ホテルキング-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!


韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-全話一覧
ホテルキング


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『ホテルキング』は、韓国で2014年4月5日から7月27日までMBCで放映された作品で、8年前に「マイガール」という作品で共演した人気俳優イ・ドンウクとイ・ダヘが再び息の合った姿をみせてくれます。

といっても『ホテルキング』は過去に傷を負った冷徹な役柄のイ・ドンウクと自由奔放ながらも心優しい役のイ・ダヘが最初お互いを良く思ってないものの次第に心惹かれていくという、前作とはまた違ったそれぞれの魅力やラブロマンスが期待できます。

そこに見事なまでに卑劣な役のイ・ドクファ、何を考えているか分からない謎の役で国民の母というイメージから変身したキム・ヘスクなどベテラン俳優の濃い脇役ぶりがこのドラマを複雑にしていきます。

そしてイ・ダヘを慕う役のイム・スロン(2AM)も誠実で一途な姿を好演し、イ・ドンウクと共に視聴者の心を惹きつけた“いい男”の1人と言えるでしょう。

ここでは韓国ドラマ『ホテルキング』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら。作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

ホテルキング あらすじ

幼い頃、自分の親が誰かもわからずアメリカに養子に出されたジェイデン(イ・ドンウク)はアメリカで壮絶な日々を送っていた。
ある事件をきっかけに7つ星ホテル“シエルホテル”の副会長ジュング(イ・ドクファ)と出会い、自分の父親がシエルホテルの会長で自分は捨てられたと聞かされ、復讐するためにジュングに忠誠を誓う。

チャ・ジェワンという名をもらったジェイデンはやがてシエルホテルの総支配人にまで成り上がる。
だが父親だと知らされているシエルホテルの会長が謎の転落死をしてしまう。

そこに会長の一人娘ア・モネ(イ・ダヘ)が現れる。
わがまま放題のモネだったが実は父親の死の真相を探っていた。
最初はモネを邪魔に思っていたジェワンも父親を想うモネを見て心が揺れる。
後継者争いの中で何者かに狙われるモネをジェワンは陰ながら守る。
誰も信じられないモネだったが次第にジェワンに心惹かれていく…

ホテルキング-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

ホテルキング-1話-2話-3話

ホテルキング-4話-5話-6話

ホテルキング-7話-8話-9話

ホテルキング-10話-11話-12話

ホテルキング-13話-14話-15話

ホテルキング-16話-17話-18話

ホテルキング-19話-20話-21話

ホテルキング-22話-23話-24話

ホテルキング-25話-26話-27話

ホテルキング-28話-29話-30話

ホテルキング-31話-最終回(32話)

見どころポイント

『ホテルキング』の最大の見どころポイントは復讐のことしか頭になかった常に冷静なジェワンが、会長の一人娘モネを様々な陰謀から命がけで守り、冷たいのか優しいのか分からないツンデレな魅力でモネはもちろん視聴者の心をも鷲掴みにします。
そして過去に傷ついたジェワンの心をモネが暖かい心で癒そうとし、ジェワンがモネとの愛の中で人間らしく変わっていくというところでしょう。

ジェワンは義妹だと思っているのでそのあたり2人の愛はどうなっていくのでしょうか。

そしてジェワンを自分の意のままにするジュング、考えの読めないペクマネージャー(キム・ヘスク)が敵なのか味方なのか分からず視聴者も謎に包まれていきます。

韓国最高のホテルを舞台に権力争いが繰り広げられる中で、予想外の出生の秘密やジェワンを想う元恋人のチェギョン(ワン・ジヘ)、モネを慕うウヒョン(イム・スロン)、個性あふれるホテルの従業員たちを巻き込みジェワンとモネはホテルを守り、お互いの愛も守ることができるのでしょうか。

ジェワンとモネの切ないラブストーリー。
悪役たちの転落、予想もしない事実などに期待しながらご覧ください。

感想評価レビュー

32話という少し長めのドラマでした。
初めはジェワンがア会長の息子だということを全く疑わなかったので、娘のモネとジェワンが惹かれ合っていて大丈夫なのかと心配しました。
早い段階でジュングの息子だと知り本当にジェワンが可哀想でした。モネとジェワンは兄弟ではなくなりましたが、今度はア会長を死に追いやったジュングの息子という事でジェワンはまた苦悩します。
モネをホテルの会長にしようと奮闘しますが、まさかのペクマネージャーによって解任させられてしまった時は衝撃でした。
ペクマネージャーは昔ア会長とジュングとの確執で大事故に遭い顔を変えて戻ってきていたんですね・・・。ここでこのドラマは復讐のドラマだと思いました。
ジュング役のイ・ドクファさんとペク・ミニョ役のキム・ヘスクさんのベテランの悪役の存在感には圧倒されました。
最後はペク・ミニョがジェワンの母親と言う事実も発覚しジェワンの人生の波乱万丈さに同情しました。
モネの愛らしさが好きだった私としてはジェワンとハッピーエンドに終わって本当に良かったです。
ウヒョンやチェギョン、そしてユーモアのあるホテルの従業員の皆さんもドラマに華を添えて面白かったです。

キャスト登場人物

チャ・ジェワン役(イ・ドンウク)
子供の頃アメリカに養子に出されるが、ある事件をきっかけに韓国最高ホテルの総支配人にまで上り詰め“ホテルの怪物”と呼ばれる。ホテルの会長の謎の死をきっかけに娘のモネと出会い惹かれていく。

ア・モネ役(イ・ダヘ)
ホテルの会長の娘で父親の死をきっかけに韓国に戻ってくる。自由奔放な性格で周りを振り回すが、父親の死の真相を探る。ホテルの権力争いに巻き込まれながら心を閉ざしたジェワンの心を癒していく。

ソン・ウヒョン役(イム・スロン)
ホテルのコンシェルジュ。亡くなったア会長を尊敬していた事と死んだ姉に似ていることから娘のモネも敬い見守る。周りには隠しているがウジン牧場の会長の息子。

ソン・チェギョン役(ワン・ジヘ)
ジェワンの元恋人。結婚後まもなくして夫を亡くし多額の遺産を相続する。
ジェワンが忘れられずホテルに滞在してレストランを経営しながらジェワンを見守る。ジェワンがモネに惹かれていることを知るが諦められない。

イ・ジュング役(イ・ドクファ)
ホテルの副会長。ア会長に恨みをもっておりアメリカからジェワンを引き取ってホテルを乗っ取ろうとする。ジェワンを飼い犬のように扱い目的の為なら汚いことも平気でする。

ペク・ミニョ役(キム・ヘスク)
ホテルの理事でもあるが従業員のトレーニングマネージャーもしていて従業員から恐れられている。ホテルのあらゆるところに監視カメラをつけて全てを把握している謎の人物。

ロマン・リー(チン・テヒョン)
投資家だが実はペク・ミニョの息子である。ジェワンとも深い関係がある。

ア・ソンウォン役(チェ・サンフン)
ホテルの会長。モネの父。ホテルのオープニングセレモニーで謎の死を遂げる。

基本情報

放送局:MBC
韓国題:호텔킹
韓国放送開始日:2014年4月5日





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください