今日、妻やめます-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-全話一覧
今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国で2017年9月2日からスタートした『今日、妻やめます~偽りの家族~』。
最近社会現象になっている中年の卒婚を中心に、家族崩壊の危機、親子問題、就職難など、まさに身近で起きている現実問題を取り上げたホームドラマです。

主人公は少女時代のスヨン。厳格な父と美しい母、そして優秀な兄といった環境で育ち、自分だけが馬鹿で何も取りえがないと思っています。しかしそれでもひたむきに生きるはつらつとした女性の姿を演じています。

相手役にはオン・ジュワン。笑顔の素敵なさわやかなイケメンです。
スヨンとオン・ジュワンの2人は似合いのカップルで話題となりました。
さて『今日、妻やめます~偽りの家族~』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『今日、妻やめます~偽りの家族~』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題をご紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

今日、妻やめます あらすじ

父の期待に応えられず、就職も失敗した上に支えてきた彼氏にも裏切られたルリ。
成功するまで帰れないと韓国を飛び出しました。そこで以前電車の中で痴漢と間違えたテヤンと再会します。
次第に惹かれあう2人。

定年退職を迎えたシンモは、これからは妻と第二の人生を過ごすつもりでダンススクールの申し込みをします。しかし退職を祝う席で妻から卒婚を告げられました。

妻ヨンヘは34年間妻として母として生きてきましたが、夫シンモの優しさは自分勝手な優しさで自分に対するものではありませんでした。そんな夫から解放されるために卒婚を言い出したヨンヘ。

シンモは妻なしでは生きられないとなんとかヨンヘを説得しますが、聞き入れないヨンヘです。

今日、妻やめます-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

今日、妻やめます-1話-2話-3話

今日、妻やめます-4話-5話-6話

今日、妻やめます-7話-8話-9話

今日、妻やめます-10話-11話-12話

今日、妻やめます-13話-14話-15話

今日、妻やめます-16話-17話-18話

今日、妻やめます-19話-20話-21話

今日、妻やめます-22話-23話-24話

今日、妻やめます-25話-26話-27話

今日、妻やめます-28話-29話-30話

今日、妻やめます-31話-32話-33話

今日、妻やめます-34話-35話-36話

今日、妻やめます-37話-38話-39話

今日、妻やめます-40話-41話-42話

今日、妻やめます-43話-44話-45話

今日、妻やめます-46話-47話-48話

今日、妻やめます-49話-50話-51話

今日、妻やめます-52話-53話-54話

今日、妻やめます-55話-56話-57話

今日、妻やめます-58話-59話-60話

今日、妻やめます-61話-62話-63話

今日、妻やめます-64話-65話-66話

今日、妻やめます-67話-68話-69話

今日、妻やめます-最終回(70話)

見どころポイント

『今日、妻やめます~偽りの家族~』の見どころは、まさか妻に捨てられると思っていなかった夫が、実際に1人になってこれから人生を生きていけるのか。
反対に妻として解放された女はお金もないのに楽しく暮らせるのか。
2人がどう暮らしていくのかが注目です。
主人公の2人のさわやかな姿は見ていて微笑ましいカップルです。オン・ジュワンの割れた腹筋やスヨンのすらりと伸びた長い脚も見どころです。
ドラマの中に出てくる数々料理も美味しそうでついお腹が空いてきます。

今日、妻やめますを見逃した、どうしても先が気になる場合は?

韓国ドラマ『今日、妻やめます』を見逃した、先がどうしてもきになる場合には、U-NEXTで視聴する事ができます!
1話324円と見放題のドラマではないのですが、最初に登録すると600ポイントもらえるので1話だけなら無料で視聴することができます!見逃した部分だけチェックするには充分ですね!
31日間のお試し期間内に解約すれば一切お金はかかりませんので安心して登録できます!

>>詳しくはこちらからどうぞ!

