ラジオロマンス-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ラジオロマンス-あらすじ-全話一覧
ラジオロマンス
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
2018年の今年韓国で放送が開始されたばかりの【ラジオロマンス】
幸先がいいスタートを切って日本での放映も決定しています。

このドラマの主演を務めるのは、ユン・ドウジュン。
セレブな家族の中で育ち、自身も子役出身でトップスターの道を突き進んでいながらも実はある問題を抱えている役でチ・スホ役を演じます。

そして、ドウジュン同様にヒロインを務めるのがキム・ソヒョン。
彼女は子役出身の若手女優になります。
若手ではありますが、韓国では人気の女優で存在感抜群の女優さんになります。
彼女が演じるのが、ラジオ番組のアシスタント作家。
幼い頃に母親の目が見えなくなってしまう病気にかかりラジオが心の拠り所だったために作家の道へと進んだグリム役。

この二人が仕事を通していくうちに、お互いに心を開くことになって発展していく韓国ドラマ王道のラブコメディになります。
たった一坪のラジオブースが、舞台となる今作品に期待度が高まって仕方ありません。
あなたならどんなロマンスを繰り広げますか?

ラジオロマンス あらすじ

ラジオ番組のアシスタント作家として日々奮闘し続けているグリム。
ラジオ局に勤務するようになって、早くも4年の歳月が過ぎ去ります。
グリムは、なかなか才能が花ひらくことはなく現在に至ります。
そして一方の、押しも押されぬトップスターの道を突き進むチ・スホ。
トップスターでありながらも、実は台本がないと何一つ出来ないスホ。
そこへグリムが、現在アシスタントとして参加しているラジオ番組が終了してしまう危機に陥ります。
そのために、新しいDJを起用することになります。
グリムが新しいDJとして、目を向けたのはトップスターのスホでした。
そしてスホと一緒にラジオ番組をリスナーへと届けることになりますが、ラジオのブースにいるのは台本がなければ何もできないスホ。
困り果てるグリムに、台本がないと何もできないスホの二人が協力し合ううちに・・・・。

ラジオロマンス-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

ラジオロマンス-1話-2話

ラジオロマンス-3話-4話

ラジオロマンス-5話-6話

ラジオロマンス-7話-8話

ラジオロマンス-9話-10話

ラジオロマンス-11話-12話

ラジオロマンス-13話-14話

ラジオロマンス-15話

ラジオロマンス-最終回(16話)

見どころポイント
見どころになりますが、期待値大のラブコメディ。
なので、グリムとスホがぶつかり合いながらもどう協力しあって一つのラジオ番組を完成させていくのかに是非、注目して欲しいです。
そして、台本がないと何もできないスホ。
恋もドラマの台本でしか、勉強したことがなかったスホがグリムに対してどんなロマンスを繰り広げていくのかも見届けて欲しいですね。
キム・ソヒョンのキュートな演技にも期待しましょう。

感想評価レビュー

韓国ドラマ「ラジオロマンス」の評価レビュー&感想になります。
ストリーについての良し悪し・出演者の演技について・物語の展開・脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にもドラマに関するネタバレが含まれていますのでご注意くださいね。

期待の高かったラブコメ「ラジオロマンス」
キム・ソヒョンすごく可愛かったです。グリムの子供時代を演じた子役のイレちゃんもとっても可愛かった♡
どこかで見た子供だなと思っていたら「魔女の法廷」に出演していましたよね?
ユン・ドウジュン演じるスホ役もピッタリ似合っていましたね。
初めはどうなることかと思いましたが・・。
スホにはある過去があって、それをグリムには隠しながらグリムに想いを寄せ・・。スホはグリムとの過去を、覚えていたのにグリムはスホを覚えていなくて。でもグリムがスホを覚えていないのは当然といえば当然。
スホにあっていた時、グリムはアイマスクをはめていたのだから。
グリムがスホのことを、思い出したあたりから展開が早かったかな。あっというまに両思いになった気がしました。
その二人を邪魔する?のが、スホの母親のジェハ。グリムの職場のガンPD.
ガンはグリムを好きで、始めこそスホと競り合う感じですがそこはやはり大人の男の姿を最終的には見せてくれましたよ。
もしや、三角関係?なんて少しだけ期待しましたが。苦手だったのがジェイソン。スホの親友であり、主治医でありながら最終的にはスホを裏切る形を取ってしまったので残念。
とても見やすいドラマだったと思います。
韓ドラ初心者にも見やすいかなと思ったドラマでした。
ぜひ、ご視聴されてみてくださいね。

