漆黒の四重奏(カルテット)-あらすじ-全話一覧-ネタバレありで詳しく!


韓国ドラマ-漆黒の四重奏(カルテット)-あらすじ-全話一覧


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『漆黒の四重奏(カルテット)』は韓国で2016年11月28日から2017年4月21日までKBS2で放送された作品で平均視聴率21.1%の人気作であり、KBS演技大賞2017毎日ドラマ優秀賞部門では男女共にキム・スンスとミョン・セビンが共に優秀賞を獲得しました!

王道の幕チャンドラマであり大人の愛のドロドロの愛憎劇でありましたが、ミョン・セビンが初恋の女性のイメージを損なわず、無口で真面目で愛を乞う難しい役どころを見事にキム・スンスが演じきり沢山のファンの心を掴むことに成功しました。

主軸となる4人はキム・スンス、ミョン・セビン、ワン・ビンナ、パク・ジョンチョル。

キム・スンスは『朱蒙』で有名な俳優であり、シリアスからコメディまで演じられる役者です。
ミョン・セビンはかつて国民の初恋と呼ばれ演技力も幅広く、ワン・ビンナもまた悪女からヒロインまで演技ができ『ファン・ジニ』といえば思いつく方もいるのでは?

また、パク・ジョンチョルも好青年から悪役も演じられ最近のドラマだと『天使の罠』が目新ですね。

『漆黒の四重奏』が愛される作品となったのは彼ら俳優の演技力が高いことが大きかったかなと思います。
日本の視聴者でもわかるお馴染みのベテラン俳優で脇を固めたのもポイントですね。

漆黒の四重奏 あらすじ

ミョン・セビン演じる女主人公イ・ハジンは食品開発の仕事をしながら母子家庭の母と義父妹を養っていた。
ハジンの長年の恋人であるチャ・ドユン(キム・スンス)はLK食品の社長の息子だということを隠していたが、結婚目前となる時にLKの長男であることをハジンに明かしお互いの両親に反対されながらも顔見せすることになる。

しかし、ハジンの母親ミエとドユンの父ドクべはお互いが敵同士の仲であった。
ドクべはハジンの父の家の元使用人であり、運転手だった父が運転中に交通事故に遭って亡くなったことを未だに恨んでおり、またミエも気が強く亡くなった主人のせいではないとドクべを目の敵にし、顔合わせは散々な結果となる。

ミョンハ財団の娘であるペク・ミニ(ワン・ビンナ)はドユンと見合いするが、ドユンが付き合ってる恋人がいるとハジンを紹介しミニのプライドを深く傷つける。
そんな中、ミニは子供を宿していることを知り出産するにはなんとしてもドユンと結婚するしか方法がなかった。

ミニはハジンを車で轢くふりをして偶然を装いハジンに接近し仲良くなりたいと申し出、ハジンを陥れようとする。
ドユンの母マルスンはハジンを気にいっていたが、ドクベがドユンとハジンの結婚を反対し戸籍を抜くと言ったことから、自分が正妻ではあるがドクベの愛人ファランとその息子テユンにLKを乗っ取られると思いハジンとの結婚に反対する。

ミニはマルスンに良い嫁になりたいと接近し、マルスンの気持ちを利用してハジンの母ミエの腎臓のドナーにさせた上、ドユンを実刑に出来る書類をハジンに見せて結婚を止めるように脅す。

ドクベとミニの母キム理事長は資金洗浄を行いその全ての名義をドユンにし、お互いに裏切られないようにと裏契約を交わしていた。

ハジンはドユンの子を妊娠していたがドユンの為に身をひく決心をし、ハジンとの子供が出来たことに喜ぶドユンに金持ちではないドユンに興味はなく子供は中絶したと嘘をつき別れようとドユンを突き放すしか出来なかった。

ドユンはハジンを追いかける途中で事故に遭い一ヶ月後に目覚め、連絡したハジンに中絶したと聞きハジンへの復讐に燃える。
8年後、未だドユンはハジンが忘れられずに捜し続け、ついに見つけたハジンはドユンとの子を出産したがすぐに誘拐されてしまったショックで記憶喪失となりドユンとのことを全て忘れていた。

ミニの娘ヘリンの本当の父親であるチェ・ジョンウ(パク・ジョンチョル)はLKとミョンハの資金洗浄となった財産を理事長に奪われ”最悪の頭取”と汚名を着せられて死んた父の敵を取るためにドリームゴールドの代表ジェイ・リーダースとして復讐のために帰国する。

ジョンウはハジンの店の弁当屋の常連となり通ううちにハジンの人間性に惹かれハジンを愛するようになり、人間模様が複雑となっていく。

漆黒の四重奏-各あらすじ」はこちらから

漆黒の四重奏-1-2-3話

漆黒の四重奏-4-5-6話

漆黒の四重奏-7-8-9話

漆黒の四重奏-10-11-12話

漆黒の四重奏-13-14-15話

漆黒の四重奏-16-17-18話

漆黒の四重奏-19-20-21話

漆黒の四重奏-22-23-24話

漆黒の四重奏-25-26-27話

漆黒の四重奏-28-29-30話

漆黒の四重奏-31-32-33話

漆黒の四重奏-34-35-36話

漆黒の四重奏-37-38-39話

漆黒の四重奏-40-41-42話

漆黒の四重奏-43-44-45話

漆黒の四重奏-46-47-48話

漆黒の四重奏-49-50-51話

漆黒の四重奏-52-53-54話

漆黒の四重奏-55-56-57話

漆黒の四重奏-58-59-60話

漆黒の四重奏-61-62-63話

漆黒の四重奏-64-65-66話

漆黒の四重奏-67-68-69話

漆黒の四重奏-70-71-72話

漆黒の四重奏-73-74-75話

漆黒の四重奏-76-77-78話

漆黒の四重奏-79-80-81話

漆黒の四重奏-82-83-84話

漆黒の四重奏-85-86-87話

漆黒の四重奏-88-89-90話

漆黒の四重奏-91-92-93話

漆黒の四重奏-94-95-96話

漆黒の四重奏-97-98-99話

漆黒の四重奏-100-101話

漆黒の四重奏-102-103話

漆黒の四重奏-最終回(104話)

見どころポイント

やはり熟成された安定の演技力が一番の魅力。
キム・スンス演じるドユンは無口で非常にデリケートな役柄であったが、繊細かつ見るものの心を奪う演技に魅了されました!
通常であれば好青年であるジョンウに目移りしドユンというキャラクターに好感を持てずにいたかもしれないが、キム・スンスの力でドユンは芽吹きキム・スンスでなければこうは愛されなかったのではないかと思いました。
キム・スンスが相手役がミョン・セビンでなければここまで役に感情移入出来ず上手く初恋を演じきれなかったのではないかというインタビューを見、ミョン・セビンが見せる透明感のある演技の功績は大きいですね。
ハジンという役は題名の『また、初恋(仮)』という名の通りにまさに初恋というテーマにあった女性であり、初恋の女性がこうであったらと甘い気持ちにさせますね。
初恋から時を経て愛へと昇華し、皆が共感出来るそれぞれの愛も見どころ。
また、マクチャンドラマにかかせない愛すべき悪役ミニ、ミニの母であるキム理事長の演技も大きいです。
ソ・イスク演じる理事長は養女としてミニを引き取り自分の分身のように育てあげ、ミニが自分の思い通りに動かないと叱咤し必ず自分の言う通りにさせ、自分が泥沼に落ちたら相手も一緒に引きずり落とすという独自の哲学を持ったミニ以上に恐ろしい女性だ!
ソ・イスクは腹に一物を隠し持つ役をやれば並べる女優はおらず、まさに人を陥れようと常に考えている高慢な理事長役は彼女にしか演じられずはまり役。
理事長の娘ミニに同情すべき点をあげるとすれば由緒ある教育者家系のミョンハ財団の娘として、ミニが手にするものは全て私のおかげであり娘でなければ享受できないと理事長に教えこまれ、いつも母に捨てられのではないかと常に脅迫観念を持っていた所にあります。
しかし、ミニは地位を手にいれた途端に欲にまみれ数々の悪行に手をつけてしまう。
ミニが母親としての愛を忘れていく過程も見どころ。
また、ハジンは過去にミニが怖くて立ち向かうことが出来なかったが、母親として強くなり息子を守ろうとミニに挑んでいく姿には勇気づけられました。
ハジンとミニの対決には何度もハラハラさせられ画面に釘付けとなった場面も多く見どころとなっています。
交通事故、腎臓移植手術、記憶障害、財閥、訴訟問題、子供の誘拐、愛のない結婚、色々とつまったマクチャンドラマ。
家庭の事情、それぞれの男女関係、親子問題、復讐、対立、親子愛、孫への思いが複雑におりこまれドラマが盛り上がっていく。
最初から怒涛の展開で目が離せず、後半では親の操り人形と知ったドユンが自ら破滅に向かって進んでいく姿が実に痛ましく、挿入歌が物語を盛り上げています。
財閥の話なので韓国ファッションにも目が飽きることなく、それぞれの役職にあった服装や髪型は変化があり見ていて楽しいです!

感想・レビュー

このドラマは過去・現在の因果の復讐劇(ドロドロもの)です。
やはり主な配役人をベテラン俳優で固めた為に全く演技についてはストレスフリーでこれでもかという演技合戦に息を呑みました。
また、次々とあり得ないことが起こり先が読めない展開にハラハラし、何度も車の事故に遭うのだが、日本ではあまり見られないアクションシーンは必見であり、最近の韓国ドラマの事故のシーンは実にリアルです!
このドラマは悪女が多いのだが、愛人は可愛らしい悪女で会長への愛の深さは女性として考えさせらます。
そして素晴らしき悪女、ミニ(ワン・ビンナ)と理事長(ソ・イスク)の演技は必見であり、主人公ハジン(ミョン・セビン)の清純な演技がすごかったです。
このドラマの1番の人気者ドユン(キム・スンス)は一途にハジンを思い続け視聴者のハートを射抜ぬかれると思います!!
ハジンの前に現れたジョンウ(パク・ジョンチョル)も明るく朗らかな青年でドユンと共に理想の父親像でありドラマの華ですね。
最終話は少女漫画のエピローグのようだったが、ドユン人気と子持ち設定のため皆が不幸にならない最後となったように感じ受ける印象でした。

評価レビュー:★★★★★

地位など関係なく互いを愛し合う男女が欲望に渦巻く周囲の人間に飲み込まれ策略にハマり最悪な結果で別れることとなりました。
過去を通して成長する人物過程が丁寧に描かれ、初恋から大人の愛、それぞれが抱える愛を抱えた作品。
復讐と愛がテーマであり、役者達の演技が素晴らしく、近年稀にみる良作でした。
悪女の演技が最近不満な方にすすめたい1つです。

出演者・キャスト

イ・ハジン役(ミョン・セビン)
朗らかで笑顔が素敵な料理のメニュー開発者。
ドユンとは長年の恋人同士だったが、ミニの策略により別れる。
ドユンとの子供を出産したが誘拐されたショックで記憶喪失となる。
8年後、記憶喪失のまま弁当屋を開く。

チャ・ドユン役(キム・スンス)
無口で無愛想、LK食品の長男。
ハジンと結婚する計画だったがミニの罠にはまり、ハジンに別れを告げられたショックで事故に合う。
8年後、ミニとは契約結婚のため仮面夫婦であるがヘリンを溺愛する。
ハジンが忘れられず捜索。

ペク・ミニ役(ワン・ビンナ)
高慢な性格でミョンハ財団の娘(養女)。
母親である理事長の命令が絶対であり娘ヘリンを産むためにハジンとドユンを陥れる。
8年後、LK食品の代表の妻とアパレルの若手経営者として謳歌する。

チェ・ジョンウ役(パク・ジョンチョル)
明るく快活な性格で、ドリーム・ゴールド銀行の代表ジェイリーダースでもある。
ミニの元カレでヘリンが実の娘だということを知らない。
8年前、理事長に家の財産を奪われ父を殺された恨みを晴らすため帰国。
ハジンの弁当屋の常連となる。

ホン・ミエ役(イ・ドクヒ)
勝ち気な性格、ハジンの母。
腎臓の病気を持っていたがミニの計らいでマルスンから腎臓移植手術を受けるが、ドナーがマルスンだとは知らない。
ドユンの父ドクベとは敵同士。

チョン・セヨン役(ソハ)
ハジンの父違いの妹、しっかりもので金に細かい。
母親が病弱でハジンに育てられた為、ハジンを母のように慕っている。
ドユンのことはあまり好きではない。

チャ・ドクベ役(チョン・ハニョン)
ドユンの父でLK食品の会長。
ミニとドユンが婚姻した時に理事長と裏契約を結んでLKを大きくした。
祖父、父がミエの家で使用人として働いていた為に劣等感から肩書、金、名誉が命。
運転手の父が交通事故で死んだのをミエたちのせいだと目の敵にしている。

キム・マルスン役(キム・ボミ)
ドユンの母で気弱な性格だがドクベとは意地でも離婚しない。
ミニの口車に乗せられミエの腎臓移植のドナーとなってまでハジンとの結婚に反対する。
ドユンのためならなんでもやり、ヘリンを溺愛している。

キム・ヨンスク役(ソ・イスク)
ミョンハ財団の理事長でミニの母。
由緒ある教育者家系でその名誉を守るためなら何でもやる策略家。
ミニを幼い時に引き取り教育を叩き込んだため、ミニが一番恐れている人物。
ドユンが婿として生意気な態度をとるため気に入っていない。

ペク総長役(キム・ヨンギ)
ミニの父で妻の尻に敷かれている。
ミニの良き相談役相手であり、良き父として接するが妻と娘の板挟みに合うことが多い。
気弱そうに見えるが小狡い一面もある。

ユン・ファラン役(チェ・ウンスク)
ドクべの内縁の妻でテユンの母親。
ブランド大好きで派手好き、テユンを名家の娘と結婚させたいと躍起になる。
LKをテユンに継がせたいため色々工作する。

チャ・テユン役(ユン・ジェソン)
ドクべとファランの息子でドユンの異母弟。
愛人と似た性格で金持ちのボンボン基質なのでドユンと性格的に合わない。
ドクべに可愛がられているが、仕事がドユンより出来ないのでLKの跡継候補から外される。

基本情報

放送局:KBS2

韓国題:다시 첫사랑『また、初恋(仮)』
日本題:漆黒の四重奏 漆黒のカルテット
韓国放送開始日:2016年11月28日

数話:104話

脚本:パク・ピルジュ

パク・ピルジュは、「青い鳥の家」「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」など若者の群像劇を描く脚本家であり、「青い鳥の家」では視聴者の共感を呼び起こした。
今後も次回作が期待される脚本家の1人である。

ミョン・セビン、キム・スンス、ワン・ビンナ、パク・ジョンチョルらが織りなす愛憎劇。
演技派の役者達が魅せる!
物語は8年前の2008年から始まった。
愛し合うハジンとドユン。
しかし、ドユンは秘密裏にミョンハ財団の娘ミニとの政略結婚の話が進められていて…。果たしてハジンとドユンは結ばれることができるのか…。





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!
6 件のコメント
  • おはようございます!
    漆黒の四重奏のあらすじを読ませていただいてますが、10・11・12話のあらすじが、13・14・15話になっていて、13話~15話が2回表示されます。どこか他にありますでしょうか?

      • ありがとうございます(*^^*)
        今BSで見てるのですが、30分内にCMもあり結構コンパクトにされてるので(^_^;)))でもストーリーは気になって気になって、、、1日2時間ぐらい放送してほしいぐらいです!
        また読ませていただきます!

        • こちらこそ読んでいただきありがとうございます!!
          引き込まれるストーリーですよね♪
          私も先が気になりながらドキドキして見てました!

  • 韓国ドラマの主題歌、挿入歌、沁みる歌が多いですよね
    漆黒のカルテットの歌をご存知でしたら、是非教えてください
    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください