ある春の夜に-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ある春の夜に-あらすじ-全話一覧
ある春の夜に

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国の若手人気俳優であるチョン・ヘインと、人気女優のハン・ジミンがタッグを組み新しいロマンスを展開する「ある春の夜に」
タイトルのように、ある春の夜に出会ったひと組の男女が、日常で起こるリアルを交えながらリアルなロマンスを展開します。
ヒロインらの年代も30代と落ち着きを見せる年齢。MBC水曜、木曜としては初めてのドラマになるようです。
主演キャストにハン・ジミンが抜擢されましたが、元々はソン・イェジンにオファーをしたあったドラマ。ソン・イェジンが出演を辞退したため、ハン・ジミンにバトンが渡ったとのこと。
ハン・ジミンは表紙モデル出身。マクドナルドのCMなどに出演していた経歴などをもち、数々のドラマにも出演してきた女優。「屋根裏部屋の皇太子」に出演していましたね。演技力に定評のある女優さんで、期待度は増して生きます。
そしてチョン・ヘイン。これまでに「ブラッド」「あなたが眠っている間に」「よく奢ってくれる綺麗なお姉さん」などのドラマに出演してきた俳優です。
その二人がタッグを組む「ある春の夜」。
恋人がいる女性と過去に女性関連である、問題が起きたことで心を閉ざしてきた男性が、出会って暖かく甘い。そして時には強烈な勝負欲が沸き起こす。
恋人がいると知りながらも臆することなく、自分に好意を見せるジホにドキドキしてしまうジョンイン。
同年代の心を掴みつつ、私たちにトキメキを届けてくれそうですね。
お時間のある方はぜひ参考にして見てくださいね!

ここでは韓国ドラマ『ある春の夜に』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに♪

ある春の夜に あらすじ

図書館で司書として働くジョンイン。歳も30代半ばを迎え、恋人とも馴れ合いになってきた日常。恋人とは会話を交わしても「愛している」。甘いささやきなどなくなってしまった。
そんなある日、二日酔いのため薬局へ行ったジョンイン。しかし、自分の財布がないことに気付き慌てます。困り果てたジョンインに対して、行っていいと話す薬剤師のジホ。この言葉に信用がないと思ったジョンイン。しかしジホは自分の電話番号を教え、全く現金を持たないジョンインに現金を貸します。その後ジョンインは恋人のギソクにプロポーズされるものの、甘い言葉のカケラもないプロポーズに辟易してしまいます。
借りたお金を返済するために薬局へ行くジョンイン。ジホに「ご飯はもう食べましたか?」と聞かれ誘われるものの、見知らぬ人間とは食事はしないと突っぱねます。そして親友であるヨンジュの家で、ジホを見かけたジョンインはストーカーされていると思い込みますが、実はヨンジュと同じアパートに部屋を借りていただけで・・・。
自分の勘違いだと気付いたジョンインは、ジホに対して謝罪のメールを送りますが・・・・。

ある春の夜に-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

ある春の夜に-1話-2話

ある春の夜に-3話-4話

ある春の夜に-5話-6話

ある春の夜に-7話-8話

ある春の夜に-9話-10話

ある春の夜に-11話-12話

ある春の夜に-13話-14話

ある春の夜に-15話-16話

ある春の夜に-17話-18話

見どころポイント

運命的な出会いをする二人。トキメいた出会いではなかったものの、会うたびに意識していく。春のそよ風のようにやってきて、広がっていく暖かな恋。
大人の恋愛を見守って見てくださいね。

ある春の夜に 評価・レビュー

韓国ドラマ「ある春の夜に」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
ドラマの題名通り、主人公テサンの2週間を描いた作品。
娘スジンの移植手術を受けるため、言われなき罪から逃げるテサン・・基本的に逃走シーンや、テサンの命を狙うイルソクたちとのアクションシーンが満載でとてもスピード感がある作品です♪
そして2週間ずっと、自分の冤罪を晴らすために、そして手術日に病院に向かうために必死でいつも険しい表情だったテサン。元暴力団だったこともあり、最初は怖い!というイメージでしたが、自分の信頼する人や罪のない人には優しく、柔らかい表情になるテサンを見て、だんだん印象が変わってきました!特に娘スジンに対しての表情はまさに「パパ」の表情で本当に優しい笑顔が印象的です♪
そんなテサンの心情の変化を見事に演じているイ・ジュンギの演技にも是非、注目して欲しいと思います♪
いろんな人物の欲や人間の弱さ、愚かさが渦巻いている作品ですが、同時に大切な人を想う気持ちや守る強さ、そして正義を信じ戦う姿を感じる事が出来るドラマです!
最後はそれぞれが未来に向かって、自分を見つめ直すために向かっていく・・きっと見終えた後は希望に満ち、勇気をもらえると思います♪
スリル満点でスピード感もあり、家族愛に溢れるとても素敵な作品でした♪

ある春の夜に キャスト・登場人物

韓国ドラマ「ある春の夜に」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

イ・ジョンイン役 (ハン・ジミン)

図書館で司書として働く35歳。
兄弟仲がとてもよく、1歳の上の姉とは何も言わなくても想いが通じる間柄。
長年にわたって交際している恋人、ギソクがいるものの、ギソクとの間に結婚話が出ると悩んでしまう。
このままギソクと結婚して幸せになれるのか?後悔しない結婚なのか?そして自分が夢に見ていた恋をしてきたのか??悩み始めるとキリがない。
自分の望んでいる人生を生きるためには・・・・?

ユ・ジホ役 (チョン・ヘイン)

薬剤師としてウリィ薬局に勤務する35歳。
性格は暖かくてまっすぐな心を持つ。これまでの人生、両親を困らせることなく育ってきた。その人生がずっと続くと思っていたが、大学生の時にできた彼女とのことで大きな人生の渦の中へ。
その出来事のせいでその後、ずっと自責の念、大きな喪失感に支配され自分の人生を諦めることになった。
35歳になった今、ジョンインに出会う。ジョンインと過ごすうちに、封印していた、忘れ去っていた感情が湧き上がってくる。
どんなに自分にブレーキをかけようとしても、自制できなくなってしまう。

イ・ソイン役 (イム・ソンオン)

ジョンインの姉。ジョンインとは一つ違いの36歳。
職業は花形職業であるアナウンサー。性格は節制、忍耐。両親の大きな期待。ジョンインのお手本であるべきとの重いから、長女として生きてきたものの、今になって立ち止まってみると思うことはただ一つ。
結婚だ。いい長女を演じるため、結婚も決められたレールの上を歩くように渡った。だが今になって思う。
せめて結婚だけでも自分のために選ぶべきだった。後悔の2文字に尽きる・・・。

クォン・ギソク役 (キム・ジュンハン)

ハンソル銀行本社の融資審査課長で38歳。
身にまとっているのは、強い自信、うぬぼれ。ジョンインの恋人だ。
頭の回転が早く仕事場での評判は不可なし。
ジョンインとの結婚を考えているものの、いつからか二人の間には亀裂が生じ始める。だが、強い自信と自惚れで二人の関係を修復可能だと信じる日々。

イ・ジェイン役 (チュ・ミンギョン)

年齢30歳。
ジョンインの妹で現在は大学院生。自由人。
長女の結婚、次女の恋愛事情を見てきて二人の行き方を負けだと思っている。
自分はこうはならぬまいと道を模索する。

イ・テハク役 (ソン・スンファン)

ジョンインら姉妹の父親。
現在61歳でスヨン高等学校の校長を務める。ある意味二重人格。
外面はとてもよく、謙虚な姿勢で好かれる。しかし家に一歩入るとその姿は豹変すると言ってもいい。家族の前では俗物根性を丸出しにして傍若無人・・・。名声、地位にこだわる結婚に執着し続ける。

シン・ヒョンソン役 (キル・へヨン)

年齢60歳。ジョンインら姉妹の母親。
乙女の時代にはロマンティックで、愛に溢れた結婚を夢見ていた。
だが親に逆らうことは許されず、仕方なく今の夫と結婚してしまった。自分のような人生を送って欲しくないので、娘たちには自分の幸せと人生を生きて欲しいと思っている。

ユ・ナムス役 (オ・マンソク)

ジホの父親でランドリー経営者。62歳。
基本的に口数は少なく、声を荒げることもしない。趣味は焼酎を飲むことで、自分よりも息子である、ジホを常に心配し常に案じている。

コ・スクヒ役 (キム・ジョンヨン)

ジホの母親で58歳。
性格は物静かでありながらも、大学生の時のあることがきっかけで、さまようことになったジホを必死に支え続けている。

ユ・ウヌ役 (ハ・イアン)

ジホの息子で6歳。
幼いながらにも気配りのできる優しい子。父親のジホだけで生きてきたが、未だかつて母親の存在をジホには尋ねることはしていない。

ある春の夜に 基本情報

原題名   ポムバム
韓国放送局   MBC
韓国放送日   2019/5
日本放送予定   未定
脚本 キム・ウン
キャスト   ハン・ジミン チョン・ヘイン キム・ジュンハン他