カフェアントワーヌの秘密-あらすじ-全話一覧-感想付きで紹介!

韓国ドラマ-カフェアントワーヌの秘密-あらすじ-全話一覧
カフェアントワーヌの秘密


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国のJTBCで2016年1月22日から2016年3月12日放送【カフェ・アントワーヌの秘密】。
最高視聴率1.058%。

心理学者のチェ・スヒョンをソンジュンが、偽占い師のコ・へリムをハン・イェスルが演じる『カフェ・アントワーヌの秘密』。
「本当の愛とは何ぞや??」と甘~い愛に目覚めていく心理ラブコメディーです。

韓国ドラマ『 カフェ・アントワーヌの秘密』のあらすじやネタバレ感想、見どころなど最終回まで一挙ご紹介!
作品の面白さにも迫りますのでどうぞお楽しみに~!!

カフェアントワーヌの秘密 あらすじ

心理学者チェ・スヒョン。
幼い頃両親の離婚を経験し、心に深い傷を負っているスヒョン。
ゆえにこの世には、「真実の愛など存在しない」と思っている冷徹なスヒョンです。
一方「マダム・アントワン」と言う名前のカフェを開き、占い師をするコ・へリム。
「マリーアントワネットと交信できる」と言う、ニセの触れ込みが売りのへリム。
天性の洞察力と読心術で乗り切る、実はインチキ占い師。
へリムのカフェの上に、同じ名前の「マダム・アントワン」と言う心理カウンセリングを開設するスヒョンです。
「営業妨害だ!」と憤るヘリムに、「顧客を奪われた!」とライバル心を抱くスヒョン。
そんな中、スヒョンはヘリムを「恋愛心理学の実験台にしてやろう」と試みるのでした。
冷酷で愛など全く信じない心理学者のスヒョンと、愛や人情を重んじる正反対のヘリム。
2人が繰り広げる心理的ラブゲームの結末はいかに??

カフェアントワーヌの秘密-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

カフェアントワーヌの秘密-1話-2話

カフェアントワーヌの秘密-3話-4話

カフェアントワーヌの秘密-5話-6話

カフェアントワーヌの秘密-7話-8話

カフェアントワーヌの秘密-9話-10話

カフェアントワーヌの秘密-11話-12話

カフェアントワーヌの秘密-13話-14話

カフェアントワーヌの秘密-15話

カフェアントワーヌの秘密-最終回(16話)

見どころポイント
ハン・イェスル演じるニセ占い師と、クールな心理学者を演じるソンジュン。
そんな2人の掛け合いが気軽に楽しめるロマンティックラブコメディーです。

感想評価レビュー

心理学者として恋愛心理実験を行うチェス・ヒョン。
そもそもスヒョンの持論は、「この世の中に真実の愛など存在しない」と言うものでしたが。
この持論を証明するために、500人の女性を被験者として実験を実施することにしたスヒョンは、自らも参加者Aとして実験に参加することとなりました。
その被験者と言うのがインチキ占い師のヘリムでした。
ヘリム演じるハン・イェスル氏。
とっても美人でスタイル抜群、彼女がいるだけで華やかになるとっても素敵な女性ですね~。
今回のドラマではそんなイェスル氏がインチキ占い師の役を好演していました。
「マリーアントワネットのお告げが聞こえる」と言うヘリムは、フランス語を巧みに操り、得意の読心術と天性の洞察力をフルに活用し人気の占い師。
この役どころもとってもはまり役だったと思います(^▽^)/
一方、心理学者を演じたソンジュン氏。
モデル出身と言うだけあって長身ですらりとしたスタイルが目を引きますね。
過去に追った心の傷が、彼が愛を信じない根源なのですが。
そんな心理学者とインチキ占い師と言う不思議な組み合わせのキャスティングがなかなか面白いドラマでした。
内容は「本当の愛は存在するのか?しないのか?」と言うことをテーマにしただけあり、見ている方も混乱するような心理作戦は確かに見物でした。
全体的なドラマの面白さには、少々物足りなさを感じましたが・・・。
素晴らしいキャスティングであったように思われますが、視聴率が振るわなかったのは残念ながらその点ではないでしょうか・・・。
評価レビュー:★★★☆☆

「カフェ・アントワーヌの秘密」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

キャスト出演者情報

コ・ヘリム役ハン・イェスル
ニセ占い師。
カフェの店主。
スヒョンの心理相談センター顧問。

チェ・スヒョン役ソンジュン
心理学者。
心理相談センター長。

チェ・スンチャン役チョン・ジヌン
スヒョンの異母弟。
元プロ野球選手。

ウォン・ジホ役イ・ジュヒョン
スヒョンの心理相談センターインターン。

コ・ユリム役ファン・スンオン
ヘリムの妹。

ぺ・ミラン役チャン・ミヒ
スヒョンの恩師。
スヒョンの心理相談センターの心理テスト担当者。

キム・ムンゴン役ピョン・ヒボン
化粧品会社会長。
カフェと心理相談センタービルのオーナー。

カン・テファ役テ・イノ
スヒョンの友人。

ハン・クレア役シン・ヒョンビン
スヒョンの元恋人。
人権派弁護士。

ソ・ヨニ役イ・カニ
スヒョンの実の母親。

基本情報

放送局:JTBC
韓国題:마담앙트완
韓国放送開始日:2016年1月22日
話数:全16話
脚本:ホン・ジナ
演出:キム・ユンチョル 
   代表作「私の名前はキム・サムスン」
      「ケ・セラ・セラ」など。
平均視聴率:0.71%

ラブコメディーを多く手がけるキム・ユンチョル氏。
残念ながら視聴率は少々伸び悩んでいる作品ですが、難しくない作品で気軽に楽しめるラブコメディーとなっています。

有名な心理学者チェ・スヒョン。
幼いころの両親の離婚、母親に捨てられたと言う思いから愛を信じられず孤独な人生を送って生きた冷徹なスヒョン。
「真実の愛など存在しない」と言う持論を持つスヒョンは、この仮説を立証するために心理実験を行います。
そこで被験者となるインチキ占い師ヘリムを本当に愛していくスヒョン。
彼女との出会いが彼の人生を変えていく、心理作戦の応酬が見ものです(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください