私の国のあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するのは韓国で2019年 10月4日から2019年 11月23日まで放送された『私の国』です。
『デュエル~愛しき者たち~』のヤン・セジョンと『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』に出演したウ・ドファン主演の韓国ドラマ。

今作品は制作費200億ウォン・撮影期間9ヶ月という大作時代劇で歴史的な人物とオリジナルの架空のキャラクターの演出が話題になりました。
ここでは韓国ドラマ『私の国』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

私の国 あらすじ

時は高麗時代末期、病弱な妹を優しく面倒を見ながら暮らすソ・フィ、そして父は高官であるものの母が奴婢というだけで差別を受けてきたナム・ソノ。
二人はお互い剣の腕を磨く親友でありライバル、ある日二人は武科試験を受けに行くがその道すがらで役人に追われていた娘のハン・ヒジェを助ける。
ヒジェは助けてもらった二人のうち、フィが自分の命の恩人であるソ・ゴムの息子だと知ると、次第にフィに対して惹かれていく。

武科試験に挑んだ二人は勝ち上がり首席を争い対決することになり、フィが試験に勝つもののソノの父が武科試験官を買収しソノが合格してしまう。
父からフィを殺せと指示されたソノはフィを遼東征伐軍の前線に配属、しかしフィはそこで武功を上げ他の兵たちから信頼を勝ち取る。

私の国-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

私の国-1話-2話-3話

私の国-4話-5話-6話

私の国-7話-8話-9話

私の国-10話-11話-12話

私の国-13話-14話-15話

私の国-最終回(16話)

見どころポイント
今作品の見どころは今最も旬な俳優の一人であるヤン・セジョンが演じたソ・フィが本格的なアクションと妹思いで正義感に燃えるかっこいい役を熱演。
そして最初は親友ながらも身分の壁に苦しみ、父に認められるために敵としてソ・フィに立ちふさがるナム・ソノとソ・フィの対比も面白かったです。
また、日本語吹き替えも実力派声優が揃い踏みなので違和感無く、更に物語を面白く演出してくれていました。

私の国 評価・レビュー

韓国ドラマ「私の国」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

韓国の時代劇によくある陰湿な権力争いや女たちの嫉妬などが無くて非常に見やすかったですね。
話のテンポも良くサクサクと進んでいくので韓国時代劇の中ではなかなか面白かった方だと思います。

序盤はフィとソノという二人が身分の壁に苦しみながらも逆境を跳ね返すように頑張る姿が印象的でした。
しかし、某中国戦国漫画とは違い親友のソノは父に認めてもらう為に親友のフィを裏切ってしまうのが残念。
このわだかまりは最終盤になるまで縺れますが、正直ここはもう一緒になって頑張って戦う方が良かったのかなって思いました。

中盤になると徐々に功績を積んで王宮に関わっていくフィ、ナム・ジョンに復讐する為にバンウォンと接触していきます。
このバンウォンは最初は権力に取り憑かれたよくある王の息子かなーって思ってましたが、全然そんなことは無かったですね。
最大の理由が父のイ・ソンゲに認められたいというソノと同じような理由、確かに世子向きではなかったにしろ葛藤を上手く演じてたのが良かった。

終盤はフィとソノの確執が深まる一方、バンウォンとナム・ジョンの争いも激化しついにナム・ジョンが倒れてしまいます。
ソノは正直あんな父についたのが最大の間違いで、何度も腹を刺し刺しあった仲(?)なのにも関わらずコロっとフィと仲直りする尻軽男でしたね。
それに比べてバンウォンの一本筋の通った男っぷりは主人公二人より断然かっこよかったです!

三角関係で少し愛憎劇に発展するのかなと思いましたが、どちらかというと男性主体で男同士の関係を熱く描いた作品でした。

私の国 キャスト・登場人物

韓国ドラマ『私の国』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールを紹介していきます!

ソ・フィ役/ヤン・セジョン
イ・ソンゲの部下として高麗最強の武将として名高いソ・ゴムの息子であり、父が自決した後は病弱な妹を育てる為に鍛冶屋で薬代を稼いでいる。
父と同じく武芸に長けており正義感が強く、武科試験を受け親友のソノと対決し勝負には勝つがソノの父ナム・ジョンの策略で不合格にされる。

ナム・ソノ役/ウ・ドファン
高麗の高官ナム・ジョンの庶子だったが嫡子である長男が事故で死んでしまった為に息子として認められるが母が奴婢だという理由で差別される。
父に認められるためフィと一緒に武芸を磨き武科試験を受けることになる。

ハン・ヒジェ役/ソリョン
父の顔は知らず母は妓生、自らは妓楼の梨花楼で育ち、幼い時に刺客に母が殺されてしまい自分も狙われてしまうがソ・ゴムに助けられた過去を持つ。
偶然出会ったソ・ゴムの息子であるフィと惹かれ合うことになるが、ソノからも想いを寄せられている。

イ・バンウォン役/チャン・ヒョク
イ・ソンゲの五男で文武両道、頭のキレも良く父の為に政敵を自ら排除して貢献していたが世子の座を異母弟バンソクに奪われ反乱を起こす。

