輝くか、狂うか-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ-全話一覧
輝くか、狂うか


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
~不吉な星野下に生まれた高麗の皇子と渤海王国最後の王女の運命の恋~
輝くか、狂うか。狂った皇帝か、輝く皇帝か。

韓国MBC放送局で回を重ねるごとに視聴率を上げ最終的に高視聴率をマークします。
歴史ものですが、恋愛もありコミカルな部分もあるので気づけばあっという間にドラマの世界に引き込まれてしまいます。主演のチャ・ヒョクのかっこよさにも心を奪われそうです♪

不吉な星の下に生まれた皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク)は、輝く星の下に生まれたシンユル(オヨンソ)とヨウォン(イ・ハニ)2人の女子とヨウォンの弟ワン・ウク(イム・ジュファン)が加わ4人の男女を描いた本格ロマンス時代劇です。

輝くか、狂うかは、渤海698年から926年の高麗の時代です。朝鮮王の時代劇は数多くありますが高麗時代を描いているドラマは多くはありません。高麗の時代に生まれたワン・ソ(王昭)は太祖王建の第四子の話です。
高麗時代を描いたドラマで有名なのが「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」で主演されたイ・ジュンギさんが演じられていました。麗の場合には完全なファンタジーでしたがこれもまた胸がキュンとするいいドラマでした。
韓国ドラマ輝くか、狂うかで登場するワン・ソは、国を統制する為にかなり厳しい粛清を行い多くの人々が処刑されていました。そんな厳しいワン・ソにも優しい部分があったのです。
星が導く運命的な恋、燃えるような恋。血の政治を行ったワン・ソは一体どんな恋愛をしたのでしょうか。

ここでは、韓国ドラマ『輝くか、狂うか』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題をご紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

輝くか、狂うか あらすじ

時は高麗初期、王の第4皇子として生まれた「ワン・ソ」後に光宗王となります。
王宮に不幸を招く星、破軍星の下に生まれた為、幼い頃に王宮から離れた金剛山で小間使いと共に育ちます。自由にのびのびと過ごしていたワン・ソが王宮に呼び戻されたのには理由がありました。
金剛山にワン・ソを追いやってしまった過ちを認め皇居に戻します。しかし戻してすぐに戻した王は刺客により命を落としてしまいます。

同じく、不吉な星の下に生まれた渤海最後の王女シンユルは、渤海を滅ぼし亡国の王女になるというお告げを受けて誕生しました。不吉な星の下に生まれたゆえに生を受けてすぐに殺されそうになりますが、なんとか難を逃れ成長します。
渤海という朝鮮半島の少し上の方、現在の中国から始まります。自分の父である王が刺客に暗殺されてしまったその犯人を捜す為でした。そこで出会ったのが渤海最後の王女シンユルでした。
その出会いは運命で導かれ出会うべきして出会った2人です。
シンユルと出会いワン・ソの運命が少しずつ変わっていきます。本当の恋が始まるのはそこから5年後、ワン・ソはすでに婚姻を結び、シンユルは商談のリーダーとして高麗へと商売をする為に訪れた時でした。そこから始まる2人のラブストーリーを中心に話が展開されます。

輝くか、狂うか-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

輝くか、狂うか-1話-2話-3話

輝くか、狂うか-4話-5話-6話

輝くか、狂うか-7話-8話-9話

輝くか、狂うか-10話-11話-12話

随時更新中です!

見どころポイント

保険調査員は、たとえ怪しくても捜査権も逮捕権もないため、年々保険金に関わる詐欺が増えているそうですね。
保険調査員ではできないことをして、悪を摘発する「マッド・ドッグ」。
チームプレーで次々と詐欺を暴くのは、スカッとします。
ある日近づいてきた青年、キム・ミンジュン。彼の存在や、行動も気になります。
目的は何なのか、何のために近づいてきたのか・・・。

輝くか、狂うか キャスト・登場人物

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

ワン・ソ(チャン・ヒョク)
ヤン・シンユル(オ・ヨンソ)
ファンボ・ヨウォン(イ・ハニ)
ワン・ウク(イム・ジュファン)
ワン・シンニョム(イ・ドクファ)
定宗チョンジョン(リュ・スンス)
皇太后ユ氏(ホ・ジョンミン)

輝くか、狂うか 基本情報

放送局:MBC
話数:全24話
韓国放送:2015年
平均視聴率:10.3%
原作:ヒョン・ゴウン「1%の奇跡」「恋人づくり~Seeking Love~」
脚本:クォン・インチャン「バーディーバディ」「勝負師」「チョアチョア」
   キム・ソンミ「ロボットじゃない~君に夢中~」「星に願いを」「危機の男」
演出:ソン・ヒョンソク「個人の趣向」「オークションハウス」「天使の選択」