秘密の扉-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-秘密の扉-あらすじ-全話一覧
秘密の扉


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『秘密の扉』は2014年9月22日からSBSで放送された作品です。

朝鮮王朝最大の悲劇と言われる、朝鮮第21代王の英祖と実の息子である思悼世子の確執を描いた本格ミステリー時代劇です。

出演俳優陣には韓国映画「シュリ」「八月のクリスマス」等、多くの作品に出演しており、韓国映画界には欠かせないと言われる国民的俳優のハン・ソッキュ。
また息子役には映画「建築学概論」ドラマ「ファッション王」等に出演し、注目を浴びている俳優イ・ジェフン。

ヒロインを演じるのは「トンイ」「太陽を抱く月」など、有名女優の幼少時代を見事に演じ、自らも子役から活動し、演技力に定評のある注目若手女優のキム・ユジョン。
その他にも「善徳女王」「ホジュン~伝説の心医~」等、多くの作品主演経歴を持ち、子役から活躍しているパク・ウンビン。
「神と呼ばれた男」「紳士の品格」等に主演し、歌手としても活躍するキム・ミンジョン・・と主要キャストだけでなく、脇を固める俳優陣も実力派が揃っています。

そんな豪華俳優陣が揃う『秘密の扉』とは、どんなお話なのでしょう?

ここでは韓国ドラマ『秘密の扉』のあらすじやネタバレ、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!!

秘密の扉 あらすじ

朝鮮21代目王の英祖(ソン・ハッキュ)の時代・・。

実の息子で地位と権力を約束されており、将来安泰な思悼世子イ・ソン(イ・ジェフン)は、好奇心旺盛な性格。ある日、ソンの親友であるシン・フンボク(ソ・ジュニョン)と共に変装して街に出かけていきます。
そこで貸本の取引が違法と知りつつも、取引を行うソン・・捕まりそうになるも貸本屋の娘ソ・ジダム(キム・ユジョン)と出会い、難を逃れます。

王宮に戻ったソンは英祖の許可なく「貸本業と出版の許可」を勝手に宣言してしまいます。そんなソンの行為に英祖も、英祖を支持している老論派も大激怒し、反対します。

そんな中、先代王・景宗の墓がある王陵の井戸から、フンボクの遺体が発見され、捜査の結果、自殺と判断されてしまいます。
そんな親友フンボクの死に疑問を抱いたソンは、再調査することに・・。

秘密の扉-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

秘密の扉-1話-2話

秘密の扉-3話-4話

秘密の扉-5話-6話

秘密の扉-7話-8話

秘密の扉-9話-10話

秘密の扉-11話-12話

秘密の扉-13話-14話

秘密の扉-15話-16話

秘密の扉-17話-18話

秘密の扉-19話-20話

秘密の扉-21話-22話

秘密の扉-23話

秘密の扉-最終回(24話)

見どころポイント

今までにも英祖と思悼世子の関係や内容を描いた作品は多くありますが、この作品ではより深く描いており、そしてミステリー要素もあり、時代劇ファンには魅力的な作品だと思います。また、出演陣が実力派ばかりなのも見どころです!!

「イ・サン」「トンイ」や18世紀朝鮮王朝を描いた「トキメキ☆成均館スキャンダル」などの物語につながっていく作品です・・そちらにも注目していきながら、ご覧ください♪

秘密の扉 評価レビュー&感想

韓国ドラマ「秘密の扉」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
これまでもたくさんの作品の中で描かれてきた朝鮮21代王「英祖」とその息子である「思悼世子」ソンの確執をテーマにした作品です。
「思悼世子」と言えば、幼き頃の秀才という面影もなくなり、奇行の数々を繰り返し、しまいには父である英祖を怒らせ、米櫃で無念の死を迎えた世子・・私の中ではそのイメージでした。
しかし、この作品ではそんなイメージはどこへやら・・誠実で実直な好青年といった理想の世子像のソンで描かれていて、びっくり!!そして、そんな設定にもすぐに慣れてしまい、反発する老論派に負けるな!とソンを応援している自分がww
個人的にはジダムとの関係が恋に発展するのかな・・と期待していましたが、結局は世子と女官という関係で終わってしまい、ちょっぴり残念です。
英祖やソンの思いや葛藤を、ハン・ソッキュやイ・ジェフンなどの演技派俳優が見事に演じており、ファンタジー要素の強い時代劇が多い中、本格的な時代劇を見てみるのも面白いかもしれませんね♪
また、この作品は本当の歴史とはだいぶ違うようですが、実在していた人物や名前を使用しているようなので、このドラマをきっかけに「米櫃事件」にさらに知りたくなりました!

秘密の扉 キャスト登場人物

韓国ドラマ「秘密の扉」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

英祖“ヨンジョ”役(ハン・ソッキュ)

朝鮮王朝21代王で、思追世子イ・ソンの父。兄である先王の急拠後、国王として即位することに。しかし、その背景には「連判状」なるものが関係しており、そのせいで老論派に命や弱みを握られ、苦悩しながら生きている。

思悼世子イ・ソン役(イ・ジェフン)

英祖の息子であり、世子。幼き頃から英祖から代理聴政を任されるほど、賢い子どもだった。世子となった今でも誠実で実直な性格から「皆が平等な世の中」を築きたいという思想を抱いている。そんなある日、親友のフンボクが遺体で発見され、その事件解明に動く。

ソ・ジダム役(キム・ユジョン)

貸本業を営むソ・ギュンの娘。機転が利き、頭が良く、自分でも執筆するほどの実力を持っている。またソン同様、正義感が強く、また好奇心旺盛なため、偶然目撃してしまったフンボクの事件解決に向け、ソンの協力をすることに。

世子嬪役(パク・ウンビン)

思悼世子イ・ソンの正室で老論派ボンハンの娘。夫を国王にし、息子サンを世子にすることを強く願っている。その思いが強すぎて、時折行き過ぎた行動をすることもあるが、頭の回転が早く、夫の危機を何度も助け支える。

チェ・ジェゴン役(チェ・ウォニョン)

世子ソンの側近。頭が良く、常に物事を冷静に判断し、ソンを導き、見守っている。

ナ・チョルチュ役(キム・ミンジョン)

剣契東方の親方。
平等な世の中を作りたいという強い思想を持つ。ジダムの父と親しく、ジダムのことも可愛がっている。

秘密の扉 基本情報

放送局:SBS
韓国題:비밀의 문-의궤살인사건
韓国放送開始日:2014年9月22日
脚本:ユン・ソンジュ
   「ファン・ジニ」「大王世宗」
演出:キム・ヒョンシク
   「サイン」「ファントム」


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください