赤い靴-あらすじ-49話-最終回(50話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ついに“ローラの社長ミン•ヒギョン”の幕が閉じました。
自らを「不死鳥ミン•ヒギョン」と言っていたヒギョン氏はこれからどうなるのでしょう。

そして実の我が子だと知らずにジェンマを消そうとしているクォン•ヒョクサン。
例え相手が我が子じゃなく誰であろうと、許し難い行動ばかりしてますね。

ついに今回は最終話をご紹介します!どんな結末になるのでしょうか!?

スポンサーリンク

【赤い靴】(ネタバレあり)

赤い靴 49話

仕事を失い家で酒浸りの妻に、ジェンマを消す予告をするクォン•ヒョクサン。

それはあってはならないと思いつつも、ジェンマとヒョクサンの血縁関係を打ち明けられずにいるヒギョン。

ジュヒョンが最悪の事態に気づき、ヒギョンに止めるよう説得するも間に合わず…。

遅まきながらもやっと夫に真実を打ち明けた時には、既にジェンマは息絶えようとしていた。

ジェンマが実の娘だと打ち明けられたヒョクサンは態度を一変し、ジェンマを病院に運び自分の血を輸血した。
ジェンマはぎりぎり一命を取り留めた。

たまたまソニの店を訪れたスクジャは、ジェンマがヒョクサンのせいで重体だと知る。
息子のみならず孫まで殺そうとするケダモノ以下の愚か者に、罰を与えるスクジャ。
これまでローラに400億ものフォローをしてきたスクジャだからこそ、ローラを倒産に追い込むなど朝飯前だ。
倒産は避けたいと懇願しに来たヒョクサンに、ひき逃げされた人物は自分の息子だった事を明かし、会長を退き自首する事をローラ存続の条件とする。

辞表を書き会長室を整理しながら、ジェンマを加えた四人家族を想像しつつ、家族写真を見つめるヒョクサン。
そして息子ジュヒョンに会長の座を引き継ぐ。

夫の決意を知ったヒギョンは泣きながら反対する。

スポンサーリンク

赤い靴 最終話

ローラを救い、ジェンマに許しを請う唯一の方法は自首する事だけだと、腹をくくったヒョクサン。
自分が犯した罪は償いきれるものではないと悟る。

この事で、いがみ合っていたかに見えた夫婦は、実は昔と変わらず強く愛し合っていたということを、今更知るのだった。

ヒョクサンが自首し、孫娘の会社ローラを再び救うスクジャ。

退院して、スクジャに今までの復讐劇を打ち明けて謝るジェンマ。
罰を与えるのは自分自身、許すのは天だと言い、愛する孫娘をしっかり抱きしめるスクジャ。

ジェンマはギソクにも「いつもそばにいてくれてありがとう」と伝えに行く。

一方クォン家では、スヨンが自分の母親の日記を見つけてジュヒョンに渡していた。
ジュヒョンは日記を読んで、ヒギョンがジュヒョンの母親を献身的に看病していた事やビタミン剤を飲ませてくれていた事などを知る。
ヒョクサンが思っていた通り、まだ当時のヒギョンは純粋な心の持ち主だったんですね。

ジェンマが久しぶりに戻った会社で待っていたのはヒギョンだった。
ヒョクサンだけを愛していたヒギョンがなぜジョングクと家族になったのか、なぜそれを捨てたのかを打ち明ける。
そして、ジェンマが愛する人との子供だと知らずに生きてきた罰を受けていると。

スポンサーリンク

生きていてくれてありがとうとジェンマに言い残し、ギソクにはジェンマを頼むと言い残すヒギョン。

ジェンマは真実の大きさに苦しんだ末、刑務所のヒョクサンに面会しに行く。
ヒョクサンが財力や成功よりもヒギョンを選んでいたなら、普通に仲のいい親子だったかもしれない…そんな共通の想いを胸に秘めつつ言葉にできない父娘。
この罪深い父親が娘に伝えられる言葉は、「ありがとう。元気で。」
それが精一杯だった。

ギソクから二度目のプロポーズをされたジェンマは、デザイナー修行の為留学する事を告げる。待つと誓うギソク。

ヒギョンはひとり心の中の葛藤に苦しみ、猛スピードで車を運転していた。

10年後ー。
留学先から戻ったジェンマが真っ先に向かった先は、愛する家族たちが眠る納骨堂。そこには“ハルモニ”スクジャも加わっていた。
ギソクは変わらず大きな愛で待ち続けてくれている。

ローラは、ジュヒョン会長と元気になったヘビン社長でうまくやっている。

ジェンマが次に訪れたのは、貧民街の小さな製靴屋。
車椅子に座り、白いローファーを履いた女が丁寧に靴を手づくりしている。
美しいが飾り気のないヒギョンだった。
ジェンマは自らデザインした赤いハイヒールを、これを履いて立ち上がらなきゃと贈るが、私はもう赤い靴は履かないと決めたと静かに返すヒギョン。
ヒギョンにとって赤い靴は、自身の欲望の象徴。これを履いた罰を今受けているが、心は穏やかだと言う。

また来るわという娘に、二度と来てはいけない、過去を振り返らず前に進みなさいと言う母。

そこには「ジナ」「オンマ」と自然に呼び合えている母娘がいた。

スポンサーリンク

赤い靴 総合感想

はあー!ついに終わってしまい、淋しい気分です。
最初は今一つな印象でも、見続けていると愛着が湧いてしまうものですね〜。

もうツッコミどころや「?」なところ満載ですが、逐一追及するのはナンセンス?という境地まで辿り着けた気がしてます。

作品の冒頭は赤いドレスの華やかな悪女に、絞首刑の縄が降りるシーンでした。
ラストにも同じシーンが出てきて、最後は法律上の罰を受けるヒギョン、のし上がってドヤ顔のジェンマを予測していたんです。

ところが刑務所行きは夫で、しかもジェンマの実の父親。
妻は冒頭とは真逆の様相を呈していました。
白いローファーを履いた貧相だけど気品漂う女。
なるほど、そうきたか。

この最後のミョンギルさんを見て、やはりこの方は美しい!とつくづく思いました。
華やかメイクの冷たい表情では往年のソフィア•ローレンを彷彿とさせますし、お地味扮装では持って生まれた美貌が映えるというものですね。

ジュヒョンもジェンマも20年以上苦しみましたが、その内容には自らの妄想に苦しんだ部分もあり、それが解けたことは良かったですね。

ジェンマが体験した悲しすぎて思い出したくもない事の数々を、無かったことにするのは難しいかもしれないけれど、ヒギョンが自ら反省して償いの気持ちで過ごしていること、そして母の愛情を感じられることが救いであり、希望かもしれないですね。

ギソクのジェンマに抱く愛は、宇宙のように広くて優しくて素晴らしい!
テギルとスヨンの絆が壊れなかった脚本も素晴らしい!

スクジャが探し求めていた息子との再会は果たせなかったけれど、孫に会えた幸福。
オッキョンが築いた家族の形。
血縁よりも濃い絆が尊いです。

作中のOSTは良い曲揃いですが、なんといってもソ•チャンフィさんの「悪い女」♪
パンチの効いた歌声が良かったです♪

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください