う。
ファン調査官はまずいことが起こったと言う。
テジンが事故を再捜査しているようだと言う。
テガプに頼まれ目撃者の証言を改ざんしたのだと言うファン調査官。
目撃者はテジンに見たままを言ったはずだと言う。

テジンはグンファを呼び出した。
テジンは、チョムバキがウリの父親をひいたのではないと言う。
真犯人は他にいると言うテジン。

110話

テジンはグンファに、ウリの父親をひいた犯人は他にいるかもしれないと言う。
目撃者の証言と調書が違うのだと言うテジン。
グンファはありえないと言う。
私は今まで何をしていたのかと泣きだす。
グンファを抱きしめるテジン。

テジンが帰ってくるのを待っていた家族。
一日中テジンの自慢話をしていたと言う祖母。
サンチョルはお前が誇らしいと言う。

スヒョクは仕事で帰れないとソノクに連絡をする。
ボラが帰ってきた。
ソノクはドヒョンに会ったことを言う。
留学したかったら自分から言ってくれと言うソノク。
ボラは謝る。
ソノクは留学するつもりかと聞く。
ボラはその前に一度家に戻らなければいけないと言う。

父が倒れて動けないから私が面倒を見なければいけないと言うボラ。
ソノクはその話はスヒョクに言ったのかと聞く。
勝手に決めたのかと怒るソノク。
ボラはすみませんと言い部屋に入ってしまった。

寄付金は1億2000万ウォンになった。
チェ巡査の示談金以外は他の悩みを抱える警官に分けようと提案するテジン。

ウンジュはグンファに、テジンと頑張れと言う。
もう終わったと言うグンファ。
猫をかぶっているのかと言うウンジュ。

この前テジンに告白した時に何も変わっていないと言っていたと言う。
つまりまだあなたのことが好きなんだと言うウンジュ。
私の負けだと言うウンジュ。
体を張るあなたには勝てないと言う。
最初から負けが決まっていたような…

ボラはウリにぬいぐるみをプレゼントする。
このぬいぐるみはウリの妹だと言うボラ。
ボラはウリを抱きしめる。

ボラはソノクに今までありがとうございましたと言い、荷物を持って出て行く。
引きとめるソノクを無視して出て行くボラ。

ソノクはボラが実家に帰ったことをスヒョクに伝える。
驚いたスヒョクはボラに電話をするが、ボラはヘチャンに料理を教えている最中だった。

ヘチャンの作ったチキンのソースを味見するボラ。
またつわりで吐きそうになった。
ヘチャンは心配するが、ボラは胃の調子が悪いのだと誤魔化した。

家に帰ったヘチャンはヒジンたちにボラの様子を話す。
ヒジンはつわりではないかと気付いた。
ベクホは妊娠だとしたらめでたいと喜ぶ。
ヒジンはなぜそんなに喜ぶのかと聞く。
親戚になるかもしれないのだと言うベクホ。

グンファはボラに会いに来たがボラは留守だった。
そこにドヒョンが来た。
グンファは話をしようと言う。

グンファはボラとスヒョクに留学の話をしたのかと聞く。
ドヒョンはボラを楽にさせたいし、2人とってはいい機会だと言う。
グンファはドヒョンが変わったと言う。
ドヒョンは自分のことを心配してくれるとは嬉しいと言う。

ドヒョンは約束した日になぜ来なかったのかと聞く。
グンファは急に用事ができてしまって申し訳なかったと謝る。
ドヒョンは、俺はいつもそんな存在だと言う。
いつもお前を待っている存在で、それでも時々連絡があればそれだけで幸せだったと言う。
しかし今はお前に会っても幸せには思えないと言う。
グンファは傷つけてしまってごめんなさいと言う。

グンファは、あなたは温かくていい人だからきっとすてきな人が見つかると言う。
ドヒョンは永遠にグンファにとっていい人でいたかったと言う。
これからは忙しくなるからウリにもグンファにも会えなくなると言う。
それでもグンファやウリには会いたくなるだろうと言うドヒョン。
とうとうグンファを諦めるのですか

スヒョクはボラの実家に来た。
ソンヒはスヒョクにボラは部屋にいると言う。
スヒョクはボラに帰ろうと言う。
ボラはスヒョクに別れようと言う。
スヒョクはありえないと言う。

ボラはつらいと言う。
ボラは、あの狭い部屋だと息ができないのだと言う。
スヒョクはあの狭い部屋が俺の現実だと言う。
スヒョクはいいたいことはわかったと言い帰ろうとする。

ドヒョンはスヒョクに俺も話すからボラを説得しろと言う。
スヒョクは必要ないと言い帰っていく。

ドヒョンはボラにスヒョクがいないと死ぬんだろうと聞く。
ボラは大丈夫、平気になると言う。
もう嘘はつけないし、お義母さんやグンファに会わせる顔がないと言う。
特にウリの顔は見られないと言うボラ。
ボラは仕方ないのだと言う。

その様子を見ていたジェヒは、ドヒョンに俺がボラと一緒に海外に行くと言い出した。
事故の調査は俺がしたのだから事実を知っていると言う。
海外で勉強をしたかったし、ボラもここにはいられないだろうと言う。
理解してくれと言うジェヒ。
脅しですか?

テジンはグンファにチョムバキの弁護をしたのはテガプの下にいた弁護士だと言う。
グンファはテガプが事故に関係しているのかと聞く。
テジンはテガプの家は親戚だろうから、やりにくいなら捜査から抜けてもいいと言う。
グンファはそれでもやると言う。

スヒョクは酒を飲んで帰ってきた。
ソノクに、ボラとはしばらく離れて考えてみると言う。
ソノクは2人が仲良くできるなら留学してもいいと言う。
そんな問題ではないと言うスヒョク。
グンファはボラの本心でないことはわかるだろうと言う。
スヒョクはわからなくなったと言う。

ソンヒはボラの妊娠に気付いた。
スヒョクは知っているのかと聞くソンヒ。
知らないと言うボラ。
ソンヒはスヒョクと別れるつもりならいっそ中絶してきれいにした方がいいと言う。
ボラはそんなことが簡単に言えるのかと言う。
この子は私の子供だと言う。
もうすぐ海外にいくから黙っていてくれと言うボラ。
一人で産むつもりなのですね

ソンヒは寝ているテガプにボラが妊娠したことを話す。
あなたが憎んでいたあの家の子供だと言う。

交番にファン調査官が入って来た。
テジンに話があると言う。

ファン調査官はテジンに5000万ウォンのためにこんなことをする奴とは思わなかったと言う。
何の話かと聞くテジン。
寄付金の中の5000万ウォンがお前の口座に振り込まれたと言うファン調査官。
驚くテジン。

111話

5000万ウォンが自分の口座に送金されたと聞き驚くテジン。
テジンはありえないと言う。
ファン調査官は記録が残っていると言う。
賄賂でももらっていて、それを隠すために募金口座をつくったのだろうと言う。

ファン調査官はお前のせいで警察は大混乱だと言う。
美談の主人公が汚い横領警官だったとは母親の血は争えないと言う。
ファン調査官は、お前は終わりだと言い笑う。

外で話を聞いていたイ警部が入って来た。
テジンはそんなことは絶対にしないと言うイ警部。
ファン調査官はこれが事実ならイ警部も責任を取ることになると言う。

ファン調査官はテジンに母親が母親だからもっと注意をすればよかったと言う。
テジンはもし記録があるならそれはねつ造だと言う。
調査した結果を教えてくれと言うテジン。
犯人がわからなければ自分が調べると言うテジン。

イ警部はグンファにテジンは汚名を着せられることが耐えられないだろうと言う。
だから愛する人がそばで支えてあげろと言う。
グンファは、私は違うと言うが、イ警部は、テジンはお前のことが好きだと言う。
見ていて2人とももどかしいと言うイ警部。
イ警部のグンファの母に対する態度ももどかしいですよ

グンファはテジンの母親の問題とは何かと聞く。
イ警部はソンヒが起こした昔の事件を教える。
両親はそのせいで別れてテジンも心に傷を抱えたのだと言う。

スヒョクはグンファにボラと別れると言う。
グンファはボラの何を見て来たのかと怒る。
私はテジンが心に傷を負っていることを知らずにさらに塩を振るようなことをしてしまったと言う。
スヒョクに自分のプライドのために私のような馬鹿なことをするなと言うグンファ。

ソノクは自分がテガプに頭を下げてでもボラとスヒョクを別れさせるにはいかないと言う。
スヒョクがボロボロになってしまうと言うソノク。

ソンヒはボラにジェヒとやり直せと言う。
ジェヒとアメリカに行けと言うソンヒ。
ボラは再婚する気はないと言う。
ジェヒとはありえません!

ジェヒはテジンが5000万ウォンを横領したと言う記事を流す準備を終えた。
ドヒョンはその記事は何度も流せと指示をする。

グンファはテジンを励ますために焼肉を奢る。
私も悔しい思いをしたからひとごとではないと言う。
テジンがデモをするなら一緒に立つと言うグンファ。
グンファは元気を出してくれと言う。
テジンはグンファのおかげで元気が出てきた。

そのときテジンの記事が流れたと記者から連絡が来た。
その記事を見てありえないと言うグンファ。
テジンは予想していたことだと言う。

ソノクはボラに会いに来た。
ソノクはスヒョクと海外に行ってもいいと言う。
ソノクは私がうるさく言ったからあなたに嫌な思いをさせてしまったと謝る。
ボラはそうではないと言う。
スヒョクを愛しているのだろうと聞くソノク。
ボラは愛だけでは限界があると言う。
ソノクはスヒョクが貧しいから別れるのかと聞く。
ボラはすみませんと謝る。
ソノクはそれならなぜスヒョクのところに来たのかと聞く。
結局スヒョクと別れるのかと怒って出て行くソノク。

ファン調査官と食事をするドヒョン。
ファン調査官はテジンのことは、バレたりしないようしろとくぎを刺す。
ドヒョンは誰の仕業かわからないように手を打ってあると言う。
テジンは警官を辞めることになるだろうと言うドヒョン。
ファン調査官はグンファもこの辺で一緒に始末をしたいと言う。
グンファには手は出さないはずです

ソンヒはサンチョルを呼び出す。
ソンヒは今度の記事はドヒョンが仕組んだようだと言う。
私も方法を考えるが、テジンに覚悟するように言ってくれと言うソンヒ。
サンチョルはなぜテジンを目の敵にしているのかと聞く。
ドヒョンはグンファのことが好きなのだと言う。

サンチョルはソンヒから聞いたことをテジンに伝える。
今回のことはドヒョンが仕組んだことを聞いたテジンは飛び出していく。

テジンはドヒョンに会いに来た。
お前が仕組んだのかと言うテジン。
ドヒョンは俺も記事を見たばかりだと言う。
無実の俺を責めるなと言うドヒョン。
テジンは罪を犯したらそれを隠すためにまた罪を犯すのだと言う。

グンファの夫の事故には真犯人がいると言うテジン。

109~111話感想

ドヒョンはグンファのことを諦めたようです。しかしテジンには渡したくないようです。
ジェヒはしつこい男ですね。だからボラに相手にしてもらえないのですよ。さすがにボラが妊娠していると知ったら諦めるでしょう。
ヘチャンの作ったチキンソース! 食べてみたいですね。ヒジンの店のチキンは本当に美味しそうです。