U-NEXT公式サイトはこちら

今日、妻やめます 評価・レビュー

韓国ドラマ「今日、妻やめます」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
熟年夫婦の卒婚をテーマに話は進みましたが、他にも色々な要素の入ったドラマでした。
殺人、アルコール中毒、出生の秘密、交通事故、記憶喪失などが、つぎつぎに出てきたので1話も目が話せませんでした。

その中でシンモがヨンヘのことを思うシーンはジーンときました。ヨンヘはここまでシンモを突き放す必要があったのでしょうか。家族のために外国でも頑張って一生懸命に働いてきたシンモが正直かわいそうでした。

反対にシンモとチュノクの絡みはコミカルで2人はいいコンビです。シンモを説教するチュノクの言葉や、逆らいながらも結局チュノクの言う通りに従うシンモ。この2人のシーンは笑いも出てきました。

全体通してありえない設定がいくつかありましたが、最後のギョンアの登場は驚きでした。初めはジョンドの母ソニョンが整形して再び現れたのかと思いました。彼女は絶対に戻って来ると言い残していなくなりましたから。

娘にまで死んだと嘘をつき、葬式まで行っていた母親が現れるなんて一つ間違えればホラー映画です。
そして火傷の治療で3年間病院にいたという設定でしたが、それなら顔に残っている傷跡はなぜこれだけ残したのでしょうか。韓国の整形事情ならすべて綺麗に消せるはずです。

そしてハンギョルにはかわいそうですが、やはり本当の母親スミと暮らすのがいいような気がします。ヨンジュも双子が生まれたら自分の子供が可愛いはずですから、この先が心配です。しかしチュノクが付いているので大丈夫でしょう。

このドラマの主役は一体誰だったのかわからないくらい、すべての出演者にストーリーがあり、その点では次々と変わっていく展開で楽しめました。設定には無理がありましたが、内容は面白かったと思います。

今日、妻やめます キャスト・登場人物

韓国ドラマ「今日、妻やめます」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

イ・ルリ(スヨン) 子供のころから父シンモに期待されて育てられたが、期待に応えられずに未だ定職にもつけない。恋人にも裏切られ、自殺しようとするが、死ぬ覚悟で人生をやり直そうとグアムに渡る。しかし、そこでも失敗し韓国に戻ることになる。
チョン・テヤン(オン・ジュワン) ルリに電車の中で痴漢に間違われ、そのうえ火傷までして全治3ヵ月の重傷を負った。のちにルリと再会して恋人となる。料理を研究することが大好きで、SC食品の料理コンテストに出場する。
イ・シンモ(キム・ガプス) ルリの父。
家族のために定年まで一生懸命に働いてきたが、妻ヨンヘから卒婚を言い渡させる。今まで家族のために頑張ってきたのは、結局は自分のためだったのか…。
1人では生きていけないと妻ヨンヘにこれからは変わると約束する。
ホン・ヨンヘ(キム・ミスク) ルリの母。
夫シンモを支え良き妻、良き母を演じてきたが、心の中はずっと不満でいっぱいだった。夫の定年退職を機会に卒婚を言い出す。
ヤン・チュノク(キム・スミ) 不動産で儲けた成金。娘ヨンジュはルリの兄ソウォンと結婚した。
ケビン・ミラー(イ・ジェリョン) SC食品会長。ルリの元恋人ミョンテが浮気した相手エリの父親。
テヤンを命の恩人だと言う。
イ・ソウォン(パク・ジヌ) ルリの兄。ヨンジュと結婚し、江南に整形外科院を開業している。
父シンモの期待通りに育った優等生。
ハ・ヨンジュ(ソ・ヒョリム) ソウォンの妻、チュノクの娘。金持ちのわがまま娘で空気を読めないが明るさは取りえ。
オ・ハンギョル(キム・ハンナ) ソウォンの初恋の相手スミの娘。ソウォンの病院の前に置き去られる。
チョン・ファヨン(イ・イルファ) テヤンの母。何度も結婚を繰り返し、今はジョンドと結婚している。
ダンススタジオを経営している。
コ・ジョンド(シム・ヒョンタク) ファヨンの夫で有名な料理家。家事はすべてこなし、子供や妻のために尽くしている。母ソニョンを心から恨んでいる。

今日、妻やめます 基本情報

原題:お膳立てする男
放送局:MBC
日本放送:BS11
韓国放送 2017年9月2日~2018年3月18日
話数:全50回
脚本:パク・ヒョンジュ「愛情万々歳~ブラボー! マイ・ラブ~」など
演出:チュ・ソンウ「百年の遺産~ククスがむすぶ愛」など
最高視聴率 19.1%
平均視聴率12.3%

身近な問題を取り上げ、共感できるシーンの多いこのドラマ。
韓国長編ドラマ定番のドロドロしたところはなく、若者2人がお互いの家族を思いやり、家族の問題にも逃げずに向き合いながら成長していく姿は見ていてさわやかです。家族とは何か、本当の夫婦とは何か、男女問わず、年齢も10代の若者から70代のお年寄りまで幅広い世代に共感できる心温まるドラマです。