奥様はサイボーグ-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-奥様はサイボーグ-あらすじ-全話一覧
奥様はサイボーグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『奥様はサイボーグ(ボーグマム)』はヤン・ドングン、パク・ハンビョル主演のドラマ。

妻を亡くしたAI研究者の第一人者であるチェ・コボン。
息子の為に、最強のロボットママを作り出します。
キュートで最強のロボットママが、セレブ幼稚園で巻き起こすドタバタラブコメディーです。

キュートで最強のボーグマムを演じるのはパク・ハンビョル。
映画ではホラー物に多く出演していた彼女。
ドラマでは『大切に育てた娘ハナ』の主役チョン・ハナ役を演じ、韓国では認知度の高い女性です。
女優業以外に「スタルリ」と言うファッションブランドを立ち上げ、自らデザインした衣料品ショップを運営している多才なハンビョル。

皆さん1度は耳にしたことがあるかもしれませんね、ハンビョル氏の恋の噂も(^▽^)/
SE7EN、チョン・ウヌとの交際を認めた後に破局している美貌の持ち主です。

天才ロボット研究者を演じるのはヤン・ドングン。
演技派俳優の1人で、個性的かつ独特の世界観を醸し出す彼の役者魂はどんな作品を目にしても見ごたえのあるものです。

そして元アイドルグループJBJメンバーのクォン・ヒョンビン。
幼稚園の先生役で出演しています。
モデル出身だけあり、長身でスッキリしたイケメンヒョンビンも目の保養ですね(^▽^)/

ここでは韓国ドラマ『奥様はサイボーグ』のあらすじやネタバレ、感想に見どころといった話題を紹介しながら作品の面白さに迫って行きます。
どうぞお楽しみに~!!

奥様はサイボーグ あらすじ

天才ロボット研究者のチェ・コボン。
彼は妻に先立たれ、その妻を忘れることが出来ずにいました。
息子のユルに最高のプレゼントをしようと日々研究を重ねるコボン。
ユルの7歳の誕生日、ついに完成したのは完璧なサイボーグマム(ママ)でした。
セレブな幼稚園に通うことが決まったユル。
周りのセレブママ達にバレないようにと奮闘するボーグママですが。
感情を持たないはずのロボットママにエラーが生じ始めるのでした・・・。

奥様はサイボーグ-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

奥様はサイボーグ-1話-2話

奥様はサイボーグ-3話-4話

奥様はサイボーグ-5話-6話

奥様はサイボーグ-7話-8話

奥様はサイボーグ-9話-10話

奥様はサイボーグ-11話-12話

奥様はサイボーグ-13話-14話

奥様はサイボーグ-15話-16話

奥様はサイボーグ-17話

奥様はサイボーグ-最終回(18話)

見どころポイント
日本でも人気の元JBJヒョンビン出演と言うこともあり、彼がお目当ての視聴者も多いのではないでしょうか(^▽^)/
見ていて飽きない美貌の持ち主パク・ハンビョル。
彼女の演じる最強ボーグママと個性的な演技が光るヤン・ドングン。
彼らのタッグで送るドタバタラブコメディーは最後まで目が離せません(^▽^)/

奥様はサイボーグ 評価・レビュー

韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
物語りのコンセプトにまず興味を持ったドラマです。
天才ロボット研究者が作り出す完璧なAIロボットママ、ボーグマム。
最愛の妻を亡くしてしまったコボンが、自らの手で作り出したのは妻そっくりのロボットでした。
息子の誕生日プレゼントにと、完璧な母親システムを入力された最強ママロボット。
そんなロボットママのボーグマムにエラーが生じ始める・・・とても面白い内容でした。
ロボットと人間の一番の違いである感情を感知し始めるボーグマム。
とってもキュートなボーグマムを演じるパク・ハンビョルのその演技にも思わず微笑んでしまいます(^▽^)/
そしてとっても個性的な演技は俳優のヤン・ドングン。
彼がボーグマムの夫であったからこそ、このドラマの面白さがさらに増したのではないでしょうか。
セレブ幼稚園のママ達の関係も、あるあるな出来事でなかなか楽しめる内容でした。
そしてヒョンビン先生と、とっても可愛いボーグマムがなんだかお似合いで・・・そんな2人に嫉妬するコボンがまた笑えました(^▽^)/
難しく考えることなく楽しく笑って観られる、ちょっぴりコメディータッチの可愛いラブ
ロマンスでした。

奥様はサイボーグ キャスト・登場人物

韓国ドラマ「奥様はサイボーグ」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

チェ・コボン役ヤン・ドングン
天才ロボット研究者でボーグマムの生みの親。

ボーグマム役パク・ハンビョル
表向きはコボンの妻だが、実はロボット。

ト・ドへ役アイビー
バッキンガム幼稚園のナンバー1ボスママ??
ポーセリンアート講師。
コボンの亡くなった妻イ・ミソと同級生。

プ・ティナ役チェ・ヨジン
バッキンガム幼稚園のナンバー2。
ブティック経営。
本名はイ・ミテ。
過去には刑務所にいた事も??

クソル・スジ役ファン・ボラ
バッキンガム幼稚園のナンバー3。
パワーブロガー。
かつては芸能人。

ユ・グィナム役チョン・イラン
カフェチェーン店運営。
バッキンガム幼稚園の保護者。
エレガンスママの一員になろうと必死??

チェ・ユル役チョ・ヨノ
コボンの息子。

ハン・テンチョル役チェ・ジョンウォン
コボンの幼馴染み。

クォン・ヒョンビン役クォン・ヒョンビン
バッキンガム幼稚園の先生。

ジョージ役チョン・ジフン
ドへの息子。
グレイスと双子。

グレイス役キム・ドへ
ドへの娘。
ジョージと双子。

ココ役カン・ジュハ
ティナの娘。

オードリー役チャン・ロイ
スジの娘。

ウィリアム役ソン・ジウ
グィナムの息子。

ナ・フンシン役キム・ソヨン
ティナこと本名イ・ミテと刑務所仲間。

奥様はサイボーグ 基本情報

放送局:MBC
韓国題:보그맘
韓国放送開始日:2017年9月15日~2017年12月1日
話数:全12話
演出:ソン・へユン
脚本:パク・ウンジョン
脚本:チェ・ウジュ
最高視聴率:4.6%

天才ロボット研究者のチェ・コボン。
愛する妻を亡くした彼が作り出した人間ロボットボーグマム。
彼の手により作り出されたAIロボットのその容姿は、コボンの亡くなった最愛の妻イ・ミソにそっくりでした。
7歳の息子ユルの誕生日にプレゼントされたボーグマム。
ある日を境に、システムエラー??
感情のないはずのロボットママに、なぜか「愛」が芽生えるのです(^▽^)/
キュートで最強のボーグマムが、セレブ幼稚園のママ達と巻き起こすドタバタラブコメディーです(^▽^)/