王の顔のあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『王の顔』は、韓国で2014年11月19日から2015年2月5日まで、KBSで放映された作品です。

生まれながらにして王の相を持つ悲運の世子(せじゃ)が自分の運命に立ち向かいながら、最終的には天下を取るまで、成長する人生を描いた物語です。

史劇ということもあり、若手からベテランまで演技派俳優がたくさん出演しています。
まず、オーディション番組「スーパースターK」出身で「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」「ナイショの恋していいですか!?」など、たくさんの作品に出演しているソ・イングク。

「棚ぼたのあなた」「ナイン~9回の時間旅行~」などドラマだけでなく、映画などにも出演しているチョ・ユニ。
また舞台やミュージカルにも多く出演しており、「星から来たあなた」「お隣さんは元ダンナ」などのドラマでも活躍するなど多彩な俳優シン・ソンロク。
「妻の資格」「九家(クガ)の書~千年に一度の恋~」など多数の作品に出演している実力派俳優、イ・ソンジェ。

そんな豪華俳優陣が揃う『王の顔』とは、どんなお話なのでしょう?

ここでは韓国ドラマ『王の顔』のあらすじやネタバレ、見どころといった話題を提供しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!!

スポンサーリンク

王の顔 あらすじ

王の相も持っていない朝鮮王朝第14代王・宣祖「ソンジョ」(イ・ソンジェ)。「王になれば国に災いをもたらすであろう」と観相師に言われていた・・。
時が流れ、宣祖が王に即位してから20年以上が流れる・・しかし観相師の予言が的中したのか、民は飢餓に陥り、町でははやり病が流行し、また外敵からの攻撃も頻繁にあっていた。

そこで自分の相の悪さを補ってくれる女性を探し、側室として迎えようとする宣祖。また同時に王にふさわしい顔相を持つ自分の息子、光海君「クァンヘグン」を妬み、顔の相を吉相から凶相に変えようと企み、鍼を打たせたりしていた。

ある夜、書庫で、ある書物を盗もうとする盗賊に遭遇する光海君。その書物とは、宣祖が王の相の持ち主ではないことが明らかになってしまう「龍顔秘書」という書物だった。この書物が流出してはまずい宣祖は盗賊を始末する・・が、その現場を光海君が目撃しており・・。

王の顔-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

見どころポイント

『王の顔』の見どころは、やはりソ・イングクの演技力ではないでしょうか?
今回の作品が時代劇初挑戦だったソ・イングクですが、2014年KBS演技大賞・新人賞を受賞しており、優れた演技力を発揮しています♪

脇を固める俳優も実力派揃いなので、朝鮮王朝時代にタイムスリップした感覚で、ストーリーの世界に引き込まれること間違いなしですよ!!

王の顔 キャスト・登場人物

韓国ドラマ『王の顔』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールを紹介していきます!

スポンサーリンク

光海君“クァンへグン”役(ソ・イングク)

宣祖の次男。父親である宣祖にはない「王になるに相応しい相」を持っている。しかし、それゆえに宣祖から嫉妬され、疎外されるため、自分の聡明さを隠しながら生きている。また、まっすぐな性格で、大事な人を守るためなら、手段を選ばないという一面も。

キム・カヒ役(チョ・ユニ)

光海君とは幼馴染で、お互いに惹かれ合うも、離れ離れに。それ以降は「2頭の龍を持つ相」「女として生きれば、一族が滅びる」と観相師に言われ、男性の姿で生きている。しかし、大人になり、光海君に再会したことで、運命が再び動き始める・・。

宣祖“ソンジョ”役(イ・ソンジェ)

朝鮮王朝第14代王。幼い頃に「王になれば国に災いをもたらす相」と観相師に言われて以来、自分の相にコンプレックスを抱え、生きている。また王になってからも、その不安は消えず、逆に「王に相応しい相」を持つ息子の光海君に嫉妬している。

キム・ドチ役(シン・ソンロク)

大同契の頭領チョン・ヨリプの弟子。チョン・ヨリプの死後、大同契の思想を胸に頭領になるも、自分自身の欲と野望から、宣祖を恨み、王位に就こうとする光海君をあらゆる手段で窮地に追い込む。
カヒとは兄弟同然の仲だったが、変わっていくドチに、カヒとの仲も悪くなっていく・・。

キム貴人役(キム・ギュリ)

宣祖の2番目の側室で信城君と定遠君の母。息子を王位に就かせるためなら、手段を選ばない性格。そのため、その時々で自分の有利になる人物と手を組み、王位争いの激しい宮中を生き抜いていく。

王の顔 評価・レビュー

韓国ドラマ「王の顔」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

ネタバレを表示する

最初は「時代劇」「顔相」というワードに「難しい話かな?」と不安でしたが、実際はそんなことなく、「顔相」についてもわかりやすく説明していて、すんなりと受け入れることが出来ていました♪
光海君とカヒが幼い頃から惹かれ合い、お互い好き同士なのに、結ばれない・・しかもカヒは宣祖の相を吉相に変えるために、好きな人の父親の側室にならないといけない・・光海君は世子であるがゆえに、政略結婚しなければいけない・・昔の時代ならこれが普通なのかもしれませんが、今の時代では考えられないことの連続でびっくりでした!!
そして、最初から最後まで、お互いを想い合う光海君とカヒを見るたびに切なくなってしまいました。
しかし、光海君の奥さんジョンファがこれまた、いい性格だし、光海君のことを本当に好きだし・・こちらも幸せになって欲しいと複雑な気持ちでしたww

全体的に光海君が民のことを思い、国の事を考え、王子から世子になり、民と同じ目線で動くことにより、民の気持ちを理解し、立派な王になるまでの成長記録が描かれているような気がします。後半になるにつれ、光海君の姿勢や表情がだんだんと凛々しくなっていくのが分かります!!
また、韓国歴史ドラマで個人的に好きな色彩豊かな衣装や建物もとても魅力的で、それだけでも見る価値がある作品だと思います。

最後、光海君とカヒは結ばれませんでしたが、王となった光海君の表情、その国で暮らす民の表情で、光海君が描く理想の国になっていくんだろうなと、希望の持てる終わり方でした♪

王の顔 基本情報

放送局:KBS
韓国題:왕의 얼굴
韓国放送開始日:2014年11月19日
話数:23話
演出:ユン・ソンシク
   「最高です!スンシンちゃん」
   チャ・ヨンフン
   「朝鮮ガンマン」
脚本:イ・ヒャンヒ
   「銭の戦争」
   ユン・スジョン
   「天命」

みなさんの感想、口コミ

よかったら皆さんレビューや感想を残していただけると嬉しいです!
あなたの評価を投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿する

王の顔
平均の評価:  
 1 の評価です!
Dec 23, 2022
 by 匿名

カヒがあまりにも可哀想でした。ひたすら光海君を愛し彼のために尽くしたのに、結果的には声さえ失うなんて。

光り輝く道の裏には、こうした犠牲があったのかと思うと切なくて仕方ありません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください