恋の花が咲きました-あらすじ-55話-56話-57話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファはテジンとラブラブで幸せ真っただ中ですが、スヒョクは辛い思いをしています。
ドヒョンからもテガプからも殴られ、ソノクまで傷つけられて可哀想です。それを聞いたグンファも落ち込みます。
ボラはスヒョクを諦めるでしょうか。ドヒョンもさすがにグンファに嫌われてしまったので引き下がるのでしょうか。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

55話

ソンヒと待ち合わせしていたヒジン。
ヒジンが浮気していると思ったベクホが後をつけてきた。
ヒジンと約束をしていたのはお母さんだと知ったベクホ。

ソンヒはベクホにきちんとした席で会いたかったと言う。
ヒジンと偶然再会したのだと言うソンヒ。
ベクホは義父が再婚したのは知っているかと聞く。
サンチョルと寄りを戻したくて会いに来たのではないと言うソンヒ。
ヒジンたちを苦労から解放してあげたいと言うソンヒ。
ベクホにやりたいことがあるなら協力すると言う。
ヘチャンも父親が成功したら喜ぶはずだと言うソンヒ。

家に帰ったヒジンはベクホに母に会ったことはしばらくの間、祖母やテジンには言うなと言う。

ドヒョンは公園で自転車に乗っているウリに会いに来た。
自転車は気に入ったかと聞くドヒョン。
ウリはサンタさんが買ってくれたと言う。

ソノクがウリを捜しに来たので隠れるドヒョン。

サンチョルはジュヨンに会いに来た。
家族だけで食事をしようと思っていると言うサンチョル。
ジュヨンが明日事務所を出て行くと知ったサンチョル。
母には言わないでくれと言うジュヨン。

ギョンアは祖母に髪を染めたらどうかと聞く。
20歳くらい若返るはずだと言うギョンア。
確かに!このおばあさん美人です

ソノクはたくさん肉を買ってきたので、グンファたちは焼肉をする。
スヒョクは明日事務所を出ると言う。
どこでも仕事ができるし健康ならそれでいいと言うソノク。
みんなで乾杯する。

ボラはテガプにジェヒとは結婚しないと言う。
強要するならアメリカに行くと言うボラ。

ソンヒはテガプに娘の生活が苦しいようだから助けてあげたいと言う。
好きにしたらいいと言うテガプ。
最近反抗してばかりいる子供たちよりお前に優しくすると言うテガプ。

テガプはジェヒにソンヒが財産分与を請求してきたときのために準備をしておけと言う。
何の準備?

グンファが2度も犯人を捕まえたので表彰されることになった。

ボラがグンファに会いに来た。
ボラはグンファにスヒョクは大丈夫かと聞く。
グンファは平気な振りをしていると答える。
ボラはどうしたらいいかわからずにここに来たと言う。
今は兄を放っておくのがいいと言うグンファ。
今は耐えるのに精いっぱいのはずだと言うグンファ。

帰るボラを見送るグンファ。
テジンはボラを見て駐車場の被害者ではないかと言う。
グンファは兄の彼女だったと言う。
お互い好きなのに会えないのは辛いと言うグンファ。

ヒジンはヘチャンに一生懸命に勉強したら留学でも何でもさせてあげると言う。
ヘチャンは、勉強は嫌いだと言うが、何をするにも勉強が必要だと言うヒジン。
ヘチャンは自分の本当にやりたいことを知らないくせにとつぶやく。
何がしたいの?

ヒジンはギョンアに息子さんは留学中ではないのかと聞く。
仕事を手伝ってくれと頼まれて帰国したと言うギョンア。
一度家に呼んで食事をしようと言うヒジン。

ヒジンはウンジュを店に呼んだ。
ヒジンはウンジュにテジンと結婚したら江南にマンションを買ってあげると言う。
ウンジュはテジンを逃がしたくないと言う。
ヒジンは、テジンはウンジュのことが好きなんだと思うと言う。
ウンジュは、テジンはグンファと付き合っていると教える。

家に帰ったテジンに子持ちのグンファと付き合っているのかと聞くヒジン。
グンファのことが好きだと言うテジン。
これは自分の問題だと言うテジンに、家族の問題だと騒ぐヒジン。
テジンはヒジンにグンファに会いに行って何か言ったら承知しないと言う。

グンファはスヒョクにボラが会いに来たと言う。
ボラも可哀想だと言うグンファ。
スヒョクは気持ちを整理するために来たのだろうと言う。
次に会いに来ても無視しろと言うスヒョク。

ドヒョンは酒を飲んでいる。
酔いつぶれて倒れてしまったドヒョン。
そのまま病院に運ばれた。

テガプたちは病院に行く。
ドヒョンを病院に運んだのはジェヒだった。

ジェヒはソンヒにテガプが遺産をまとめようとしていると言う。
ソンヒは教えてくれてありがとうと言う。

ジェヒはソンヒにドヒョンには好きな人がいて、その人は子供のいる母親だと教える。
交番の女性警官だと言うジェヒ。
本当にチクリ屋ですね~

ウンジュはグンファに付き合っているとは知らずにテジンに告白すると言ってしまい嫌な気分だと言う。
グンファに勇気があると言うウンジュ。
自分だったら告白されても簡単にオッケーしないと言う。

