魔女の法廷-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-魔女の法廷-あらすじ-全話一覧
魔女の法廷

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
2017年の10月に韓国で放送され2018年に早速、日本での放送が開始される予定である『魔女の法廷』。このドラマには、チョン・リョウォンやユン・ヒョンミンが主演しています。
タイトル通りの法廷を舞台にしたドラマで、昇進だけを目指す女性検事が上司のセクハラを裁判で証言したことがきっかけで検事の誰もが嫌がる部署へ左遷されてしまったことから巻き起こすドラマです。
共感度は、100パーセント!!生きていれば誰にでも起きうる犯罪を扱う法廷ドラマ。
最高視聴率も14.3%を獲得したこともある人気ドラマとなっています。
ここでは、魔女の法廷のあらすじ・ネタバレや感想などを最終回まで追いかけていきますのでお楽しみに☆

魔女の法廷 あらすじ

難しい難事件すらも、違法スレスレの捜査を行って解決している検事生活7年目のエース検事マ・イドゥム。
イドゥムは、二人だけで生活してきた母親が幼少期に失踪してしまったことから自力で母親の行方を捜すために検事になります。
そして検事になってからも出世だけを目指し、仕事に明け暮れている毎日。
そんなイドゥムはある日、上司である部長検事が女性記者にセクハラをしている現場を目撃します。
そのことから昇進をエサにうまく解決してほしいと頼み込まれセクハラ事件の証人になったイドゥム。
約束通り、何も知らないと証言台にたちましたが昇進の約束が嘘であったことに気づいてセクハラの事実を暴露しその件がきっかけになって検事らが地獄だと一番嫌がっている女性・児童犯罪専門の担当検事にさせられてしまいます。

その一方で、自ら女性児童犯罪専門担当検事に志願し配属されたジヌク。
出世には全くと言っていいほど興味がない。
元小児の精神科医出身の異色検事であり出世欲の塊のイドゥムのことが苦手です。
同じ担当部に配属された二人が、初めて担当した事件は女性教授に対する強姦未遂事件。
被害者と加害者の供述が、真っ向から食い違いイドゥムはよくあることだとしそのまま起訴しようと考えますがジヌクは、加害者に対し疑惑を感じ捜査を開始します。
すると加害者側に隠したい重大な秘密があることが発覚し・・・?

魔女の法廷-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

魔女の法廷-1話-2話

魔女の法廷-3話-4話

魔女の法廷-5話-6話

魔女の法廷-7話-8話

魔女の法廷-9話-10話

魔女の法廷-11話-12話

魔女の法廷-13話-14話

魔女の法廷-15話

魔女の法廷-最終回(16話)

見どころポイント

韓国で視聴率が良かったドラマ。
出世街道をまっすぐに突き進むマ・イドゥムと医師だったにもかかわらず医師の道を捨て去り、検事になった出世欲が全くないヨ・ジヌクが、コンビを組み事件を解決していく過程にぜひ注目してほしいと思います。
最初は、嫌々ながら女性児童犯罪担当検事になったイドゥムと自ら進んで担当検事を志願したジヌクが水と油の状態からどう混ざり合っていくのか。
はたまたロマンスは生まれるのかにも要注目です!

魔女の法廷 感想レビュー

韓国ドラマ「魔女の法廷」の評価レビュー&感想になります。
ストーリーの良し悪し。出演者の演技・物語の展開や脚本の面白さなどを交えて総合的に評価しています。
もちろんレビューと感想の中にも作品に関連しているネタバレが含まれていますのでご注意ください。