評価レビュー:★★★★★

キャスト出演者

韓国ドラマ「ラジオロマンス」のキャスト&登場人物一覧です。
主人公にヒロイン。そして脇役。登場人物の詳細をリストに表示しています。主演俳優−女優及び共演者情報などの出演者プロフィールが一目でわかります。

チ・スホ役 (ユン・ドゥジュン)

韓国で、名前を知らない人はいないほどのトップスターであり俳優。
年齢は28歳。わずか16歳という年齢でカンヌ映画祭の最年少男優賞を受賞したこともある俳優。
しかし、スホは二つの仮面をかぶっている。そのためにうつ病を患ってしまっている。昔、友人だったジウがグリムに恋をし、自分もグリムをいつの間にか好きになってしまう。そしてそのジウを交通事故で亡くし、ジウが死んだのは自分おせいだと自分を苦しめ続けている。
そんな中、グリムに再会したことからスホの仮面が剥がれる危機に扮し、グリムを愛するようになるが・・・・。

ソン・グリム役 (キム・ソヒョン)

26歳で、まだまだ駆け出しのラジオ作家。
どうにか、3K業界と言われるラジオの世界で生き抜いてきた。4年という年月をがむしゃらに走ってきたグリム。
自身のラジオ番組のDJを務めていた、ゲストがラジオ番組に来なくなってしまう。なんとか探し出し、説得を試みるもあえなく失敗。
そのために、作家として危機を迎えるがなんとかラジオ番組を・・・。
新しいDJとして、俳優のチ・スホをキャスティングする。
早速頼みに行くが、あっさりと断られてしまう。それでも諦めきれないグリムは・・。

イ・ガン役 (ユン・パク)

34歳のラジオPD.
ラジオ放送局に名を残す伝説のディレクター。伝説とは言っても「手に負えない」伝説だ。終わることを知らない永遠と続けるアイテム選定の会議。
毎日当然のごとく、リスナーに直接会いインタビューしてみたり、コーナーの一個、一個にも細かく干渉する。普通ならうっとおしいくらいだが理にかなっているので誰も反論すらできない。
インドへ行っていたが帰国。グリムとラジオ番組を作ることになる。
グリムに密かに想いを寄せているが・・・。

ジン・テリ役 (ユラ)

子役出身の女優。28歳。女優業は子役時代から始めすでに20年目に突入して海千山千を経験した若くいながらも年寄り。
時代劇の撮影だと言えば山へ登山をし、水辺での撮影だとなれば海に潜り撮影をして溺れ死にそうになってみたり、一本のワイヤーで吊るされた空中撮影をこなしたことも数え切れないほどだ。
しかし、28歳になった現在は・・・女優業は皆無の状態だ。
スホの家族の闇を知ったことで、スポットライトを浴びたいと考えたテリ。
スホに接近するが・・・。

ジェイソン役 (クァク・ドンヨン)

28歳の精神科医。
スホの周囲にいる人間から、はゲイだとか恋人だとか囁かれる日々。
だが、真実は高校時代の友人だ。スホの主治医でもある。
口は堅いが、スホが知らない秘密を抱えている。

ナム・ジェハ役 (オ・ヒョンギョン)

スホが所属する芸能事務所「JHエンターテイメント」の代表。
過去には、モデルの経験もあり。今では成功した実業家だ。
ショッピング依存者で、ユンソクと結婚し仮面ファミリーを維持している。

チョン・エラン役 (キム・イェリョン)

グリムの母親で、カウンセラーの仕事をしている53歳。
親子は友人のような関係で、エランは視力を失ってしまったが天真爛漫。
障害を物ともせずに堂々している。
視力を失った、エランを支えてくれたのは娘のグリムだけではなくラジオでもあった。泣きたい日には泣いて、悪口が降ってくる日には悪口を返せば健康で、幸せに生きることができるのだとラジオで教えてもらった。
娘のグリムが作る爆弾酒造りの師匠。

基本情報

韓国放送局  KBS
日本放送日  2018年3月
韓国放送日  2018年1月29日
放送時間  月曜・火曜 10時
演出  ムン・ジュナ「サム・マイウェイ」
脚本  チョン・ユリ
キャスト  ユン・ドウジュン キム・ソヒョン他
話数  全16話







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.