その話を聞いていたテジンはグンファに外に出ろと言う。
グンファが出って行った後テジンはウンジュに確かにグンファのことが好きだが、姉にその話をするとは思わなかったと言う。
いずれわかることだろうと言うウンジュ。
しかしここは職場だから控えてほしいと言うテジン。

ソンヒは交番の前でグンファを見ている。
グンファは車に乗っているのがドヒョンの母だと気付いた。

56話

交番の前に車を停めグンファを見ているソンヒ。
グンファはソンヒに気付いた。
しかしパトロールに行くためにテジンと車に乗りこむグンファ。
ソンヒはドヒョンが好きな女がテジンのパートナーだと知った。

グンファはテジンにウンジュのことは自分がなんとかするから口を出さないでくれと言う。
男の人に守られたくないのだと言うグンファ。

食欲のないドヒョン。
それでも食べろと言うテガプたち。
ボラに任せて家に帰るテガプとソンヒ。

ウリが劇でテコンドー選手になるためテコンドーの服が必要になった。
もう店が閉まっているので買うことができずに困っているグンファ。
テジンが持っていると言う。

ヘチャンの道着を持ってきてくれたテジン。
グンファはテジンに役に立つ彼氏だと言う。
テジンはウリとの約束はいつにするかと聞く。
最近いろいろとあって落ち着かないと言うグンファ。
テジンは来週にしようと言う。

スヒョクはグンファに絶対に成功してお前とお母さんとウリを笑顔にしてあげると言う。
グンファは子供の頃からスヒョクのことが自慢だったと言う。
グンファは成功する人は途中一度くらい失敗するものだと言う。

ボラはドヒョンに聞きたいことがあると言う。
もしかしたらグンファのことが好きなのかと聞く。
はい!兄妹揃って同じ兄妹を好きになりました

ヒジンはテジンに、ヘチャンの物を勝手にあげるなと言う。
貸しただけだと言うテジン。
ヒジンは黙っているからと言って許したと思っているのかと聞く。
テジンはもう自分は11歳の子供ではないと言う。

ヒジンが怒っている理由を聞くベクホ。
テジンが子持ちのグンファに夢中になっているのだと言うヒジン。

朝早く起きて地方の仕事に行くスヒョク。
ソノクは眠くなったら車を停めて仮眠をしろと言う。

祖母はヒジンに最近店を開けてばかりだと言う。
ヘチャンの先生を探しているのだと言うヒジン。
成績を上げてくれる先生を探すのは大変なんだと言うヒジン。
テジンは、ヘチャンは子供ではないのだからヘチャンの意見も聞けと言う。
ヘチャンはその通りだと言う。
ヒジンはテジンに干渉するなと言う。
ヒジンはヘチャンが私の息子でなかったら何も言わないと言う。
祖母は、テジンは甥だから心配しているのだろうと言う。

ギョンアは最近の子供は遊びたい盛りに重いカバンを持って勉強しなくてはいけないからかわいそうだと言う。
その言葉におばさんが口を挟むのかと言うヒジン。
サンチョルはギョンアのことをおばさん扱いするヒジンを注意する。

ヘチャンは家庭教師なんかいらないと出て行く。

グンファは表彰されて交番に戻ってきた。
正装になるとスタイルの良さが際立ちますね

グンファに祝いの言葉をかける同僚や上司。
今日はテジンの姉のチキン屋でお祝いをしようと言う同僚たちに今日は違う店に行こうと言うテジン。

グンファはウンジュにテジンのことが好きだと言う。
駄目なのはわかっていたからたくさん悩んでけれど勇気を出してみると言う。
ウンジュは周囲の人を苦しめることになるだろうけれど頑張ってみればいいと言う。

スヒョクの事務所に来た女性。
ボラはそこの事務所は引っ越しをしたと教える。
その女性は以前ボラをモデルにして広告を撮った会社の社長の姉だった。
スヒョクに事業のことで相談があってやってきたのだった。
女性はボラに今日中に会えるようにしてもらえないかと頼む。

地方からの帰り道、スヒョクは居眠りをしてしまった。
事故を起こしてしまったスヒョク。
前の車にぶつかってしまったのだった。
災難続きでかわいそうすぎる

スヒョクは被害者に謝る。
被害者は買ったばかりの新車を傷つけたと怒っている。
被害者は車を元通りにしろと言う。

それを見ていたジェヒ。

駆けつけたグンファ。
スヒョクに怪我はないのかと心配するグンファ。

ドヒョンもグンファを見ていた。

57話

被害者に謝るスヒョク。
車を事故の前の状態に戻せと言う。

事故になったと聞いて病院に駆けつけたグンファ。
スヒョクは自分のミスだと言う。
グンファは、修理代は保険で払えばいいと言う。
スヒョクは、保険は3000万ウォンしか出ないと言う。
相手の車は最高級の外車だと言う。
修理費とあわせて1億4000万ウォンだと言うスヒョク。
オーマイガー!

ジェヒはドヒョンに東大門の仕事を引き受けた先輩の広告の評判がいいと伝えに来た。
ドヒョンはスヒョクに悪いことをしたと言う。
ジェヒは大手ではなければできなかったと言う。

ジェヒはドヒョンにグンファのことは諦めろと言う。
お前の事が心配だと言うジェヒ。
お前から誠実さは感じられないと言うドヒョン。

早起きするためにスマホのアラームをセットするギョンア。
サンチョルはギョンアが寝ている間にスマホの電源を消してしまった。

翌日、朝ごはんの準備をしている祖母。
起きてきたヒジンにテジンに朝食を食べさせなかったのかと怒る。
寝坊したと謝りながら台所に来たギョンア。
サンチョルは昨夜ギョンアが胸焼けしていたようだから自分がアラームを消したのだと言う。
祖母は、女は子供を産んだ翌日に働いていたと言う。
怠けたらきりがないと言う祖母。
ギョンアが祖母に怒られたので喜ぶヒジン。
性格悪!

祖母はヒジンに結婚したばかりだから理解してやれと言う。
ヒジンは、お父さんは昔と変わったと言う。
最近は家を出たいくらいだと言うヒジン。

ソノクはスヒョクとジュヨンが保険の話をしたのを聞いてしまった。
グンファに何があったのか正直に言えと言う。

交番の同僚や上司はグンファの兄の事故を聞いて賠償金はいくらかと聞く。
1億4000万ウォンと聞いて驚く同僚たち。

グンファから話を聞いたソノク。
ソノクは友達のスジャに誰かお金を貸してくれる人を知らないかと聞く。
スヒョクを刑務所に入れる訳にはいかないと泣くソノク。
なんとかしてあげたい

ドヒョンの病室で弁当を食べるテガプ。
ドヒョンはソンヒと何かあったのだろうと言う。
ソンヒは最近株に投資して忙しいと言うテガプ。
テガプはなぜあんなに飲んだのかと聞く。
女のせいかと聞くテガプに、ちょっと近づいたら殴られたと言うドヒョン。

ソンヒはヒジンに家庭教師のリストを渡す。
高そうだと言うヒジンに私が何とかすると言うソンヒ。

ボラとショッピングに行く約束をしていたが、ヒジンが来るのが遅れたため行けなくなったとボラに電話するソンヒ。
テジンには付き合っている人はいないのかと聞くソンヒ。
いないと答えるヒジン。

スヒョクはグンファに会いに交番に来た。
グンファが席を外しているのでテジンと話をするスヒョク。
被害者と話はついたのかと聞くテジン。
相手の要求は車を直せと言うことだと言うスヒョク。
スヒョクは自分に落ち度があるからきちんと責任を取るつもりだと言う。

戻ってきたグンファ。
スヒョクは、お母さんは家の保証金を返してもらおうとするだろうと言う。
家族を放り出すわけにはいかないと言うスヒョク。
グンファは刑務所に入るつもりかと聞く。
スヒョクはグンファに絶対に病院には行くなと言い帰る。
刑務所に入るつもりでしょう

テガプはソンヒに、ボラとできない約束はするなと怒る。
娘と会う約束をしたのに娘が来たのが遅れたのだと言うソンヒ。
息子が病院に入っているのに大目にみるのにも程があると怒るテガプ。
ソンヒはボラとは毎日顔を合わせているけれど娘には時々しか会えないのだと言う。
あなたに子供の話をするのは気が引けていたけれど、もう二度と話はしないと言う。
ソンヒはあなたも隠していると言うなと言う。

グンファは被害者に会いに行くことにした。
テジンが一緒に行くと言うのを断るグンファ。

グンファは被害者にスヒョクの妹だと言う。
妹が警官だと知っていた被害者は家族だからと言って警官が加害者の肩を持つのはまずいと言う。
警察は市民の味方だろうと言う被害者。
グンファは被害者に今回は許してほしいと頭を下げる。

被害者はグンファにお金がなければ体で払えと言う。

それを聞いていたドヒョン。

グンファはボクシングでストレスを発散する。
サンドバックを叩き続けるグンファ。

泣いているグンファ。
テジンがやってきてグンファを抱きしめる。

55~57話感想

スヒョクは本当についていないですね。頑張らなければならないと気が焦っていたのでしょうか。1億4000万ウォンを払えるのでしょうか。
もし払ったとしても一生借金の返済に追われる生活になりそうです。
そんな兄のいるグンファをテジンの家が許すはずがありません。ますますグンファは不利になってしまいました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。