終わってしまいました。魔女の法廷。
法廷を舞台にしたドラマは、いくつか視聴したことがありましたが・・この魔女の法廷は正直難しい内容だったなと思います。
個人的には、ラブコメや恋愛ものが大好物なのでロマンスがあまりなかったのが残念であり、途中から視聴するのが飽きてきた理由です。ですが、主演のチョン・リョウォンさんは、魅力ありました。オーラが満載で役にピッタリはまっていたと思います。
チョン・リョウォンさんのドラマは初めて見たのですが・・・。
とにかくロマンスが、ほぼ皆無だったのでキュンキュンはもちろんドキドキやワクワク感もありませんでした。韓国では、視聴率がいい感じだったので残念。
まあ、ガブスは最後まで悪人だったなと。結果的には最終話でハッピーエンドを迎えますがドキドキしたい方やキュンキュンしたいの!と言う方にはちょっとむきません。
でも、法廷ドラマ・・事件を解決していくさまが好きな方には向いていると思います。
ですが韓国では、視聴率が良かったドラマですので気になる方はぜひ視聴されることをおススメします。もちろんチョン・リョウォンさんやユン・ヒョンミンが好きな方も視聴されることをおススメいたします♪
では、またどこかでお会いしましょう!

魔女の法廷 キャスト・出演者

韓国ドラマ「魔女の法廷」のキャスト&登場人物一覧です。
主人公・ヒロイン。そして脇役まで登場人物の詳細をリストに表示。
主演俳優女優および共演者の情報など。出演者が一目でわかるようになっています。

マ・イドゥム役 (チョン・リョウォン)・・女性児童犯罪専任担当検事

裁判に勝つことだけを考え被害者の事などまるで無視をしてきたエース検事。
幼いころに失踪してしまった母親を今もなお探し続けています。
ですが、ある日。検事の誰もが、嫌がる女性と児童を専門に扱う部署へと飛ばされることになってしまいます。
そこで出会ったのが、自ら志願して女性児童専門犯罪捜査部へと来た新人検事のヨ・ジヌクに出会います。自分とは、真逆を行く性格の持ち主のジヌクと対立をしますがタッグを組むうちに次第にイドゥムの中に気持ちの変化が現れ始め・・・。
主な出演作品・・風船ガム 君はどの星からきたの ドラマの帝王 私の名前はキム・サムスンなど

ヨ・ジヌク役 (ユン・ヒョンミン)・・女性児童犯罪専任担当検事。

元小児科の精神科医の肩書を持つ新人検事。
出世になどまったくなく自ら志願して女性児童犯罪専任担当部へと行きます。
イドゥムとは正反対の性格で、被害者の気持ちに向き合い寄り添うのが当たり前だと確信して考え方が違うイドゥムとは対立します。
しかし、一緒に捜査していくうちに次第にイドゥムの人となりを知り対立しなくなっていきますがイドゥムの母親の失踪に自分の母親がかかわっているのを知り苦悩するようになりますが・・・。
主な出演作品・・トンネル 純情に惚れる 魔女の恋愛 恋愛の発見

チョ・ガブス役 (チョン・グァンリョル)・・兄弟法律事務所の顧問・元警察署長。

金と権力だけが世の中の生きるすべ。
出世街道をまっしぐらに進み、現在の市長選の有力候補でもあります。
イドゥムの母親が、20年前に突然失踪してしまったことのカギをにぎっている人物。
主な出演作品・・あなたはひどいです テバク 君を憶えている リメンバー記憶の彼方

ミン・ジスク役 (キム・ヨジン)・・女性児童犯罪専任部長検事。

有能な熱血漢検事。心には常に熱き炎がともっている。
20年前、ガブスが犯した事件を担当するもガブスを有罪に出来なかったことを今でも激しく悔やんでいる。そして執念で今も事件を追い続けている。
主な出演作品・・雲が描いた月明り 傲慢と偏見 トロットの恋人 ソロモンの偽証

コ・ジェスク役 (チョン・ミソン)・・ジヌクの母親・精神病院の院長。

ジヌクの母親。精神病院の院長を務め20年前のイドゥムの母親の事件を知る人物の一人。
主な出演作品・・アンダンテ~恋する速度~ 番人 シカゴタイプライター 雲が描いた月明り 魔女宝鑑

基本情報

韓国放送局  KBS
韓国放送開始日  2017/10/9 現在は放送終了
韓国放送時間  毎週月曜・火曜日 10:00
話数  全16話
脚本  チョン・ドユン
キャスト  チョン・リョウォン ユン・ヒョンミン チョン・グァンリョル キム・ヨジン他