イ・ソンゲ役/キム・ヨンチョル
高麗を倒し新たな国として朝鮮を建国し初代の王の座に就くが、世子問題でバンウォンと対立することになる。

私の国 基本情報

放送日 2019年10月4日~2019年11月23日
話数:16話
キャスト:ヤン・セジョン ウ・ドファン ソリョン  チャン・ヒョク
演出:キム・ジンウォン
脚本:チェ・スンデ

ユーザーレビュー
あなたの評価を投稿
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿

私の国
平均点:  
 11 件
匿名
Aug 5, 2021
映像がとても綺麗で、まるで映画を観ているような感覚になりました。そして、フィとソノの微妙な関係が気になって仕方がありませんでした。あれほどまでに仲が良かったのに、父親が不正をしたことがわかったからと、あれほどまでに態度を変えてしまうものなのでしょうか。
テテテテ
Aug 5, 2021
私は歴史ドラマがスゴく好きで、私の国はちょうど高麗末期から朝鮮建国の激動の時期を再現してるのでハマりました。ライバルである2人の美男子と1人の女性との三角関係がハラハラします。やはり当時の衣装再現は見事です
匿名
Jul 5, 2021
戦いのシーンに、馬の足を狙って武器を投げつけたり、馬を無茶な転ばせ方をして、馬は倒れたまま動きませんでした。

戦いの後、人間が死んでいる場面は演技ですが、馬が倒れたままなのは演出ではなく、本当に死んでいるのではないでしょうか?

リアリティな映像を撮影するためとはいえ、この演出はあまりにひどすぎます。

このシーンを観てから、ストーリーが頭に入らなくなりました。

ストーリーの続きは気になりますが、きっとこの先も、このような胸が痛くなるシーンが出て来るのは予想できるので、この後は視聴しない予定です。
匿名
Jun 9, 2021
登場人物のどこに注目すべきなのか悩むところがありました。戦うシーンが多すぎて、麻痺しているのか何の目的でこの人たちは戦っているんだっけという疑問を持ってしまいました。誰が正義なのか、伝えたいことが何なのか、最後まで見ると、何となく理解できますが、アクションかっこいいと思いながら、我に返って何の為に戦ってるっけ?となってしまいました。
匿名
Jun 9, 2021
数々の魅力的なキャラクターが登場するこの作品で、特に印象的なのはフィです。最終回で、ソノを守るためにイ・バンウォンの前に立ちふさがるシーンに、彼の人柄が現れていたと思います。ラストは、悲しくて涙か止まりませんでしたが、その生きざまはとても誇らしかったです。
匿名
Jun 9, 2021
アクションシーンにとてもこだわっています。なかなかグロテスクな描き方をされていて、個人的にはその描き方は好きですが、ストーリー的に誰に感情移入したらよいものかわからないまま終わった感じが否めません。アクションありきでみるならば、いいかもしれません。
匿名
Jun 9, 2021
とにかく主演のヤン・セジョンとウ・ドンファンがイケメンです。悲しいことばかりが起きるので、悩ましげな表情がほとんどですが、それだけに時々見せてくれる笑顔が余計に切なく美しいです。チャン・ヒョクの演技もさすがの安定感。韓国歴史ドラマにしては長い方ではないですが、ストーリーや世界観に引き込まれて一気に観てしまいました。
匿名
Jun 9, 2021
戦闘シーンがすごかったです。戦うシーンはまるで舞台の一幕を見ているような臨場感でしたが、ちょっと長引く戦闘シーンにやりすぎな感じも否めません。生命力の強さが半端な差過ぎて、ストーリーが入ってこないということもしばしばあり、これは乱闘シーンを見るドラマなんだろ割り切ってみてしまいました。
匿名
Jun 9, 2021
あんなに仲が良かったのに、野心が芽生えたことで、親友を裏切るソノが、ときに哀れに思えました。更に、作品を盛り上げるのがイ・バンウォンのキャラクターです。内面の野心を胸に秘めながらも、そんな様子をほとんど見せない姿がとても印象的でした。
匿名
Jun 9, 2021
そうまでして戦うって、人の命ってなんだろうというような裏テーマがあるのかと思うくらい、ストーリーや登場人物の誰かに思い入れを感じるということが出来ませんでした。展開的にはありがちなストーリーなのですが、戦闘シーンを詰め込みすぎた結果なのか、それとも誰が正しいとか、どんな理由で戦うんだとかそんなの関係なく、個々に抱く自分の国への信念を考えろと投げ出された感じです。

王座めぐり、復讐などテーマはありがちですが、個々の個性がなかなか上手に描ききれていなかったのかなと思います。
Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1件のコメント

いつも参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。一つ質問、ジアンのお父さんとトンイのお父さんは同じ人ですか?毛嫌いしていた私に韓国ドラマを薦めてくれたのは題名は忘れてしまいましたが、双子の刑事の兄が弟を殺され弟になりすましお父さんの敵を打つドラマでした。「ウナシー」が印象的でした。ので初心者のおいらに見なきゃ損だドラマがありましたら、ご紹介いただけましたら幸いです。今毎回見てるのはヘチ、トンイ、王の顔、黄金の私の人生、恋する泥棒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください